月収15万円の手取りはいくら?【所得税と住民税の計算方法も解説】

月収15万円の手取り額と生活レベル

月収15万円の手取りはどれくらいですか?

結論から言うと、月収15万円の手取りは11〜12.5万円くらいになります。ただし、手取り月収は人によって異なります。

この記事では、「月収15万円の手取り額」はもちろん、「月収15万円の生活レベル」や「月収15万円の割合」についても解説しているので、参考になる情報がきっと見つかるはずです。

※各種データは『国民生活基礎調査』『民間給与実態統計調査』『総務省統計局の家計調査』を参照しています

目次

月収15万円の手取り額

額面月収
15万円
※控除前
手取り月収
11〜12.5万円
※控除後

月収15万円の手取り額は11〜12.5万円です。(手取り月収は、額面月収の70〜80%程度と考えるとわかりやすいです)

下記条件で試算すると、月収15万円の手取り額は122,150円となりました。

・25歳男性 独身

・月収15万円

・東京都渋谷区在住

・扶養家族なし

・雇用保険は一般事業者

月収15万円の手取り内訳
総支給額 150,000
健康保険 7,425
介護保険 0
厚生年金 13,725
雇用保険 450
所得税 1,875
住民税 4,375
手取り額 122,150

月収15万円の所得税の計算方法

所得税は、下記公式に当てはめれば2ステップで計算することができます。

【所得税の公式】
課税所得×税率−税額控除額=所得税

ステップ①:課税所得を求める

年収180万円(※1)ー基礎控除38万円ー給与所得控除72万円ー社会保険料控除25万円(※2)=45万円

ステップ②:所得税を求める

課税所得45万円×税率5%ー控除額0万円(※3)=2.25万円(月額1,875円)

※1 月収15万円×12ヶ月=180万円
※2 所得控除額は人により異なります
※3 税率と控除額は下表を参照

 課税所得 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円〜330万円以下 10% 97,500円
330万円〜695万円以下 20% 427,500円
695万円〜900万円以下 23% 636,000円
900万円〜1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円以上 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

※出典:国税庁

月収15万円の住民税の計算方法

住民税は、下記公式に当てはめれば3ステップで計算することができます。ここでは東京都渋谷区の住民税(均等割額:5,000円、所得割率:10%)で計算します。

【住民税の公式】
均等割額+所得割額ー調整控除額=住民税

ステップ①:均等割額を求める

東京都渋谷区は一律で5,000円

ステップ②:所得割額を求める

課税所得50万円(※1)×所得割率10%(※2)=50,000円

ステップ③:住民税を求める

均等割額5,000円+所得割額50,000円ー調整控除額2,500円=52,500円(月額4,375円)

※1 課税所得は「年収180万円ー基礎控除33万円ー給与所得控除72万円ー社会保険料控除25万円=50万円」で計算
※2 東京都渋谷区の所得割率は10%

パートで月収15万円の場合の手取り額

電卓

パートで月収15万円の手取りは、約12万円です。

パートで月収15万円を稼いでいる方であれば、職場で社会保険に加入しているはずなので、税金と社会保険料が天引きされることになります。

パートで月収15万円の手取り額
総支給額 150,000円
所得税 1,833円
住民税 4,508円
厚生年金 13,725円
健康保険 7,380円
雇用保険 450円
手取り額 122,104円

最近では、どこの企業も人手不足が続いてるので、パートの求人も増えています。求人が多い=より時給が高く働きやすい求人を見つけやすいということです。

魅力的なパート求人を探すのであれば、リクルートが運営する女性のための求人サイト『とらばーゆ』がとてもおすすめです。

女性に優しいサービスなので、「駅から近い仕事場」「私服でOK」などの条件で求人を検索することができます。

また、派遣社員で好きな時に働く選択肢もありますね。

派遣社員の場合、パートよりも時給が高いので、すぐに稼ぎたいという人に合っています。『リクナビ派遣』を使えば、全国の派遣の仕事を簡単に探せるので便利です。

月収15万円の生活レベル

月収15万円の生活レベル

月収15万円の一人暮らしの例をご紹介します。

額面月収は15万円で手取り月収は12万円です。裕福な生活とは言えませんが、家賃や通信費などの固定費を抑えることで、一人暮らしは可能です。

① 家賃:3万6,000円

② 食費:1万8,000円

③ 水道光熱費:6,000円

出費 金額
家賃 ¥36,000
水道光熱費 ¥6,000
食費 ¥18,000
通信費 ¥6,000
交通費 ¥4,000
医療費 ¥2,000
日用品 ¥2,000
交際費 ¥12,000
趣味・娯楽 ¥6,000
衣料品 ¥7,000
貯金 ¥21,000
合計 ¥120,000

月収15万円の適切な生活やりくり

生活費:手取り月収の6割

生活費は手取り月収の6割に収めると良いでしょう。月収15万円の場合、手取り月収は約12万円なので、生活費は7.2万円以内に収めましょう。

生活費の内訳
  • 家賃(手取り月収の30%)
  • 水道光熱費(手取り月収の5%)
  • 食費(手取り月収の15%)
  • 通信費(手取り月収の5%)

娯楽費:手取り月収の2割

娯楽費は手取り月収の2割に収めると良いでしょう。月収15万円の場合、手取り月収は約12万円なので、娯楽費は2.4万円以内に収めましょう。

娯楽費の内訳
  • 交際費(手取り月収の10%)
  • 娯楽・趣味(手取り月収の5%)
  • 衣料品(手取り月収の5%)

貯金:手取り月収の2割

貯金は手取り月収の2割が適切です。月収15万円の場合、手取り月収は約12万円なので、2.4万円を貯金できればバランスの良い家計と言えます。

月収15万円で一人暮らしはできる?

