Gmailが届かない5つの原因【対処法も合わせて解説】

Gmailが届かない…。

Gmailがなぜか受信できない…。

このような状況に陥った場合、考えられる原因は5つです。

この記事では、「Gmailのメールが届かない5つの原因」だけでなく、対処法も合わせて解説します。

Gmailが届かない5つの原因と対処法

  1. インターネットに接続されていない
  2. Googleドライブの容量がいっぱいになっている
  3. 別のフォルダに入っている
  4. 特定のアドレスをブロックしている
  5. Gmailサーバーが障害を起こしている

原因①:インターネットに接続されていない

インターネットに接続されているかは、必ず確認しましょう。WiFiに接続されているけど、受信ができないケースもあります。

また、接続状態が悪いときには、時間差でメールが届くことも考えられます。

原因②:Googleドライブの容量がいっぱいになっている

Gmailのメールなどは、Googleドライブというサーバーに保存されます。そのため、Googleドライブの容量がいっぱいになると、メールを受信できなくなります。

Googleドライブには、4つのプランがあります。

  • 15GB:無料
  • 100GB:月額250円
  • 200GB:月額380円
  • 2TB:月額1,300円

恐らく、ほとんどの方が無料の15GBを使っているはずです。Googleドライブがいっぱいになっている方は、アップグレードするのも一つの手です。

※グーグルのアップデート:https://one.google.com/about#upgrade

原因③:別のフォルダに入っている

このミスはよく起こります。

Gmailでは、最初からメールフォルダが多く用意されています。送られてきたメールが「迷惑メールフォルダ」に振り分けられていたり、間違って他のフォルダに移動している可能性が考えられます。

そのような時は、すべてのメールから「メールアドレス」「件名」「メール内容の一部」などを検索することで、本来届いているはずのメールを見つけることが可能です。

原因④:特定のアドレスをブロックしている

Gmailの設定ページから、「フィルタとブロック中のアドレス」を確認してみましょう。もしも、アドレスをブロックしていたら、「ブロック解除」をしましょう。

原因⑤:Gmailサーバーが障害を起こしている

Gmailサーバーが障害を起こすことはよくあります。メールが届かない場合には、Gmailサーバーに障害が起こっていないかを確認しましょう。

Gmailの障害を確認する方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【最後の手段】Gmailが届かない場合のお問い合わせ先

Gmailがどうしても届かない場合は、Gmailのヘルプセンターまたはコミュニティに問い合わせましょう。

Gmailコミュニティでは、自由に質問できるので、特定の事象に対して解決策を提案してくれます。