マーケティングとは?【種類と重要性について解説】

マーケティングとは

ウィキペディアで「マーケティング」と調べると、以下の説明が出てきます。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

出典:Wikipedia

正直、わかりにくいですよね。

経営学の神様と呼ばれるピーター・ドラッカーは、マーケティングについて以下のように述べています。

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。

by ピーター・ドラッカー

つまり、顧客のニーズに応える商品をつくり、適切な顧客に対して発信することがマーケティングであると捉えることができます。

どんなに良い商品・サービスをつくったとしても、顧客に届かなければ意味がありません。「適切な顧客に商品・サービスの情報を知ってもらうこと」がマーケティングの本質と言えると思います。

マーケティングの重要性

現代は、モノやサービスが溢れかえっており、多くの業界でコモディティ化が起きています。コモディティ化とは、商品が似たり寄ったりすることです。

先述したように、どんなに良い商品・サービスをつくったとしても、顧客に知ってもらえなければ意味がありません。

コモディティ化した世界では、マーケティングの重要性がますます高まっており、マーケティングの手法も急速に増えています。

マーケティング手法の種類

マーケティング手法の種類は、挙げればキリがないです。ここでは、ネット上でモノを売るために知っておくべきマーケティング手法に絞って紹介します。

SEO

SEOとは、検索エンジン最適化と呼ばれ、検索順位を上げるための施策のことです。ネット上えモノを売る際には、必ず知っておくべき知識です。

あなたの会社が販売している商品名を検索してみてください。検索にヒットしましたか?ヒットしなかった場合、SEO対策ができていない可能性が高いです。

例えば、ペットフードを売っている会社の場合、「ペットフード」というキーワードで検索順位1位を取れていれば、それだけで相当な集客効果があります。

このように、ネット上で集客をし、モノを売るためにはSEOの知識が不可欠なのです。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを介して商品・サービスの集客をしたり、ファンになってもらうことです。コンテンツとは、記事のことだけでなく、動画などのことも指します。

自社の商品・サービスに関連する良質なコンテンツを作り、それを顧客に届けることで、集客ができるマーケティング手法です。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジン(グーグルやヤフー)の検索結果に表示される広告のことです。自社の商品・サービスを宣伝したい時によく使います。

リスティング広告の特徴は、検索に連動して広告が表示される点です。例えば、ペットフードを販売している会社の場合、「ペットフード」というキーワードの検索結果に広告を表示させることができます。

リスティング広告は、1クリックされるごとに費用が発生するので、ある程度の資本力がないと出稿をおすすめできません。

しかし、効果的なキーワードに絞り、広告を表示することで、CPA(顧客獲得単価)を下げることができ、大きな売上を生んでくれる可能性もあります。

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、SNSを通して商品・サービスを知ってもらい、ブランド認知、集客をすることです。

SNSを利用する一般ユーザーが急速に増えたため、それに伴い多くの企業がSNSマーケティングを始めています。

しかし、うまくいっている企業はほんの一握りです。企業がSNSを使いこなすためには、セグメント、ポジショニング、ターゲティングを明確にし、適切なPDCA回していくことが必須です。

生半可な気持ちで始めても、大きな成果を上げにくい手法となります。そのため、インフルエンサーに案件という形で、商品を紹介してもらうことが多くなっています。