転職におすすめの時期は何月?【転職エージェントがわかりやすく解説】

「求人数が多い時期はいつですか?」

「ライバルが少ない時期はいつですか?」

転職時期に関する質問は多く頂きます。私は「現職に迷惑をかけない時期であればばいつでも転職して良い」と思っています。つまり、転職時期よりも自分のタイミングを重視した方が良いです。

ただ、転職市場には、求人数が多い時期や転職希望者(ライバル)が少ない時期があります。元リクルートの転職エージェントが「転職におすすめの時期」を徹底解説します。

筆者プロフィール元リクルートの転職エージェント。100名以上の転職支援、約300社の中途採用支援を行ってきました。大手企業からベンチャー企業まで、さまざまな業界・職種に精通しています。大学時代には、ITベンチャー3社で3年間インターンを経験しているので、特にIT・Web業界に強いです。私の経験があなたの転職活動のヒントになれば幸いです。

転職におすすめの時期は何月?

求人が多い時期

転職市場が活発化する時期は、「1〜3月」と「8〜10月」です。この時期は、求人数が多くなる時期なので、希望条件に合った求人を見つけやすくなります。

  • 1〜3月:新年度に向けた求人
  • 8〜10月:下半期に向けた求人

1〜3月の特徴

1〜3月は、4月入社に向けて求人が多く出る時期です。入社日を「4月1日」に設定し、新卒社員と一緒に研修を行うことができるため、4月1日に合わせて大量採用や未経験採用を行う傾向があります。

また、年度の採用予算を使い切りたいと考える企業が多く、採用ハードルを下げて、採用人数を確保する動きもあります。1〜3月を狙って転職活動をすることで、転職の成功確度は高まるはずです。

8〜10月の特徴

8〜10月は、下半期の新体制に向けて求人が多く出る時期です。企業は、上半期と下半期で事業戦略を大きく変更することがあります。10月に事業部の構成が変わることは、実際によくあります。

この時期には、新たなポジションが生まれたり、増員する必要があるため、単発求人が多く出ます。

月別の求人動向

1〜3月の求人動向

1〜3月は、新年度に向けて転職市場が活性化します。この時期は、企業と転職者の双方にメリットがあります。

■企業のメリット

  • 新卒社員と中途社員に対して合同で研修を行える
  • 今年度の採用予算を使い切ることができる

■転職者のメリット

  • 同期が多い環境で働き始めることができる
  • 年度の変わり目で心機一転できる

4月の求人動向

4月は、転職におすすめできない時期です。人事は「新卒採用」や「新入社員への研修」で多忙な時期のため、中途採用を一時ストップすることがあります。特に、大手企業はこの傾向が強いです。

一方、中小企業やベンチャー企業の中には、この時期を狙って求人を出すこともあります。そのため、自身が志望する企業の採用HPはチェックしておいた方が良いです。

5〜7月の求人動向

5〜7月は、新年度の事業計画が決まり、中途採用が動き始める時期です。特に大企業が求人を出すことが多く、この時期に採用枠がすべて埋まれば、翌年まで採用をストップすることもあります。そのため、この時期に出た求人は、早めに応募することが重要です。

例えば、採用枠が10名の求人に対して、すでに7名採用している場合、残りの3名の採用基準は高くなります。採用枠が埋まるだけでなく、採用基準が高くなるため、なるべく早く応募することが重要なのです。

8〜10月の求人動向

8〜10月は、下半期の事業戦略に伴い、新たな求人が生まれやすい時期です。特に9〜10月は、下半期に向けて転職市場が活発になります。一方、8月は夏休みを取る企業が多いため、採用活動が停滞する傾向があります。

この時期は、夏休み明けから、10月入社者の採用が活発化します。

11〜12月の求人動向

11〜12月は、翌年の4月1日入社を狙った求人が出始める時期です。12月は冬休みを挟むこともあり、採用活動が停滞することもあります。

一方、外資系企業では、12月決算の企業が多く、年度予算を使い切るために、スピード採用を行う企業もあります。スピード採用のため、採用ハードルが若干下がる傾向があります。

ライバル(求職者)が少ない時期

ここまで、求人が多い時期をメインに解説してきましたが、ここからは、ライバル(求職者)が少ない時期について解説します。

ライバルが少ない時期は、大型連休明けの時期です。つまり、ゴールデンウィーク空け、お盆休み明け、年末年始などの大型連休明けは、狙い目です。休み中に万全な準備をして、休み明けに面接を受ける。

ライバルが完全に気を抜いている時期なので、面接を受ける方が少ないです。企業側からすると、比較対象がいない時期のため、面接の中で良い印象を与える事ができれば、一発内定ということもあるのです。

特に、下記の時期は狙い目だと考えています。

■ライバルが少ない時期

  • 4月(年度初め)
  • 8月(夏休み)
  • 12月〜1月(年末年始)

【求人数が多い】おすすめ転職サービス

自分に合った求人に出会えるか?

これは転職活動において、非常に重要です。特に、転職サービスを1つに絞って使っている人は注意してください。

リクナビNEXTの調査では、転職決定者は平均4.2社の転職サービスを利用しています。求人の選択肢を広げる意味でも、2〜3つの転職サービスを試すことをおすすめします。

元転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント
2位:doda
3位:パソナキャリア
必須:リクナビNEXT

1位:リクルートエージェント

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクルートエージェント
対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー
・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

2位:doda

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://doda.jp/

dodaは、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。2018年10月時点の会員数は約440万人で非常に人気の高いです。

転職者満足度は業界1位と言われるほど、ユーザーファーストの転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

dodaの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

サービス名 doda
対応地域 全国
探せる職種 営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員、SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア、建築/土木/不動産/プラント/設備、化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料、医療系専門職、クリエイティブ
求人数 10万件以上
特徴 ・転職者満足No.1
・転職ワンストップサービス
・スカウトメールが多い

3位:パソナキャリア

【おすすめ度】★★★★☆(4.5)
【公式HP】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、人材派遣業界で第2位のパソナが運営している転職エージェントです。顧客満足度が非常に高く、転職後の年収アップ率はなんと67.1%と驚異的な数値です。

手厚い転職サポートに定評があり、初めて転職される方は、ぜひ利用したい転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

パソナキャリアの評判と特徴を転職エージェントが解説

サービス名 パソナキャリア
対応地域 全国
探せる職種 営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設)
求人数 3万件以上
特徴 ・転職サポートの質が高い
・顧客満足度が高い
・25万人分の転職ノウハウを保有
・転職後年収アップ率が67.1%

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクナビNEXT
対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・約85%の求人がリクナビNEXT独自の求人
・毎週数千件の新着求人が掲載される
・スカウト機能をつかえる
・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実している
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

おわりに

転職時期に関しては、いろいろな意見があります。この記事の内容は、比較的一般論に近いので、ぜひ参考にしてみてください。

最後に、転職時期は現職に迷惑をかけない時期がベストですので、独りよがりにならずに円満退職を目指して、転職活動を行いましょう。

あなたの幸せな転職を願っています。