第二新卒と既卒の違いとは?【第二新卒の転職ブログ】

第二新卒、既卒という言葉は、今では当たり前に使われていますが、その違いについて知っている方は少ないと思います。

私は第二新卒で転職しましたが、当時は第二新卒と既卒の違いについて意識していませんでした。本日は両者の違いとメリットについてお話します。

第二新卒と既卒の違いとは?

第二新卒と既卒の違いは下記のとおりです。

第二新卒:新卒入社した会社を3年以内に辞めた求職者

既卒:学校は卒業したが就職したことのない求職者

私は、新卒入社した会社を1年で退職し、転職しました。この場合は、「第二新卒」の転職に該当します。一方で、私の友人のように、大学卒業後に就職しなかった場合は「既卒」と言います。

第二新卒のメリットとは?

第二新卒は不利と思われがちですが、今はそんなことはありません!

転職市場の市況観は日々変化しており、第二新卒の求人倍率は高まっています。今までは、経験が浅い、もしくは未経験と敬遠されていた若い世代を各企業が奪い合っている状況が生まれています。

その理由は、下記のとおりです。

  1. カルチャーに染まっていない
  2. 慢性的な人材不足
  3. 転職が当たり前になった

2と3に関しては、既知の通りです。1に関しては、意外と知られていません。

企業の採用ニーズとして、「カルチャーに染まっていない」が強くなっています。カルチャーとは、仕事のやり方や残業時間、職場環境などのことです。

社会人経験が長くなると、その会社のカルチャーが当たり前と感じ、新しい職場になるとなかなか馴染めない現象が起きます。そのため、カルチャーに染まっていない若者を採用して長期的に育成しようと考える企業が多くなっているのです。

つまり、「新卒1年で退職してしまった方」「大学卒業後に就職しなかった方」でも転職・就職することが可能なのです。

第二新卒におすすめの転職サービス

第二新卒の転職をした私が、第二新卒におすすめの転職サービスを選びました。『キャリトク』や『リクナビNEXT』は、登録するだけですべての求人を閲覧できます。

第二新卒におすすめの転職サービス

第二新卒の転職ブログ 記事一覧