コモディティ化とは【30秒でわかるSEO用語集】

コモディティ化とは

コモディティ化とは、「商品・サービスの競合優位性や価値が低下し、一般的な商品・サービスになること」です。

差別化を図ることができていた商品・サービスがコモディティ化すると、独自の価値が失われ、消費者から見ると、どの商品・サービスも同じように見えてしまう。これがコモディティ化の状態です。

コモディティ化とは、マルクス経済学の用語。所定のカテゴリ中の商品において、製造会社や販売会社ごとの機能・品質などの属性と無関係に経済価値を同質化することを指す。

出典:Wikipedia

例:Webメディアのコモディティ化

ここ数年は、キュレーションメディアやバーティカルメディアが乱立しており、どのWebメディアも同じように見えてしまうことがあります。

これから生き残っていくためには「コンテンツの品質」「ユーザビリティの向上」「専門性の高さ」などが求められます。

SEO用語の一覧

あ行

インデックス(Index)

オーガニック検索(自然検索)

か行

キャッシュ(Cache)

共起語

コモディティ化

さ行

サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)

た行

ドメイン

な行

内部リンク

は行

パンダアップデート

ペンギンアップデート

ページランク

ま行

モバイルファーストインデックス(MFI)

や行

ユーザビリティ

ら行

ランディングページ

わ行

ワードサラダ

A〜Z

AMP(Accelerated Mobile Pages)

CTR(クリック率)

PV(ページビュー)

SERPs(サープス)

0〜9

301リダイレクト

404エラー