SEOとは?【初心者にわかりやすく解説】

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化のことです。簡単に言うと、検索順位を上げるために行うあらゆる施策のことです。

自社サイトの検索順位を上げるためには、

  • キーワードの選定
  • コンテンツ作成
  • 内部設計
  • 被リンクの獲得

などが必要になります。

これらを最適化していくことが、SEOと言えます。

SEOの考え方

SEOは、

  1. キーワード
  2. コンテンツ
  3. 内部設計
  4. 被リンク

この4つの観点から考えると理解がしやすいです。先述したように、これらを最適化することがSEOとなります。

1.キーワード

キーワードでは、主に「キーワード調査」「キーワード選定」を行います。

  • キーワード調査:ユーザーが検索するキーワードを調べる
  • キーワード選定:調査結果から狙っていくキーワード選ぶ

例えば、ペットフードを販売している会社の場合、

ペットフード(検索Vol. 6,600)

ペットフード メーカー(検索Vol. 720)

ペットフード おすすめ(検索Vol. 390)

ペットフード ランキング(検索Vol. 390)

ペットフード 通販(検索Vol. 260)

「ペットフード」というキーワードから関連キーワードを調べ、どのキーワードを狙っていくかを考えます。

※検索Volとは、検索ボリュームの略です。検索ボリュームとは、検索数のこと。月間にどれくらい検索されているかがわかります。

2.コンテンツ

コンテンツとは、主に「記事作成」のことです。狙いたいキーワードが決まったら、記事作成を行っていきます。

「記事作成は簡単」と思っている方が多いですが、SEOを意識して記事を書くのは予想以上に難しいです。

現在では、多くの企業がSEO対策をしたメディアを展開しているため、簡単に上位表示できるとは考えないほうが良いでしょう。

3.内部設計

内部設計とは、SEOを意識したサイト設計のことです。このあたりは、エンジニアではないとわからないことが多いと思います。

内部設計でやることは、

  • title
  • description
  • noindex
  • canonical
  • alt
  • サイトマップ

などを最適化することです。

検索エンジンにとってわかりやすいサイト設計にすることで、検索上位を取りやすくなります。

4.被リンク

被リンクとは、他のサイトからのリンクのことです。(外部リンクとも言います)

例えば、他社のサイトが自社のサイトをリンク付きで紹介してくれた場合、被リンクを一つ獲得できたことになります。

SEOにおいて、被リンクは人気票と言われており、被リンクが多いサイトほど信頼性が高く、検索順位も上がりやすくなります。

そのため、「被リンクをいかに獲得するか?」がSEOにおいては重要なテーマとなっています。

なかには、被リンクを購入したり、サテライトサイトを作り自社サイトにリンクを貼るなどの、悪いSEO手法(ブラックハット)を行っている会社もあります。ただし、現在ではそのような小手先の方法は通用せず、逆に大きなマイナスになるため、絶対におすすめできません。

SEO用語一覧
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
A〜Z
0〜9