EPCとは?【アフィリエイトやリスティング広告で重要な指標】

EPC(Eaning Per Click)とは

EPCとは

EPCとは、Earning Per Clickの略で、広告1クリックあたりの収益のことです。簡単に言うと、「広告が1クリックされたら、どれくらいの収益が見込めるか」を把握する際の指標です。

例えば、ある広告が100回クリックされ、発生した報酬が1,000円の場合、その広告のEPCは10円となります。

つまり、「広告が1クリックされたら10円の収益が見込める」ということがわかります。

EPCの計算方法

EPCの計算方法は非常に簡単です。

EPC=アフィリエイト報酬額 ÷ 広告クリック数

実際に計算してみましょう。

例1:アフィリエイト報酬額1,500円、広告クリック数50回

アフィリエイト報酬1,500円 ÷ 広告クリック数50回

=30円

=広告が1クリックされたら30円の収益が見込める

例2:アフィリエイト報酬額10,000円、広告クリック数100回

アフィリエイト報酬10,000円 ÷ 広告クリック数100回

=100円

=広告が1クリックされたら100円の収益が見込める

例3:アフィリエイト報酬額20,000円、広告クリック数100回

アフィリエイト報酬20,000円 ÷ 広告クリック数100回

=200円

=広告が1クリックされたら200円の収益が見込める

重要:EPCからアフィリエイト広告を選ぶ

アフィリエイト広告を選ぶ際には、

  • 単価
  • CVR
  • 承認率
  • 否認条件

など、重要な指標はたくさんあります。

その中でも、EPCは非常に重要です。その理由は、成約しなくても1クリックされたときの収益がわかるからです。

例えば、

広告A:報酬額1,000円 ÷ 50=20円

広告B:報酬額1,500円 ÷ 100=15円

単価だけで選ぶと広告Bの方が魅力的ですが、EPCで比較すると広告Aの方が収益が見込めます。

このように、単純に単価だけを見るのではなく、1クリックされたときに見込める収益=EPCから広告を選ぶことが収益化する上では重要になります。