パンダアップデートとは【30秒でわかるSEO用語集】

パンダアップデートとは

パンダアップデートとは、「低品質なサイトの検索順位を下げ、良質なサイトの検索順位を上げるために実施されたアルゴリズムのアップデート」のことです。パンダアップデートは2011年に導入され、日本には2012年7月に導入されました。

パンダアップデートが導入される以前は、コンテンツの品質の良し悪しに関係なく、大量のコンテンツを保有しているサイトが検索順位で上位を独占している状況でした。そのような状況はユーザーの検索満足度を低下させる要因の一つとして問題視されていました。

そこで、パンダアップデートを導入し、低品質なサイトの検索順位を下げ、高品質なサイトの検索順位を上げる施策が行われたのです。

パンダアップデートに対応するためには

パンダアップデートに対応するために必要なことは、下記の通りです。簡単に言うと、「ユーザーにとって価値のあるコンテンツを発信することが求められる」ということですので、難しく考えなくても大丈夫です。

①独自性や専門性の高いコンテンツを作成する

→キュレーションよりもバーティカルを推奨

②独自コンテンツと広告の割合を最適化

→広告ばかりのサイトは避ける

③被リンクの獲得

→良質なコンテンツには、被リンクが多い

④重複コンテンツ

→他サイトとコンテンツが被るのは避ける

SEO用語の一覧

あ行

インデックス(Index)

オーガニック検索(自然検索)

か行

キャッシュ(Cache)

共起語

コモディティ化

さ行

サーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)

た行

ドメイン

な行

内部リンク

は行

パンダアップデート

ペンギンアップデート

ページランク

ま行

モバイルファーストインデックス(MFI)

や行

ユーザビリティ

ら行

ランディングページ

わ行

ワードサラダ

A〜Z

AMP(Accelerated Mobile Pages)

CTR(クリック率)

PV(ページビュー)

SERPs(サープス)

0〜9

301リダイレクト

404エラー