NTT東日本の平均年収はいくら?【関連企業の年収も合わせて解説】

NTT東日本の平均年収

NTT東日本は上場していないため、有価証券報告書が公表されていません。そのため、詳しい平均年収データが公表ないので、この記事ではNTT(持株会社)の平均年収データを参照します。

NTT東日本とは

NTTの組織図

NTTグループは、NTT(持株会社)の下に大きく4つの事業セグメントがあります。

  1. 地域通信
  2. 長距離・国際電話
  3. 移動通信
  4. データ通信

そのうち、NTT東日本は、地域通信事業を担う事業会社となります。例えば、一般電話や公衆電話などの音声伝送サービス、フレッツ光などのインターネットデータ転送サービスを提供しています。

1999年以前は、「NTT」という一つの会社でしたが、組織再編により、「NTT(持株会社)」「NTT東日本」「NTT西日本」「NTTコミュニケーションズ」に別れました。現在は親会社であるNTT(日本電信電話)の完全子会社であり、NTTグループの中核となる企業の一つです。

NTT西日本との違いは、基本的には管轄エリアが違うことのみ。細かいサービスの値段などはNTT東日本と西日本では異なりますが、それは地域に即した運営が展開されているからであり、事業内容などに大きな違いはありません。

会社名 東日本電信電話(NTT東日本)
会社HP https://www.ntt-east.co.jp/
設立 1999年7月1日
管轄エリア 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県
事業内容 ・音声伝送サービス(加入電話、福祉電話、公衆電話、総合デジタル通信サービス)
・データ伝送サービス(フレッツ光など)
・専用サービス
・電報サービス
・電気通信設備の改良、高度化
・通信サービスなどの研究開発

NTT東日本の年収

平均年収
911万円
※有価証券報告書
月収
60.7万円
※平均年収から算出

NTT東日本は上場していないため、平均年収が一切公表されていません。そのため、この記事では、上場企業であり親会社であるNTTの年収データを解説していきます。

(NTTグループの給与体系は、基本的に同じなので、解説する年収はNTTのものではありますが、NTT東日本の年収の参考値としてお考えください)

NTTの平均年収は911万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、NTTの平均年収は約2.1倍だということがわかります。

  • NTTの平均年収:911万円
  • 平均年収:432万円

NTTグループの給与体系

基本的に、NTTグループ内で基本給に大きな差はありません。しかし、営業利益ごとの賞与が大きく変わってくるため、年収に差が生まれます。NTTグループ内での営業利益比率は下記のとおりです。(小数点以下切り捨て)

  • 地域通信事業(NTT東日本・NTT西日本):21%
  • 長距離・国際通信事業(NTTコミュニケーションズなど):5%
  • 移動通信事業(NTTドコモ):59%
  • データ通信事業(NTTデータ):8%
  • その他の事業:5%

NTT東日本は、NTTドコモの次に利益を上げています。また、NTT西日本よりも1,000億円程度利益を上げているため、NTTグループの中でも高年収層の企業であると考えられます。

NTT東日本の2018年度営業利益:2,427億円
NTT西日本の2018年度営業利益:1,183億円

NTTの平均年収の推移

NTTの有価証券報告書を見ると、右肩上がりで平均年収が伸びていることがわかります。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 911万円 41.3 16.8 2,562
2017年 905万円 41.3 16.8 2,644
2016年 894万円 41.2 16.8 2,709
2015年 888万円 41.0 16.7 2,763
2014年 879万円 40.6 16.3 2,835
2013年 870万円 40.4 16.0 2,845

出典:有価証券報告書

NTTの年齢別の平均年収

NTTの年齢別平均年収をまとめました。

NTTは年功序列なので、年齢が上がると年収も上がる傾向にあります。

年齢 平均年収
50代 1,000万円〜(推定)
40代 700万円〜1,100万円(推定)
30代 600万円〜800万円(推定)
20代 400万円〜600万円(推定)

NTTの役職別の平均年収

NTTの役職別平均年収をまとめました。

先述したとおり、NTTは年功序列なので、基本的に年齢を重ねることで役職につくことができます。係長クラスで30代以上、課長クラスで40代以上です。

役職 平均年収
部長クラス 1,500万円〜(推定)
課長クラス(マネージャー) 900万円〜1,100万円(推定)
係長クラス(主査) 700万円〜800万円(推定)
メンバークラス 400万円〜600万円(推定)

NTTの会長・社長・代表取締役・役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度にNTTが社内取締役に支払った役員報酬の総額は、報酬4億3,100万円、役員賞与1億1,200万円です。

対象となる役員が13名なので、単純計算で一人当たり月額報酬3,315万円、役員賞与861万円となります。

NTTグループ内での年収比較

NTTグループのロゴ

NTTグループ内で年収を比較しました。なお、平均年収については有価証券報告書や口コミを独自に集計し算出しました。

No. 社名 平均年収
1 エヌ・ティー・ティー都市開発 924万円
2 NTT(日本電信電話) 911万円
3 NTTドコモ 872万円
4 エヌ・ティ・ティ・データ 828万円
5 NTT東日本(東日本電信電話) 800万円(推定)
6 NTT西日本(西日本電信電話) 750万円(推定)
7 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ 630万円(推定)

