Mean Finance(ミーンファイナンス)のエアドロップ戦略【2022年11月22日】

※免責事項

・エアドロは確実に行われるわけではありません。

・この記事で言われていることは、投資助言ではありません。

・スキャムであることは否定できません。必ずDYORでお願いします。

目次

Mean Finance(ミーンファイナンス)とは

Mean Finance(ミーンファイナンス)

Mean Finance(ミーンファイナンス)とは、特定の仮想通貨をドルコスト平均法で購入できるプロトコルです。

ドルコスト平均法とは、価格に関係なく「一定の間隔で一定の金額を購入すること」を意味します。

Mean Financeでは、 Arbitrum、Matic、OptimismでERC20トークンをドルコスト平均法で購入できるようになります。

プロジェクト Mean Finance(ミーンファイナンス)
Twitter https://twitter.com/mean_fi
Discord http://discord.mean.finance
公式HP https://mean.finance/

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法のメリットは、平均取得単価を抑えられる点です。

例えば、1万ドルをETHに投資する場合、マーケットで1万ドル分のETHをすぐに購入することもできます。しかし、明日になったら大きく値下がっている可能性もあります。

仮想通貨業界は、ボラティリティ(価格の変動)が非常に激しいので、いわゆるガチホ銘柄はドルコスト平均法で購入した方が平均取得単価が抑えられる可能性が高まります。

Mean Finance(ミーンファイナンス)のやり方

Mean Financeは、ドルコスト平均法をシンプルな設定で行うことができます。

Mean Financeのやり方
  1. 購入したい仮想通貨を選択(例:USDCでETHを購入)
  2. 購入する時間枠を設定する
  3. ポジションを持つとNFTがもらえる

Mean Finance(ミーンファイナンス)のエアドロップ

さて、ここから本題です。

Mean Financeは、独自トークンの$MEANをローンチ可能性についてDiscord上で言及しています。

将来的にはエアドロありそうですね。

We might have a token in the future, and a retroactive airdrop will probably make sense for a token launch, but I also think it makes sense to be honest regarding timelines.

将来的にはトークンも出るかもしれませんし、トークン発売のためにさかのぼってエアドロップすることも意味があるでしょうが、タイムラインに関しても正直に話した方がいいと思います。

Mean Financeのエアドロ戦略

今できることとしては、この4つでしょうか。

  1. Mean Financeでポジションを持つ(ドルコスト平均法の注文をする)
  2. Mean Financeの最新機能を使用する(ポジションを持つと利回りが発生する機能)
  3. フィードバックする(Discord の「フィードバック」チャンネル)
  4. Discordに参加して、ランクを上げる

とりあえず、触ってみるのはありでしょう。仮想通貨投資家であれば当たり前ですが、メインウォレットとは異なるもので、少額で行うことをおすすめします。

目次
閉じる