海外FXのゼロカットシステムとは【メリット・デメリットについても解説】

海外FXの魅力は何といっても、「ハイレバレッジ取引ができること」や「ゼロカットシステムが導入されているので追証がないこと」にあります。国内FXで取引を行っていた方には、それが目的で海外FXに移行した方も少なくないはずです。

ですが、「ゼロカットシステムがどんなシステムなのかわからない」「ロスカットとの違いは何?」など思っている方もいると思います。この記事では、ゼロカットシステムについて詳しく解説します。

また、ゼロカットシステムを理解するに当たって、知っておきたい追証についてもまとめていますので、ぜひチェックしてください。

【期間限定】2,000円が必ずもらえるキャンペーン!
DMMビットコインのキャンペーン

国内取引所で大人気のDMMビットコインでは、口座開設をするだけで2,000円が必ずもらえるキャンペーンを行っています。まだ、DMMビットコインの口座開設をしていない方は、要チェックです!

  • 2023年2月1日までのキャンペーン
  • 即時2,000円プレゼント
  • 入金する必要なし
  • 予算がなくなり次第キャンペーン終了
\DMMビットコインをお得に利用する/

海外FXのゼロカットシステムとは

投資

海外FX業者では、「ゼロカットシステム・追証なし」というように、ゼロカットシステムと追証はセットで書かれていることが多いです。

ゼロカットシステムと追証は深く関わっており、ゼロカットシステムを理解するために、まずは追証について知っておく必要があります。

追証とは

FXは、二国間の通貨に生じる差額を利用した取引のことです。二国間の通貨差額は為替レートによって決まりますが、その為替レートは急激に変動する場合があります。

取引で損失が出てしまい、証拠金維持率がFX業者が指定している割合を下回ると、強制ロスカットが執行されます。

しかし、予想外の急激な変動が起きてしまった場合、ロスカットが間に合わないことがあり、ロスカットが間に合わないと口座残高はマイナスになり、トレーダーは借金を負ってしまうことになります。

証拠金維持率が下回った際や、口座残高がマイナスになってしまったときに追加で払わなければならない追加証拠金のことを「追証」といいます。

ゼロカットシステムとは

国内FXでは、FX会社の保護目的で、損失の補填が禁止されいるため、追証というシステムがあります。

ゼロカットシステムとは、急激な為替変動でロスカットが間に合わず、損失が出てしまった場合に、FX業者がその損失を補填してくれるシステムのことです。

損失が出る取引では、ほとんどの場合ロスカットで対応されますが、それでも間に合わなかったときの最終手段が「ゼロカットシステム」です。

FX業者が損失を補填してくれるので、追証を請求されることはなく、トレーダーが借金を負ってしまうリスクもありません。

ゼロカットシステムが導入されているということは、追証もないということです。

ゼロカットシステムとロスカットの違い

ロスカットとは、「FX業者が指定している証拠金維持率の割合が下回った場合に執行される損切りのこと」です。

通常の取引で損失が出てしまった場合は、証拠金維持率を維持できないので、ロスカットが執行されますが、急激なレート変動が起こった場合は、ロスカットでは対応できないため、ゼロカットシステムで執行されます。

ロスカットは、証拠金維持率を下回った際に発動されるので、口座にまだ残高があるタイミングで執行されるのに対し、ゼロカットシステムは口座残高がマイナスになってしまったときに執行されるという違いがあります。

ロスカットは、国内FXでも行われていますが、ゼロカットシステムを導入しているFX業者は、海外FX業者のみです。

海外FXのゼロカットシステムのメリット・デメリット

海外FXのゼロカットシステムには、利用する上での大きなメリットがありますが、デメリットはほとんどありません。

ですが、起こる可能性が低いデメリットを紹介していいるので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

海外FXのゼロカットシステムのメリット

メリット

ゼロカットシステムシステムのメリットは、以下の2つです。

  1. 借金を負わずに済む
  2. ハイレバレッジ取引でもリスクが少ない

メリット①:借金を負わずに済む

ゼロカットシステムがあるということは、追証が請求されることもないので、急激なレート変動で口座残高がマイナスになってしまったとしても、追加で入金する必要はありません。

証拠金として口座に入金している分は損失になってしまいますが、証拠金以上のお金を失うことはありません。

メリット②:ハイレバレッジ取引でもリスクが少ない

国内FXは、レバレッジが最大25倍までとなっていますが、海外FXでは、レバレッジが1000倍以上の海外FX業者もあり、国内FXとは比べ物にならないほどのハイレバレッジ取引が可能です。