1.エヌ・ティー・ティー都市開発

NTT都市開発のロゴ

エヌ・ティー・ティー都市開発の平均年収は924万円です。

エヌ・ティー・ティー都市開発とは、NTTグループ唯一の総合不動産会社です。NTTの経営基盤があるため、非常に安定的に成長し続けています。2019年にNTTが完全子会社化したことにともない、上場廃止しました。不動産系企業であることから、年収も非常に高くなっています。

2.NTT(日本電信電話)

NTTのロゴ

NTTの平均年収は911万円です。

NTTとは、NTTグループの持株会社として設立された企業です。NTTグループ全体の経営戦略の策定・推進を行います。その他、研究開発部門も備えており、世界屈指の研究所を有しています。

3.NTTドコモ

NTTドコモのロゴ

NTTドコモの平均年収は872万円です。

NTTドコモとは、日本最大手の移動通信事業者です。NTTグループの営業利益の6割を稼いでいます。

4.エヌ・ティ・ティ・データ

NTTデータのロゴ

エヌ・ティ・ティ・データの平均年収は828万円です。

エヌ・ティ・ティ・データとは、日本のシステムインテグレーターです。情報サービス業界では最大手の企業です。2018年、連結売上高2兆円を達成するなど、さらなる発展を続けている企業です。

5.NTT東日本(東日本電信電話)

NTT東日本のロゴ

NTT東日本の平均年収は約800万円です。

NTT東日本は上場しておらず、平均年収が公表されていないため、口コミを独自に集計し算出しました。

NTT東日本とは、NTTグループの地域通信事業を行う電気通信事業者です。1997年のNTT再編により、NTT西日本・NTTコミュニケーションズと同時に分社化されました。下記地域を管轄しています。

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

6.NTT西日本(西日本電信電話)

NTT西日本のロゴ

NTT西日本の平均年収は約750万円です。

NTT西日本は上場しておらず、平均年収が公表されていないため、口コミを独自に集計し算出しました。

NTT西日本とは、NTTグループの地域通信事業を行う電気通信事業者です。1997年のNTT再編により、NTT東日本・NTTコミュニケーションズと同時に分社化されました。下記地域を管轄しています。

富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

7.エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズのロゴ

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズの平均年収は約630万円です。

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズとは、NTTグループの長距離・国際通信事業を担う企業です。1997年のNTT再編により、NTT東日本・NTT西日本と同時に分社化されました。

NTT東日本に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
43位
※doda

NTT東日本への転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、志望している方は、事前準備が重要になります。

NTTに転職するために知っておくべきこと

NTTに転職するために知っておくべきことは、2つあります。

  1. NTT東日本は中途採用の公開求人を出していない
  2. 「非公開求人」を保有する転職エージェントを利用する

1.NTT東日本は中途採用の公開求人を出していない

NTT東日本は、中途採用の公開求人を出していません。公式ホームページでは、2011年以来中途採用募集の更新がありません。そのため、一般の求職者がNTT東日本の求人を探すことは非常に難しいです。

一方で、「非公開求人」を保有する転職エージェントを利用すると、NTT東日本の求人に出会える可能性があります。

2.「非公開求人」を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

一番の特徴は、転職エージェントは一般には公開されない「非公開求人」を保有しているということです。NTT東日本は、求人を一般公開していませんが、転職エージェントに非公開求人を掲載している可能性があります。

NTT東日本のような人気企業の場合、求人を出すと応募者が殺到しやすいため、「非公開求人」を転職エージェントに掲載することがよくあります。したがって、NTT東日本に興味がある方は、一度転職エージェントに登録することをおすすめします。

また、NTTの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、NTTの求人紹介はもちろん、NTTから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

NTTの平均年収は911万円ということがわかりました。日本最大規模のグループ企業の持株会社であり、非常に高年収です。NTT東日本やNTT西日本などの子会社は、NTT本体よりは劣りますが、それでも安定性と平均以上の年収がもらえると推測されます。

■まとめ

・NTTの平均年収

911万円

・平均年収ランキング

132位

・NTTの年代ごとの平均年収

50代:1,000万円〜(推定)

40代:700万円〜1,100万円(推定)

30代:600万円〜800万円(推定)

20代:400万円〜600万円(推定)

・NTTの役職ごとの平均年収

部長クラス:1,500万円〜(推定)

課長クラス(マネージャー):900万円〜1,100万円(推定)

係長クラス(主査):700万円〜800万円(推定)

メンバークラス:400万円〜600万円(推定)

・NTTの関連会社

エヌ・ティー・ティー都市開発:924万円

NTT(日本電信電話):911万円

NTTドコモ:872万円

エヌ・ティ・ティ・データ:828万円

NTT東日本(東日本電信電話):800万円

NTT西日本(西日本電信電話):750万円

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ:630万円

・NTTに転職するために知っておくべきこと

①中途採用は消極的

②技術系・IT系の高いスキルが必須

③転職エージェントを利用する