コンテンツマーケティングとは?【初心者にわかりやすく解説】

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングについては、

  • 新しいSEOの方法?
  • ビジネスブログを書くこと?
  • バズるコンテンツを書くこと?
  • コンテンツをたくさん書くこと?

このように、さまざまなことが言われています。どれも間違いではなく、人によってコンテンツマーケティングの捉え方はさまざまです。

私は、コンテンツマーケティングの生みの親である「コンテンツマーケティングインスティテュート」の定義が一番わかりやすいと思います。

コンテンツマーケティングとは、価値のある、一貫性のあるコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方。

見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とする。

出典:コンテンツマーケティングインスティテュート

このなかで、「コンテンツ」についての明確な定義はされていません。つまり、「コンテンツ=記事」だけでなく、「コンテンツ=動画」とも言えるのです。

「適切なコンテンツを、適切なターゲットに届け、良好な関係性を構築し、最終的に利益を生む」これがコンテンツマーケティングの定義と考えるとわかりやすいはずです。

なぜコンテンツマーケティングをやる必要があるのか?

コンテンツを作ることは、時間と費用がかかることです。それにも関わらず、コンテンツマーケティングを行う企業が増えています。

なぜコンテンツマーケティングをやる企業が増えているのか?

その理由は2つあります。

理由①:コモディティ化

現代は、モノやサービスが溢れかえり、どの業界もコモディティ化しています。つまり、どの商品も似たり寄ったりで、差別化ポイントが見えづらくなっています。

そのため、適切なコンテンツ(記事や動画)を作り、適切なターゲットに対して商品・サービスの世界観や魅力を伝える重要性は高まっています。

理由②:ネットが主流の時代

現在は、ネットでモノを買うことが当たり前になっています。

ネット上で集客を行うためには、コンテンツ(記事や動画)を作り、自社の商品・サービスをより多くの人に知ってもらうことが必要です。

そのための手法として、コンテンツマーケティングは最適であり、ネット時代にフィットしていると言えます。