しかし、ハイレバレッジで取引を行っている場合は、利益を多く出せる一方で、損失も大きくなってしまうというリスクを考慮しなければなりません。

ですが、ゼロカットシステムが導入されていると、証拠金以上の損失は海外FX業者が補填してくれるので、ハイレバレッジでも安心して取引をすることができます。

海外FXのゼロカットシステムのデメリット

デメリット

ゼロカットシステムには、ほとんどデメリットが存在しませんが、起こる可能性が低いですデメリットが2つあります。

  1. 追証を請求される可能性がある
  2. 口座が凍結するリスクがある

デメリット①:追証を請求される可能性がある

過去には、ゼロカットシステムを導入していた海外FX業者が、スイスフランショックの影響により、トレーダーに損失の補填ができず追証を請求するということもありました。

追証の請求はされずとも、経営が難しくなり、預けていた資産が返ってこないということも考えられます。

最大限のリスクに備えて、信頼性の高い海外FX業者や、信託保全などを行っている海外FX業者を選ぶ必要があります。

信頼性の高い海外FX業者や、信託保全を行っている海外FX業者については以下の記事でまとめているので、海外FX業者を選ぶ際に参考にしてください。

デメリット②:口座が凍結するリスクがある

海外FXでは、複数の業者や複数の口座をまたいでの両建てを禁止されています。両建てとは、同じ通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に保有することです。

複数の業者や口座をまたいだ両建ては、為替変動が大きくないと、利益と損失が相殺されてしまうので、あまり意味がないように思えますが、この両建てにゼロカットシステムが加わると、必ず利益が発生してしまいます。

例:両建て取引の際に、急激な為替変動が起こった場合

片方のポジションでは利益が生まれ、もう一方のポジションでは口座残高がマイナスになり損失が出てしまいますが、ゼロカットシステムがあれば、このマイナスになったポジションに追証を請求されることがないので、投資家は証拠金以上の損失がありません。

つまり、両建ては、理論上必ず利益が出る仕組みとなっています。投資家は必ず利益を出すことができますが、FX業者側は損失を補填しなければならず、メリットがないので、多くの海外FX業者が「複数の業者を利用した両建て」や「複数の口座をまたいでの両建て」を禁止しているのです。

両建てを行った場合は、ゼロカットが無効になったり、口座が凍結されることもあるので、認められていない海外FX業者での両建ては行わないようにしましょう。

海外FXのゼロカットシステムの注意点

ポイント

ゼロカットシステムが執行された場合、証拠金以上の資金を失うことはありませんが、新規口座開設や入金などで海外FX業者から受け取ったボーナスは、損失の補填に利用されてしまうため消滅してしまうということに注意が必要です。

海外FX業者のボーナスには、クッション機能が付いているボーナスと、クッション機能が付いていないボーナスがあります。

クッション機能が付いているボーナスは証拠金の役割を果たします。口座残高がマイナスになってしまった際は、まず初めに証拠金がなくなった後に、ゼロカットシステムで残りの損失の補填がされます。

では、「クッション機能が付いていないボーナスは証拠金の役割を果たさないので消滅しないのか?」というと、そうではありません。クッション機能が付いていないボーナスも、損失の補填に利用されるので消滅してしまいます。

つまり、ゼロカットシステムが執行された時点で、クッション機能のありなしに関わらず、ボーナスは全て消滅してしまうということです。

クッション機能についてもっと知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

また、ゼロカットが実行されるタイミングは業者によって異なります。

海外FX業者によっては、サポートセンターに連絡することでゼロカットが実行されるので、取引を行っている海外FX業者が、「いつゼロカットを実行するのか」についても知っておく必要があります。

国内FXにゼロカットシステムがない理由とは?

質問

ゼロカットシステムは、リスクを減らすという点でトレーダーに与えるメリットがとても大きいですが、国内でゼロカットシステムを導入しているFX業者は一社もありません。

「リスクが低くなるので、導入した方が顧客が増えるのではないか?」と思われる方もいると思いますが、ゼロカットシステムを導入していない理由は、ただ単純に国内FX業者の利益が減ってしまうというだけではありません。

実は国内FXでは、金融庁によりゼロカットシステムの導入が禁止されているので、導入したくてもできないという現実があります。

国内FXでは、投資家やFX業者の利益を守るために、厳しい規制がされていますが、海外FXには、そのような厳しい規制はなく、「ハイレバレッジ取引ができる」といった魅力があります。そのため、「海外FXの安全性には不安がある」というデメリットがあります。

