【職業を一覧表で紹介】あなたに合った仕事を見つけよう!

職業①:営業

営業と一口に言っても、その種類は非常に多くあります。

例えば、個人営業と法人営業では営業のやり方が大きく違います。営業職のそれぞれの違いを理解できれば、あなたに合った職業が見つかるはずです。

営業職とは

営業職の仕事内容は、自社の商品・サービスを売り込むことです。営業職と言っても、さまざまな種類があるので、それぞれの違いを理解することは不可欠です。

こちらの記事では、営業職の仕事内容や営業職の種類について解説しています。合わせてご覧ください。

法人営業

※現在準備中です。

個人営業

※現在準備中です。

ルートセールス

※現在準備中です。

人材系

※現在準備中です。

メーカー

※現在準備中です。

インフラ

※現在準備中です。

IT営業

※現在準備中です。

広告・メディア業界の営業

※現在準備中です。

不動産営業

※現在準備中です。

石油業界の営業

※現在準備中です。

MR

※現在準備中です。

金融営業

※現在準備中です。

職業②:事務

事務職とは

事務職とは、誰かをサポートする仕事です。電話・メール対応、データ入力、書類作成などを通じて、部署や担当者のサポートをします。

こちらの記事では、事務職の仕事内容や事務職の種類について解説しています。合わせてご覧ください。

一般事務

※現在準備中です。

営業事務

※現在準備中です。

経理事務

※現在準備中です。

人事事務

※現在準備中です。

労務事務

※現在準備中です。

総務事務

※現在準備中です。

法務事務

※現在準備中です。

貿易事務

※現在準備中です。

職業③:マーケティング

マーケティング職とは

マーケティングとは、「商品・サービス」を「ユーザー」に知ってもらうためには、なくてはならないものです。

市場調査や商品企画、データ分析、広告・宣伝など、商品・サービスが継続的に売れる仕組みを作ることが仕事内容となります。

Webマーケター

Webマーケターは、その名の通り、Web上のマーケティングを行う職業のことです。

SEOやリスティング広告、YouTube広告など、Web上で商品・サービスを宣伝できる選択肢が増えています。

その中でも、自社の商品・サービスにはどのような宣伝方法が一番良いのかを考えて、効果的なマーケティング戦略を練っていくのがWebマーケターの仕事です。

職業④:サービス・販売

接客業

※現在準備中です。

販売職

※現在準備中です。

技術職

※現在準備中です。

職業⑤:エンジニア

エンジニアとは

エンジニアとは、プログラミングを用いて商品・サービスを作る職業のことです。IT業界が急成長したことにより、日本ではエンジニア不足が続いています。

システムエンジニア

※現在準備中です。

プログラマー

※現在準備中です。

インフラエンジニア

※現在準備中です。

ネットワークエンジニア

※現在準備中です。

セールスエンジニア

※現在準備中です。

Webエンジニア

※現在準備中です。

サーバーエンジニア

※現在準備中です。

フロントエンドエンジニア

※現在準備中です。

マークアップエンジニア

※現在準備中です。

データベースエンジニア

※現在準備中です。