転職用「履歴書」の書き方を見本付で解説【テンプレート(フォーマット)付】

転職用の履歴書の正しい書き方を知っている方は少ないと思います。特に、初めて転職される方は、わからない点が多いのではないでしょうか?

この記事では、転職用の履歴書の書き方を見本付で解説しています。元リクルートの転職エージェントの立場から、注意点などを紹介しているので、参考にしていただけたら嬉しいです。

筆者プロフィール元リクルートの転職エージェント。100名以上の転職支援、約300社の中途採用支援を行ってきました。大手企業からベンチャー企業まで、さまざまな業界・職種に精通しています。大学時代には、ITベンチャー3社で3年間インターンを経験しているので、特にIT・Web業界に強いです。私の経験があなたの転職活動のヒントになれば幸いです。

まずは履歴書と職務経歴書の違いを理解しよう

転職の応募書類は基本的に、履歴書と職務経歴書の2種類です。役割の違いを簡単に説明すると、「履歴書は基本的な個人情報を示すための書類」「職務経歴書は具体的に何をしてきたか、何ができるかを示すための書類」です。

履歴書:基本的な個人情報を示すための書類

職務経歴書:具体的に何をしてきたか、何ができるかを示すための書類

履歴書 職務経歴書
  • 氏名、生年月日、住所などの個人情報
  • 学歴・職歴
  • 免許・資格
  • 志望動機
  • 趣味・特技
  • 本人希望欄
  • 通勤時間
  • 配偶者扶養家族などの個人情報
  • 職務要約
  • 職務経歴
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 資格
  • 自己PR

履歴書の書き方

転職用の履歴書も、一般的な履歴書と体裁は変わりません。ここでは、履歴書を7ブロックに分け、書き方のポイントをご紹介します。

  1. 基本情報
  2. 学歴・職歴
  3. 免許・資格
  4. 志望動機
  5. 趣味・特技
  6. 本人希望欄
  7. 補足情報

1.基本情報

①日付

・提出日の日付を記入(郵送の場合は投函日)

・西暦ではなく元号を使うのがベター

②氏名

・姓と名前の間にスペースを入れる

・ふりがなの姓と名前の間にスペースを入れる

③生年月日

・「日付」で記入した時点での年齢を記入

④住所

・省略せずに細かく記入(都道府県からマンション名や号室まで正確に)

⑤写真

・3ヶ月以内に撮影した写真を貼る

・サイズは「2.4cm × 3cm」または「3cm × 4cm」

⑥連絡先欄

・ 確実に連絡の取れる連絡先を記入(転職活動が本格化すると、電話を受けることが多くなるので注意)

・メールアドレスを記入する欄があれば合わせて記入

2.学歴・職歴

①学歴

・高校卒業から記入

・高校名、大学名は略さず、正式名称で記入

・学部・学科・コース名は必ず記入

②職歴

・会社名は略さず、正式名称で記入

・会社名の次行に「業種」「従業員数」を記入

・退職した場合は「一身上の都合により退職」と記入

・最終行に「現在に至る」と記入し、下行に「以上」と記入

3.免許・資格

①免許・資格

・免許・資格を取得順に記入

・免許・資格は略さず、正式名称で記入

よく使う免許・資格の名称

  • 普通自動車第一種運転免許
  • 日本商工会議所簿記検定(日商簿記検定でも可)
  • Microsoft Office Specialist
  • 秘書技能検定
  • ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 宅地建物取引士
  • 実用英語技能検定
  • 実用数学技能検定
  • TOEIC公開テスト(TOEICでも可)
  • 情報処理技術者試験(ITパスポートでも可)

4.志望動機

①志望動機

・端的に志望動機を記入(職務経歴書で詳しく記載するため、長文でなくても大丈夫です)

5.趣味・特技

①趣味・特技

・面接で話題になることがあるので、記入するのがベター

・突っ込まれた際に話せる趣味・特技を選ぶ(趣味・特技はエピソードトークができるものが良い)

例:サッカーで全国大会に出場

6.本人希望欄

①本人希望欄

・希望職種を記入

・待遇面について記入する際には「貴社規定でお願いいたします。」と記入

7.補足情報

①通勤時間

・通勤時間は、5分単位で記入する

・配偶者の有無は家族手当などに影響するので必ず記入する

②扶養家族、配偶者

・扶養家族や配偶者は、家族手当などに影響するため必ず記入

※扶養家族とは、生活の面倒を見る必要がある家族のこと

※配偶者とは、結婚している相手のこと

履歴書についてよくある質問

Q1:学歴はいつから書くべき?

