消費税の軽減税率とは?いつから始まるの?【誰にでもわかりやすく解説】

軽減税率とは

軽減税率

軽減税率とは、「特定の品目に対して消費税を軽くする経過措置」です。2019年10月からほとんどの商品が消費税10%に引き上げられますが、飲食料品(酒類・外食を除く)や週2回以上発行される新聞は例外的に8%に据え置きになります。

ここで重要なのが、「どの商品が8%で、どの商品が10%なのか?」を判断する基準です。特に、「外食」に関しては、テイクアウトの場合は消費税8%ですが、店内で飲食する場合10%のように、細かく分かれています。

なぜ軽減税率が必要なの?

消費税は、所得に関係なくすべての人に対して課される税金です。そのため、高所得者と低所得者の格差が広がるリスクがあります。それを防ぐために、日々の生活において幅広い消費者が利用するものに関しては、消費税負担を軽減する措置、つまり軽減税率が適用されるのです。

軽減税率の対象品目

軽減税率の対象品目は、下表のように明確に決められており、大きく①飲食料品②新聞の2つに分かれます。新聞は「週2回以上発行される定期購読契約に基づくものだけ」とわかりやすい基準で決められています。しかし、飲食料品に関しては、少し複雑になっています。

例えば、ファストフード店で店内飲食する場合は消費税10%、テイクアウトの場合は消費税8%が適用されます。

軽減税率の対象品目
飲食料品 純米、野菜、精肉、鮮魚、乳製品、パン類、菓子類など
食用の氷
ミネラルウォーター
ノンアルコールビール、甘酒、みりん風調味料(アルコール分1%未満)
飲食料品の譲渡 テイクアウト、出前
学校給食、有料老人ホームなどで提供される食事
ホテルや旅館の客室冷蔵庫内の飲料
果物狩りで収穫した果物の購入
新聞の譲渡 週2回以上発行される定期購読の新聞

軽減税率はいつから始まるの?

気になるのが軽減税率の開始時期です。国税庁は、2019年10月の消費増税と同時に軽減税率を導入すると発表しています。注目したいのが軽減税率は経過措置であることです。経過措置とは、永続的に続く措置ではないということです。

そのため、いつまで軽減税率が適用されるのかが重要になりますが、2018年12月現在、国税庁は明言していません。

関連記事

税金で少しでも得をしたいなら「ふるさと納税」がおすすめ

ふるさと納税

税金で少しでも得をしたいなら「ふるさと納税」がおすすめです。ふるさと納税とは、地方自治体に寄付をすることで、お礼品をもらえて税金が安くなる制度です。

自己負担金は、2,000円かかりますが、お礼品をもらえて税金が安くなるので、非常にお得な制度です。

例えば、このようなイメージです。

  • 10万円寄付したら税金が98,000円安くなり、お礼品がもらえる
  • 1万円寄付したら税金が8,000円安くなり、お礼品がもらえる

特産品は、お肉やお酒などの飲食料品だけでなく、家電や家具もあるので、あなたに合ったお礼品が必ず見つかると思います。

ふるさと納税のおすすめサイト

ふるさと納税のおすすめサイトは、下記の通りです。知名度の高いサイトの方が、商品数が多く、使いやすいので、おすすめですよ。

1位:さとふる
2位:ふるなび
3位:ふるさと本舗