額面月収
15万円
※控除前
家賃
3.3〜3.7万円
※手取り×30%

月収15万円でも一人暮らしは可能です。

家賃は、「手取りの30%」が良いと言われているので、月収15万円の手取り額(11〜12.5万円)から考えると、家賃は「3.3万円〜3.7万円」が最適と言えます。

月収別の家賃

額面月収 家賃
月収15万円 3.3〜3.7万円
月収16万円 3.6〜4万円
月収17万円 3.9〜4.3万円
月収18万円 4〜4.5万円
月収19万円 4.3〜4.8万円
月収20万円 4.5〜4.9万円
月収25万円 5.7〜6.3万円
月収30万円 6.9〜7.3万円

※月収の手取り額を算出し「月収の手取り×30%」で計算

月収15万円の割合

月収15万円は、単純計算すると年収180万円。

ここでは、年収100〜200万円の割合を「全体」「男性」「女性」に分けて解説します。

ここでは、国税庁が公表している『民間給与実態統計調査(令和2年度)』のデータを参照しています。

①全体の割合

年収の割合(全体)

年収200〜300万円の全体の割合は15.5%

②男性の割合

年収の割合(男性)

年収200〜300万円の男性の割合は11.5%

③女性の割合

年収の割合(女性)

年収200〜300万円の女性の割合は21.3%

月収アップする3つの方法

現実的に考えると、月収アップする方法は3つだけです。

月収アップの方法
  1. 昇進する
  2. 副業する
  3. 転職する

①昇進する

年収アップするためには、「昇進」が一番着手しやすいです。

しかし、年功序列の会社に勤めている方にとっては、非常に長い道のりになります。すぐに年収アップをしたいなら「副業」または「転職」が断然おすすめです。

②副業する

「年収アップしたい」という方に一番おすすめなのが「副業」です。

私は元リクルートの転職エージェントですが、リクルート在職中に「株式投資」や「アフィリエイト」「不動産投資」など、数多くの副業をやりました。

1年ほどで副業年収が本業年収を上回り、独立しました。

最近では、副業をされている方が増えているので、年収アップしたい方は「副業」も検討してみてください。ちなみに、私がやっていた副業は以下のとおりです。

  • 株式投資・FX
  • 不動産投資
  • アフィリエイト
  • せどり
  • ブログ

③転職する

年収をアップさせるために一番おすすめなのが、「転職」です。

どこの企業も人手不足が続いているので、高年収求人が多い状況です。

実際に、売り手市場の現在、転職をして年収アップを実現させている方は多いです。

2人に1人が転職をしている時代なので、転職経験がない方も検討してみてはいかがでしょうか。

月収15万円で年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

おすすめの転職サイトと転職エージェント

月収15万円で年収アップを目指している方におすすめの転職サービスをピックアップしました。

元転職エージェントの経験から言うと、月収15万円から年収アップするためには、転職サポートが手厚い転職サービスがおすすめです。

月収15万円の方におすすめの転職サービス

1位:リクルートエージェント

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクルートエージェント
対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー
・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

2位:doda

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://doda.jp/

dodaは、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。2018年10月時点の会員数は約440万人で非常に人気の高いです。

転職者満足度は業界1位と言われるほど、ユーザーファーストの転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

dodaの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

サービス名 doda
対応地域 全国
探せる職種 営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員、SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア、建築/土木/不動産/プラント/設備、化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料、医療系専門職、クリエイティブ
求人数 10万件以上
特徴 ・転職者満足No.1
・転職ワンストップサービス
・スカウトメールが多い

3位:パソナキャリア

【おすすめ度】★★★★☆(4.5)
【公式HP】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、人材派遣業界で第2位のパソナが運営している転職エージェントです。顧客満足度が非常に高く、転職後の年収アップ率はなんと67.1%と驚異的な数値です。

手厚い転職サポートに定評があり、初めて転職される方は、ぜひ利用したい転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

パソナキャリアの評判と特徴を転職エージェントが解説

サービス名 パソナキャリア
対応地域 全国
探せる職種 営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設)
求人数 3万件以上
特徴 ・転職サポートの質が高い
・顧客満足度が高い
・25万人分の転職ノウハウを保有
・転職後年収アップ率が67.1%

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクナビNEXT
対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・約85%の求人がリクナビNEXT独自の求人
・毎週数千件の新着求人が掲載される
・スカウト機能をつかえる
・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実している
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感
各月収の手取り額について

年月収の手取り額をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

月収別の手取り額
1 月収100万円 7 月収40万円
2 月収90万円 8 月収35万円
3 月収80万円 9 月収30万円
4 月収70万円 10 月収25万円
5 月収60万円 11 月収20万円
6 月収50万円 12 月収15万円
目次
閉じる