ヤマハの平均年収はいくら?【役員や関連会社についても解説】

ヤマハの平均年収

日本を代表する音楽聴きメーカー、ヤマハの平均年収は934万円です。この記事では、そんなヤマハの年収を「年度別」「役員」で詳しく解説します。

ヤマハ平均年収

平均年収
934万円
※有価証券報告書
月収
62.2万円
※平均年収から算出

ヤマハの平均年収は934万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、ヤマハの平均年収は2.1倍ということがわかります。

  • ヤマハ:934万円
  • 平均年収:432万円

ヤマハの平均年収の推移

ヤマハの最新の有価証券報告書を見ると、平均年収が年々右肩上がりで増加していることがわかります。6年間で平均年収が200万円以上伸びている驚異的な成長率です。

2014年度に従業員数が減っている理由は、会社分割に伴う従業員の出向の影響です。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 932万円 44才2ヵ月 19年4ヵ月 2,344
2017年 902万円 44才1ヵ月 19年6ヵ月 2,345
2016年 899万円 45才3ヵ月 20年11ヵ月 2,360
2015年 853万円 44才0ヵ月 19年10ヵ月 2,441
2014年 823万円 44才2ヵ月 20年3ヵ月 2,617
2013年 711万円 43才6ヵ月 21年6ヵ月 3,953

出典:有価証券報告書

ヤマハの役員・執行役の報酬/社長の年収

有価証券報告書によると、2018年度のヤマハの役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(1名):3,400万円
  • 社外取締役の役員報酬総額(7名):5,200万円(一人あたり約742万円)
  • 執行役の役員報酬総額(7名):5億7,600万円(一人当たり約8,200万円)

また、有価証券報告書では、連結報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。ヤマハの場合は下記の通りです。(役職は2018年度当時)

・中田卓也氏(代表執行役社長):1億9,500万円

関連会社:ヤマハ発動機の平均年収

ヤマハ発動機のロゴ

ヤマハ発動機の平均年収は759万円です。

ヤマハ発動機は、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。ヤマハの関連会社であり、東証一部上場企業です。

オートバイの売上規模は世界2位。グローバルに展開する日本を代表する企業です。

ヤマハとヤマハ発動機の関係は?

現在、ヤマハとヤマハ発動機は資本関係はあるものの、別会社になっています。

元々ヤマハ発動機は、ヤマハの二輪部門から独立する形で設立された企業です。その後、ヤマハの持分法適用会社として、ヤマハグループに属していました。

しかし、2005年にヤマハ発動機の売上がヤマハの倍以上となったことから、間接的買収の対象になることを懸念し、2007年にヤマハはヤマハ発動機の株式の大半を売却しました。現在も資本関係はあり、関連会社ではありますが、子会社ではなく別会社として展開されています。

ヤマハ発動機の役員報酬

有価証券報告書によると、2018年度にヤマハ発動機が社内取締役10名に支払った役員報酬の総額は6億8,500万円でした。

また、有価証券報告書では、連結報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。ヤマハの場合は下記の通りです。(役職は2018年度当時のものです)

  • 柳弘之氏(代表取締役会長):1億4,600万円
  • 日髙祥博氏(代表取締役社長):1億6,700万円
  • 渡部克明氏(代表取締役):1億4,200万円

ヤマハに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
156位
※doda

ヤマハは、「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では100位圏外ではありますが、音楽系企業としては根強い人気を誇っています。大企業であることからも転職難易度は高く、ヤマハを志望している方は、事前準備が重要になります。

ヤマハに転職するために知っておくべきこと

ヤマハに転職するために知っておくべきことは、2つあります。

  1. 通年採用を実施
  2. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.通年採用を実施

ヤマハは通年採用を実施しています。時期によって求人掲載数は変わりますが、常時十数件の求人が募集されています。基本的に、どの職種も即戦力(若手〜中堅)・ハイクラスを対象としており、専門的な経験やスキルを求められます。

2019年12月現在で募集されている職種は下記の通りです。

■スタッフ

グローバル法務スタッフ/内部監査/建築系技術者/生産設備/購買業務/経理・財務スタッフなど

■マーケティング

業務用音響機器プロダクトスペシャリスト

■技術開発(音響機器事業)

スピーカーシステム設計業務/Web会議スピーカーフォンの信号処理ソフトなど

■技術開発(部品・装置事業)

車載音響機器スピーカーの開発/車載音響機器のソフトウェア設計など

2.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

ヤマハは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。ヤマハのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

ヤマハの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、ヤマハの求人紹介はもちろん、ヤマハから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

ヤマハの平均年収は934万円ということがわかりました。

日本を代表する音楽機器メーカーであり、年収も非常に高いです。根強い人気もあることから、転職難易度も高く、ヤマハに転職したい方は転職エージェントで一定の対策を練ることをおすすめします。

■まとめ

・ヤマハの平均年収

934万円

・ヤマハの役員報酬

社内取締役の役員報酬総額(1名):3,400万円

社外取締役の役員報酬総額(7名):5,200万円(一人あたり約742万円)

執行役の役員報酬総額(7名):5億7,600万円(一人当たり約8,200万円)

中田卓也氏(代表執行役社長):1億9,500万円

・関連会社:ヤマハ発動機の平均年収

ヤマハ発動機:759万円

・ヤマハに転職するために知っておくべきこと

①公開求人での採用は不定期

②非公開求人を保有する転職エージェントを利用する