FXは必ずリスクの伴った取引だということを忘れず、安全性の高い海外FX業者を選ぶようにしましょう。

なぜ海外FXにはゼロカットシステムがあるのか

ゼロカットシステムを利用して顧客の損失を補うことは、海外FX業者の運用資金が減るということです。

それでは、なぜ海外FX業者は「会社の運用資金が減っても、ゼロカットシステムを導入しているのでしょうか?」

結論から言うと、海外FX業者がゼロカットシステムを導入している理由は、顧客にたくさん取引をしてもらう方がメリットがあるためです。

海外FX業者の主な収入は、トレーダーが取引をした際の手数料を利益としています。

FX取引にはリスクがつきものですが、あまりにもリスクが高すぎると、顧客はFX取引をしなくなってしまいます。顧客が取引をしなくなってしまうと手数料を得ることができず、海外FX業者の利益がなくなってしまいます。

そのため、海外FX業者はゼロカットシステムを導入してマイナス分を補填してでも、顧客にたくさん取引をしてもらう方がメリットがあると判断したわけです。

ゼロカットシステムを過信してはいけない

ゼロカットシステムは、ほとんどリスクのないシステムなので、海外FX業者で取引を行う際は、ゼロカットシステムがある海外FX業者を選ぶことをおすすめします。

特に、海外FXは、ハイレバレッジで取引することができるので、少ない資金から大きな金額を動かせるという魅力があり、また急激な為替変動で、損失が出た場合でもゼロカットシステムがあるので追証のように追加で資金を投入する必要はありません。

ただし、ゼロカットシステムがあるからと言って、大きな損失を見過ごしてはいけません。ゼロカットシステムは、追証を海外FX業者が支払ってくれるので、一見損失がないように思えますが、ゼロカットシステムが執行する時点で、証拠金はゼロになっています。

つまり、ゼロカットシステムが発動されるということは、自己資金も失っているということです。海外FXは、大きな資金で取引できる魅力がありますが、ゼロカットシステムを過信して、大きな取引をしてしまうと証拠金がゼロの状態からスタートするはめになるので、ある程度のリスクは覚悟して置く必要があります。

ゼロカットシステムを導入しているおすすめの海外FX業者5選

ゼロカットシステムは、ほとんどの海外FX業者で導入されています。

ゼロカットシステムが導入されており、人気や安全性の高い海外FX業者を5つ紹介します。ゼロカットは、「すぐに反映される業者」や「一定時間経過後反映される業者」などタイミングは様々です。

ここで選んでいる5社は、ゼロカットが反映されるタイミングが、はっきり示されている業者を選んでいます。

  1. XM
  2. GEMFOREX
  3. FBS
  4. AXIORY
  5. TitanFX

おすすめの海外FX業者①:XM

XMの登録

XMでは、次回の入金時にゼロカットが実行されます。入金後、マイナスになっている残高が一度ゼロにリセットされた後に、入金額が口座に反映されます。

同一口座で別通貨を持っている場合はゼロカットの影響を受けますが、別口座へのゼロカットの影響はありません。

XMの概要については、以下の記事で詳しくまとめています。

おすすめの海外FX業者②:GEMFOREX

GEMFOREXの登録

GEMFOREXでは、60分以内にゼロカットが実行されます。同一口座はゼロカットの影響を受けますが、別口座へのゼロカットの影響はありません。

GEMFOREXの概要については、以下の記事で詳しくまとめています。

おすすめの海外FX業者③:FBS

FBSの登録

FBSでは、1~3秒で自動的にゼロカットが執行されます。

同一口座に別通貨のポジションを持っている場合はゼロカットの影響を受けますが、他の口座へのゼロカットの影響はありません。

ゼロカットが反映されていない場合は、support@fbs.comまで連絡する必要があります。

FBSの概要については、以下の記事で詳しくまとめています。

おすすめの海外FX業者④:AXIORY

AXIORYの登録

AXIORYでは、営業日24時間以内に、自動的にゼロカットが実行されます。

ゼロカットは各口座ごとに執行されるので、別口座でポジションを保有中でも問題はありませんが、同一口座への影響はあるので注意しましょう。

AXIORYの概要については、以下の記事で詳しくまとめています。

おすすめの海外FX業者⑤:TitanFX

ITANFXの登録方法

TitanFXでは、平日ロールオーバー後、自動的にゼロカットが執行されます。

ゼロカット処理がされる前に取引を行いたい場合は、マイナス残高のスクリーンショットを指定のアドレスに送り、入金・取引をすることでゼロカット処理がされます。

スクリーンショットの送付先は、accounts@titanfx.comです。

TitanFXは別口座でのポジションも決済していないと、ゼロカットが執行されないので注意しましょう。

TitanFXの概要については、以下の記事で詳しくまとめています。