スプレッドシートのタブにメモを挿入する方法【ショートカットについても】

スプレッドシートのメモとは?

スプレッドシートのメモとは、タブに対してメモを入力する機能です。通常時は表示されていませんが、タブをクリックするとメモが表示されます。

覚えておきたいことなどをメモに入力しておくことで、作業効率は上がります。私は、タブに入力する必要はないけど、残しておきたいことは必ずメモに入力するようにしています。

スプレッドシートのタブにメモを挿入する方法

  1. タブを指定する
  2. 右クリックして「メモを挿入」をクリックする
  3. メモを入力して挿入完了
  4. メモを確認する

ステップ①:タブを指定する

まずはメモを挿入したいタブを指定します。画像では、A2のタブにメモを挿入します。

スプレッドシートにメモを挿入する方法

ステップ②:右クリックして「メモを挿入」をクリックする

タブを指定したら、右クリックでメニューを開いて「メモを挿入」をクリックします。

スプレッドシートにメモを挿入する方法

ステップ③:メモを入力して挿入完了

最後にメモを入力して挿入完了です。画像では、「これはメモです」というメモを挿入しました。

スプレッドシートにメモを挿入する方法

ステップ④:メモを確認する

メモを挿入すると、タブの右上が黒くなります。

スプレッドシートのメモとは

タブをクリックすると、メモが表示されます。

スプレッドシートのメモとは

スプレッドシートのタブにメモを挿入するショートカットキー

メモを挿入するためのショートカットキーもあります。ショートカットキーを覚えた方が効率良く作業することができますね。

  • Windows:shift + F2
  • Mac:shift + F2
  • Chrome OS:shift + search + 2