【年収別の一覧表】会社員がふるさと納税できる限度額はいくら?

ふるさと納税はいくらまで寄付するとお得になる?

ふるさと納税を考えている人は、気になりますよね。

前提知識として、ふるさと納税とは、「任意の自治体に寄付を行った際に、自己負担2,000円で所得税と住民税が控除される制度」です。

控除を受けられる金額には上限(控除上限額)があり、上限は年収によって異なってきます。この記事では、年収別の控除上限額についてわかりやすく解説します。

年収別のふるさと納税の限度額

ふるさと納税学の目安は、総務省の公式HPでも公表されています。家族構成や給与収入によって、ふるさと納税額のは異なります。

給与収入 独身または共働き 夫婦 共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円 28,000 19,000 19,000 15,000 11,000 7,000
350万円 34,000 26,000 26,000 22,000 18,000 13,000 5,000
400万円 42,000 33,000 33,000 29,000 25,000 21,000 12,000
450万円 52,000 41,000 41,000 37,000 33,000 28,000 20,000
500万円 61,000 49,000 49,000 44,000 40,000 36,000 28,000
550万円 69,000 60,000 60,000 57,000 48,000 44,000 35,000
600万円 77,000 69,000 69,000 66,000 60,000 57,000 43,000
650万円 97,000 77,000 77,000 74,000 68,000 65,000 53,000
700万円 108,000 86,000 86,000 83,000 78,000 75,000 66,000
750万円 118,000 109,000 109,000 106,000 87,000 84,000 76,000
800万円 129,000 120,000 120,000 116,000 110,000 107,000 85,000
850万円 140,000 131,000 131,000 127,000 121,000 118,000 108,000
900万円 151,000 141,000 141,000 138,000 132,000 128,000 119,000
950万円 163,000 154,000 154,000 150,000 144,000 141,000 131,000
1000万円 176,000 166,000 166,000 163,000 157,000 153,000 144,000
給与収入 独身または共働き 夫婦 共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
1100万円 213,000 194,000 194,000 191,000 185,000 181,000 172,000
1200万円 242,000 239,000 232,000 229,000 229,000 219,000 206,000
1300万円 271,000 271,000 261,000 258,000 261,000 248,000 248,000
1400万円 355,000 355,000 343,000 339,000 343,000 277,000 277,000
1500万円 389,000 389,000 377,000 373,000 377,000 361,000 361,000
1600万円 424,000 424,000 412,000 408,000 412,000 396,000 396,000
1700万円 458,000 458,000 446,000 442,000 446,000 430,000 430,000
1800万円 493,000 493,000 481,000 477,000 481,000 465,000 465,000
1900万円 528,000 528,000 516,000 512,000 516,000 500,000 500,000
2000万円 564,000 564,000 552,000 548,000 552,000 536,000 536,000
2100万円 599,000 599,000 587,000 583,000 587,000 571,000 571,000
2200万円 635,000 635,000 623,000 619,000 623,000 607,000 607,000
2300万円 767,000 767,000 754,000 749,000 754,000 642,000 642,000
2400万円 808,000 808,000 795,000 790,000 795,000 776,000 776,000
2500万円 849,000 849,000 835,000 830,000 835,000 817,000 817,000

よくある質問①:限度額を超えると、どうなるの?

ふるさと納税の控除限度額を超えると、超過分は控除されません。

例えば、控除限度額が3万円の方が5万円のふるさと納税を行った場合、2万円は自己負担金となります。

限度額を超過してしまうと、単純に返礼品を購入するだけになってしまいます。必ず控除限度額に収めて、お得にふるさと納税を利用しましょう。

よくある質問②:所得税と住民税はどのように控除されるの?

ふるさと納税をすることで、所得税と住民税が控除されます。正確に言うと、所得税は「還付」されて、住民税は「控除」されます。

会社員の方は、給料を受け取った時に所得税はすでに天引きされているため、所得税の控除分は後から自分の口座に還付されます。つまり、後から所得税の還付金が振り込まれます。

一方、住民税は1月1日から12月31日までの所得に基づいて決まるので、実際の支払いは翌年になります。そのため、住民税の控除分については、本来支払う住民税から減額されます。

ふるさと納税のおすすめサービス

ふるさと納税

ふるさと納税のおすすめサービスを3つ紹介します。最近は、ふるさと納税のサービスが急速に増えています。

ふるさと納税のサービスは、知名度の高いサービスの方が、商品数が多く、使いやすいのでおすすめです。

ふるさと納税のおすすめサービス
ふるさと納税の関連記事