履歴書の学歴はいつから書くべきですか?転職の履歴書は初めてなので、教えてください。

転職の場合、「高校卒業」から書くのが一般的です。一方、新卒の場合は、中学卒業から書くのが一般的です。詳しくは、『転職用「履歴書」の学歴はいつから書くべき?【見本付き】』で解説しています。

Q2:履歴書の写真は自撮りでも大丈夫?

履歴書に貼る写真は、スマートフォンで自撮りしたもので大丈夫でしょうか?写真スタジオに行く時間がないので、困っています。

履歴書の写真は、採用担当者があなたの顔を見る最初の機会です。暗くて見えづらいものやサイズが明らかにおかしい写真はNGです。

実際に、自撮りの写真を使っている方もいらっしゃいますが、写真スタジオで撮った方が無難です。詳しくは、『転職用「履歴書」の写真について【服装や髪型を男女別で解説】』で解説しています。

Q3:転職回数が多い場合の職歴の書き方は?

私は30代で既に5回の転職をしています。転職回数が多い場合、履歴書で気をつけるべきことはありますか?

転職回数が多い方は、職歴の書き方を工夫する必要があります。職歴をありのまま書いてしまうと行数が長くなるので、非常に見にくい履歴書になってしまいます。

私がおすすめしているのは、「履歴書はシンプルに職務経歴書は具体的に」です。実際の書き方については説明が長くなってしまうので、『転職回数が多い方におすすめの履歴書の書き方』を参照ください。

Q4:履歴書の封筒の書き方は?

履歴書を郵送することになったのですが、履歴書や職務経歴書などの応募書類を送る封筒の書き方を教えてください。

封筒の書き方は、見本付で説明したほうがわかりやすいので、『履歴書&職務経歴書のための封筒の書き方』を参考にしてみてください。

Q5:履歴書のサイズはA4かB5どちらが良い?

履歴書には、A4とB5サイズがありますが、転職の場合どちらが良いのでしょうか?

A4かB5どちらが良いかではなく、どちらが見やすいかで選ぶべきです。書くことが多い方はA4サイズ、書くことが少ない方はB5サイズを選ぶと良いと思います。

また、履歴書はメーカーごとに構成が異なります。自分が書きやすい構成の履歴書を見つけましょう。このあたりについては、『履歴書のサイズはA4サイズが良いか、B5サイズが良いか?』で詳しく解説しています。

Q6:履歴書は手書き?パソコン?

履歴書は手書きで書くべきでしょうか?受ける企業が多いのでパソコンにしようと思っています。パソコンの場合、不利になることがあるのかも教えてください。

まず、パソコンで作成したからと言って不利になることはありません。しかし、手書きで作成した履歴書は、ひとつの武器になります。

手書きで作成するには、手間と時間がかかる分、採用担当者からの印象が良くなることがあります。

第一志望の企業では、手書きという選択肢もひとつかもしれません。詳しくは、『転職用「履歴書」は手書き?パソコン?』で解説しています。

Q7:履歴書の志望動機は書く必要ある?

履歴書の志望動機欄は書く必要はありますか?採用担当者が志望動機欄をどれくらい重視しているのかも知りたいです。

私は、面接官として何名かの採用に関わったことがありますが、履歴書の志望動機はほとんど見ていませんでした。個人差はありますが、履歴書の志望動機はほとんどの採用担当者が見ていないと思います。

事実、職務経歴書を中心に書類選考を行う採用担当者が多いです。だからと言って、履歴書の志望動機を書く必要がないということではありません。履歴書の志望動機欄は、端的に志望動機を記載するだけで良いです。

採用担当者からすると、長文で書かれた志望動機よりも、ポイントを絞って書かれた志望動機の方が読みやすく、理解がしやすく、印象に残ります。採用担当者の気持ちに立って「履歴書・職務経歴書」を書けば、書類選考でマイナスになることはないです。

履歴書テンプレートをダウンロード

最後に、一般的な履歴書テンプレートをご紹介します。私がリクルートの転職エージェントとして働いた際に、よく目にした履歴書のテンプレートなので、汎用性は高いと思います。

履歴書テンプレートのこちらからダウンロードしてください。