転職の時期は2月が良い?【メリットとデメリットを解説】

2月に転職活動を始めるメリット

求人が多い時期

2月に転職活動を始める最大のメリットは、「求人数が増える時期のため希望条件に合った求人を見つけやすいこと」です。一般的に、求人が増える時期は、「1〜3月」と「8〜10月」です。

1〜3月は、4月入社に向けて求人が多く出る時期です。入社日を「4月1日」に設定し、新卒社員と一緒に研修を行うことができるため、4月1日に合わせて大量採用や未経験採用を行う傾向があります。

2月に転職活動を始めるデメリット

2月は求人数が増えるため、その分、求職者も増えます。ライバルが多い分、早めに転職の準備を行い、求人が出たらすぐに応募できる体制を整えておく必要があります。

初めて転職される方であれば、転職エージェントを利用して、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動を進めることをおすすめします。

2月に転職活動を始める場合のスケジュール

2月に転職活動を始めた場合、4月入社または5月入社を目指して転職をされる方が多いです。具体的には、下記のようなスケジュールで進んでいきます。2月上旬

転職活動の準備

2月中旬
求人応募

2月下旬〜3月中旬
面接ラッシュ

3月下旬
内定

3月下旬〜4月上旬
退職の手続き

4月1日または5月1日
入社

結論:転職時期はいつでも良い

転職時期に正解はありません。求人数が多い時期でも希望の求人を見つけられないときもあります。また、どんなに転職希望者が少ない時期でもなかなか内定を取れないこともあります。

そのため、あまり転職時期にはこだわらず、フットワーク軽く動く。これが重要です。希望求人が出たときに、すぐに動けるように今のうちに転職活動の準備をしておくと良いでしょう。

「初めての転職で不安な方」や「効率良く転職活動を進めたい方」は、転職エージェントの利用をおすすめします。転職のプロに相談しながら転職活動を進めることができるので、転職の成功確度が上がりますよ。