転職エージェントを味方に付ける面談準備の秘訣

転職エージェントに登録すると、必ずキャリアアドバイザーとの面談があります。

「面接ではないので気楽に来てください」と言われますが、本当に気楽に行くのはNGです。

その理由は、転職エージェントの面談では「求職者の優先順位付け」が行われるから。そのため、しっかりとした面談準備が求められます。

この記事では、元リクルートの転職エージェントが、キャリアアドバイザーから高評価を得るための面談準備の方法を解説します。

面談とは「求職者の優先順位」が判断される場

転職エージェントの面談は、キャリアアドバイザーが「求職者の優先順位」を決める場だと認識してください。

面談で高評価だと優先順位が上がり、優良求人を紹介してくれたり、丁寧な転職サポートを望むことができます。一方、面談で低評価だと優先順位は下がり、求人の紹介数が少なくる可能性があります。

求職者の優先順位は「転職しやすいかどうか」で決める

求職者の優先順位は、「その求職者が転職しやすいかどうか」で決まります。

そもそも転職エージェントとは、求職者が採用企業に入社することで、初めて利益が発生する仕組みで運営されています。そのため、キャリアアドバイザーは「転職しやすい求職者」に力を入れる必要があるのです。

そして、求職者が転職しやすいかどうかを見極める場が面談です。したがって、キャリアアドバイザーとの面談は転職エージェントを利用する上で非常に重要であることを認識してください。

面談で必ず達成したい3つの目標

転職エージェント

転職エージェントから高評価をもらうためには、下記3つの目標を持って面談に臨みましょう。

  1. 自分の経歴を具体的に理解してもらう
  2. 転職理由と志向性が明確であると認識してもらう
  3. 希望条件のすり合わせを行う

すべての目標を達成することができれば、転職エージェントから「転職しやすい求職者」だと認識され、優先的に優良求人を紹介してもらえたり、細かい転職サポートを受けることができます。

1.自分の経歴を具体的に理解してもらう

転職エージェントからあなたにマッチした求人を紹介してもらうためには、担当キャリアアドバイザーに自分のキャリア・経歴をしっかりと理解してもらわなければいけません。

その際に大事なことは「具体的」であること。

例えば営業なら、目標の数値、達成率、売上金額などの数字をしっかりと用意しておきましょう。マネジメント経験があるなら、マネジメント人数、社内賞を受賞した経験があるなら、何人規模の部署で賞を取ったのか、そういった情報も必要です。

抽象的な情報しか伝えないと、キャリアアドバイザーが求職者のことを把握できず、求人の紹介が難しくなります。そのような求職者の優先順位は、当然下がります。

必ず履歴書・職務経歴書を作成しておこう

履歴書と職務経歴書は必ず面談前に作成し、送付(登録)しておきましょう。履歴書と職務経歴書の作成作業は、自身のキャリアを頭の中で整理することにも繋がります。書類を作成しておけば、面談の場でしっかりと自身のキャリアを説明できるようになります。

また、あらかじめキャリアアドバイザーの手に渡れば、事前に添削をしてもらえます。面談の場での時間の節約になる上に、キャリアアドバイザー事前に読み込んでくれているため、より深い話しができます。

2.転職理由と志向性が明確であると認識してもらう

転職理由と志向性が明確な求職者は「決まる求職者」だと認識され、キャリアアドバイザーから積極的に優良求人を紹介してもらえるようになります。

その理由は、採用企業が面接で重要視していることが転職理由と志向性だからです。採用企業には、「本当にウチの会社に合っているのか?」「モチベーション高く働いてもらえるか?」「すぐ辞めたりしないか?」という疑問があります。これらの疑問を解消するには、転職理由と志向性が重要になります。

つまり、転職理由と志向性が明確でない求職者は、いつまで経っても内定を貰えません。また、そもそも行きたい企業がなかなか見つからず、時間とともに軸がブレていき、結局転職活動を辞める場合が多いです。そのため、キャリアアドバイザーは転職理由と志向性が明確な求職者を求めます。

事前準備の方法

転職理由と志向性を明確にするためには、「なぜ現職を退職したいのか」「転職先に求めていることは何か」の問いを深掘りしましょう。

それぞれの問いに対して、最低5回は「なぜ」を繰り返してください。そうすることで、自分の転職理由と志向性が明らかになっていきます。

3.希望条件のすり合わせを行う

年収などの希望条件が妥当であれば、キャリアアドバイザーの優先度は上がります。一方、背伸びした希望条件を提示する求職者の優先順位は大きく下がります。

求職者の中には、非常に高い希望条件を提示する方がいます。しかし現実問題として、現年収が適正値より大幅に低いか、専門性の高い職種か、ハイキャリアの転職以外、年収が100万円単位で上がることはあまりありません。

そのため、現実的ではない希望条件から全く譲らないでいると、キャリアアドバイザーは求人を紹介することができないため、放置されてしまいます。

事前準備の方法

希望条件は、第一希望、第二希望、最低希望の3パターンを考えておきましょう。

また、それぞれの希望条件の「理由」を明確に考えておきましょう。特に、年収を大幅に上げたい場合はその理由や根拠を必ず聞かれます。

「なんとなく」で希望条件を話してしまうと、キャリアアドバイザーもどうしたらいいのか分からず、協力してくれません。

理由は、「平均年収」といった客観的な情報や、「子どもが生まれる」などの個人的なことでも構いません。なぜその希望を叶えたいのか、明確な理由を必ず用意しておきましょう。

その他優良求人を紹介してもらうためのテクニック

転職エージェント

その他、優良求人を紹介してもらうためのテクニックがあります。

下記2点については簡単にできるので、面談の場で必ず実行しましょう。

  • 転職意欲が高いことを明確に伝える
  • 他の転職サービスの利用を匂わせる

転職意欲が高いことを明確に伝える

キャリアアドバイザーは、転職意欲が高い人を優先的にサポートします。「すぐにでも転職したい」という人に対して、積極的に優良求人を紹介するのです。

その理由は、転職エージェントの料金の仕組みにあります。転職エージェントは、求職者が企業に入社した時に初めて成功報酬として企業から料金をもらいます。そのため、転職意思のない求職者をサポートしたところで利益は生まれません。

したがって、転職エージェントにとって、「転職意欲が低い求職者」は利益を生みにくい存在「転職意欲が高い求職者」は利益を生みやすい存在になります。後者を優先するのは当然です。

「転職意欲が低い」と思われないためには、ハッキリと「良い求人が見つかればすぐにでも転職したい」と伝えましょう。そうすると、キャリアアドバイザーの対応が大きく変わります。

他の転職サービスの利用を匂わせる

キャリアアドバイザーには、「他の転職エージェントや転職サイトを利用している」と伝えましょう。その時のポイントは、あくまでも「面談まで進んでいるのは御社だけです」と付け加えていること。

キャリアアドバイザーが恐れていることは、自分の担当求職者が他の転職サービスを利用して転職してしまうことです。そのため、求職者が他の転職サービスの利用を検討していることが分かると、優先順位を上げて対応してくれます。

一方、「他の転職サービス経由で選考が進んでいる」ということまでは伝えなくていいです。キャリアアドバイザーに、「今からじゃもう間に合わない」と思われてしまうと、全く力を入れてもらえなくなります。

うまくテクニックを使って、転職エージェントを使いこなしましょう。