パンケーキスワップ(PancakeSwap)とは?特徴について解説

パンケーキスワップ(PancakeSwap)とは

パンケーキスワップとは、2020年9月にローンチしたBSC(バイナンススマートチェーン)上で動作している仮想通貨の分散型取引所(DEX)のことです。

パンケーキスワップは、バイナンススマートチェーン上の最初のプロジェクトの一つであり、取引手数料の安さもあり、急成長しています。

分散型取引所とは?

分散型取引所は、管理者がいない取引所のことです。

イメージしにくいと思いますが、管理者がいない取引所なので、自分の資産を自分で管理しながら売買をします。

以下の記事でも解説していますので、参考にしみてください。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)の特徴

特徴①:仮想通貨を交換できる

パンケーキスワップでは、イーサリアム(ETH)バイナンスコイン(BNB)などの通貨を他の通貨と交換することができます。

特徴②:仮想通貨を預けると利息がもらえる

パンケーキスワップに仮想通貨を預けると利息がもらえます。

預ける方法は「ステーキング」または「流動性マイニング」の2つ用意されています。

  • ステーキング:1つの通貨を預けて報酬をもらうこと(例:CAKEを預ける)
  • 流動性マイニング:2つの異なる通貨をペアとして預けて報酬をもらうこと(例:BUSDとBNBを預ける)

特徴③:取引手数料が安い

なんと言っても取引手数料が安いです。

分散型取引所で有名な「ユニスワップ」や「スシスワップ」はイーサリアム上で動作しているため、取引手数料が高いです。(一度の送金で数千円かかるイメージ)

よく「イーサリアムのガス代(取引手数料)は高い」と聞きますよね。

一方、パンケーキスワップはバイナンススマートチェーン上で動作しており、取引手数料が圧倒的に安いです。(一度の送金で数十円かかるイメージ)

現在、パンケーキスワップの取引手数料は0.2%となっており、うち0.17%は流動性を提供したユーザーに提供され、うち0.03%はパンケーキスワップの利益になる仕組みとなっています。

特徴④:宝くじ機能

パンケーキスワップの独自トークンであるCAKEを10枚以上保有するユーザーは宝くじに参加できます。

あまり使うことはないと思いますが、宝くじ機能もあるんだと理解して頂ければ大丈夫です。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)の始め方

パンケーキスワップの始め方をさくっとまとめると、以下のようになります。

  1. バイナンスでBNB(バイナンスコイン)を購入
  2. メタマスク(ウォレット)を準備する
  3. メタマスクの設定を行う
  4. メタマスクをBSC(バイナンススマートチェーン)に接続
  5. バイナンスからメタマスクにBNB(バイナンスコイン)を送金
  6. パンケーキスワップとメタマスクを接続
  7. BNBでBUSDを購入する
  8. パンケーキスワップにBUSD-BNBペアを預ける
  9. LPトークンをパンケーキスワップに預ける
  10. CAKEをパンケーキスワップにさらに預ける

やることは多いですが、DeFiやDEX、ステーキング、流動性マイニングを勉強するにはとてもおすすめです。

具体的なやり方は、こちらの記事で解説しています。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)のリスクについても理解しておこう

パンケーキスワップの独自トークンであるCAKEが高騰しているため、「仮想通貨を預けておくだけで、利息がもらえるなら私もやろう!」という人が多いと思います。

しかし、CAKEの価格がいつ下がるかはわかりません。

また、パンケーキスワップ自体のサービスが終了するリスクもあります。サービスが終了した場合、あなたが預けている仮想通貨を取り出すことはできなくなります。

パンケーキスワップの創設者は、匿名のコミュニティなので、誰が作ったかもわからず、少し不安ですよね。

ただ、バイナンスのCEOであるCZ氏が頻繁にパンケーキスワップについて取り上げており、取引量も順調に伸びていることから、私自身はパンケーキスワップには大きな期待をしています。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)の価格