ボーナス30万円は平均より少ない?【手取り額の計算方法も解説】

「ボーナス30万円は平均より少ない?」

気になる方は多いと思います。

結論、ボーナス30万円は平均よりも10万円ほど少ないです。年代別に見ると、ボーナスの平均は変わるので一概には言えませんが…。

この記事では、「ボーナス30万円は少ないのか?」だけでなく、年代別のボーナスの平均額も解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ボーナス30万円は少ない?

ボーナス30万円は少ない?

このグラフは、厚生労働省が公表している『毎月勤労統計調査』の2018年のボーナスの平均額です。

2018年を例に取ると、

  • 夏のボーナス:38.4万円
  • 冬のボーナス:39万円

となっており、ボーナス30万円は平均よりも10万円ほど低いことがわかります。このデータだけを見ると、「ボーナス30万円は少ない」と思ってしまいますよね。

では、年代別に見るとどうでしょうか?

年代別のボーナス支給額

年代別のボーナス支給額(2018年度)

こちらのグラフは、2018年の年代別のボーナス支給額をまとめたものです。夏と冬のボーナスを合計した金額となっているので、年間のボーナス支給額である点に注意が必要です。

例えば、「20〜24歳のボーナス支給額は39万円」です。つまり、夏に20万円程度、冬に20万円程度のボーナスが支給されたと考えることができます。

5歳区切りのデータになっているので、10歳区切りに直すと下記のようになります。カッコの数字は、1回あたりのボーナス支給額です。

  • 20代の平均ボーナス:53.5万円(26.75万円)
  • 30代の平均ボーナス:88.5万円(44.25万円)
  • 40代の平均ボーナス:112.5万円(56.25万円)
  • 50代の平均ボーナス:125.5万円(62.75万円)
  • 60代の平均ボーナス:48.5万円(24.25万円)
  • 70代の平均ボーナス:26万円(13万円)

ボーナス30万円の場合、「20代」「60代」「70代」であれば高い方になります。一方、「30代」「40代」「50代」でボーナス30万円は低い方になります。

ボーナス30万円の手取り額

ボーナス30万円の手取り額

ボーナス30万円の手取り額を「扶養家族1人」と「独身」に分けて解説していきます。

ボーナスの手取り額は「所得税」と「社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料)」を引けば、簡単に算出できます。

※40歳以上の方は介護保険も控除されますが、ここでは割愛しています

  1. 扶養家族1人の場合
  2. 独身の場合

1.扶養家族1人の場合

仲睦まじい夫婦

下記条件の場合、ボーナス30万円の手取り額は25万1,556円です。

何度も言うようですが、計算方法は簡単ですよ!まずは健康保険料から計算しましょう!

年齢 25歳
扶養家族 1人
住所地 東京都
前月の給料 15万円
ボーナス 30万円(給料の2ヶ月分)

ステップ①:健康保険料

健康保険料は下記の計算式で算出できます。

【健康保険料の計算式】
健康保険料=ボーナスの金額×健康保険料率(4.95%)

【ボーナス30万円の場合】
=30万円×4.95%
1万4,850円

ステップ②:厚生年金保険料

厚生年金保険料は下記の計算式で算出できます。

【厚生年金保険料の計算式】
厚生年金保険料=ボーナスの金額×厚生年金保険料率(9.15%)

【ボーナス30万円の場合】
=30万円×9.15%
2万7,450円

ステップ③:雇用保険料

雇用保険料は下記の計算式で算出できます。

【雇用年金保険料の計算式】
雇用保険料=ボーナスの金額×雇用保険料率(0.3%)

【ボーナス30万円の場合】
=30万円×0.3%
900円

社会保険料の合計を出しておこう!

①健康保険料=1万4,850円

②厚生年金保険料=2万7,450円

③雇用保険料=900円

社会保険料の合計=4万3,200円

ステップ④:所得税の計算

所得税は下記の計算式で算出できます。

源泉徴収税率は、前月の給料15万円から社会保険料2万1,600円を引いた12万8,400円を『賞与に関する源泉徴収税額の算出率の表』に当てはめればわかります。(下表の青字)

【所得税の計算式】
所得税=(ボーナスの金額ー社会保険料の合計額)×源泉徴収税率

【ボーナス30万円の場合】
=(30万円ー4万3,200円)×2.042%
5,244円

■賞与に関する源泉徴収税額の算出率の表
※右にスクロールできます

扶養家族
源泉徴収税率 0人 1人 2人 3人
0% 68,000円未満 94,000円未満 133,000円未満 171,000円未満
2.042% 68,000円〜79,000円 94,000円〜243,000円 133,000円〜269,000円 171,000円〜295,000円
4.084% 79,000円〜252,000円 243,000円〜282,000円 269,000円〜312,000円 295,000円〜345,000円
6.126% 252,000円〜300,000円 282,000円〜338,000円 312,000円〜369,000円 345,000円〜398,000円
8.168% 300,000円〜334,000円 338,000円〜365,000円 369,000円〜393,000円 398,000円〜417,000円
10.210% 334,000円〜363,000円 365,000円〜394,000円 393,000円〜420,000円 417,000円〜445,000円
12.252% 363,000円〜395,000円 394,000円〜422,000円 420,000円〜450,000円 445,000円〜477,000円
14.294% 395,000円〜426,000円 422,000円〜455,000円 450,000円〜484,000円 477,000円〜513,000円
16.336% 426,000円〜550,000円 455,000円〜550,000円 484,000円〜550,000円 513,000円〜557,000円
18.378% 550,000円〜647,000円 550,000円〜663,000円 550,000円〜678,000円 557,000円〜693,000円
20.420% 647,000円〜699,000円 663,000円〜720,000円 678,000円〜741,000円 693,000円〜762,000円
22.462% 699,000円〜730,000円 720,000円〜752,000円 741,000円〜774,000円 762,000円〜796,000円
24.504% 730,000円〜764,000円 752,000円〜787,000円 774,000円〜810,000円 796,000円〜833,000円
26.546% 764,000円〜804,000円 787,000円〜826,000円 810,000円〜852,000円 833,000円〜879,000円
28.588% 804,000円〜857,000円 826,000円〜885,000円 852,000円〜914,000円 879,000円〜942,000円
30.630% 857,000円〜926,000円 885,000円〜956,000円 914,000円〜987,000円 942,000円〜1,017,000円
32.672% 926,000円〜1,321,000円 956,000円〜1,346,000円 987,000円〜1,370,000円 1,017,000円〜1,394,000円
35.735% 1,321,000円〜1,532,000円 1,346,000円〜1,560,000円 1,370,000円〜1,589,000円 1,394,000円〜1,617,000円
38.798% 1,532,000円〜2,661,000円 1,560,000円〜2,685,000円 1,589,000円〜2,708,000円 1,617,000円〜2,732,000円
41.861% 2,661,000円〜3,548,000円 2,685,000円〜3,580,000円 2,708,000円〜3,611,000円 2,732,000円〜3,643,000円
45.945% 3,548,000円以上 3,580,000円以上 3,611,000円以上 3,643,000円以上

出典:国税庁『賞与に関する源泉徴収税額の算出率の表』

ステップ⑤:ボーナスの手取り額

最後に、ボーナスから所得税と社会保険料を引きます。これでボーナスの手取り額が算出できました!お疲れ様でした!

【手取りボーナスの計算式】
手取りボーナス=ボーナスー(所得税+社会保険料)

【ボーナス30万円の手取り額】
=30万円ー(5,244円+4万3,200円)
25万1,556円

2.独身の場合

下記条件の場合、ボーナス30万円の手取り額は24万6,312円です。

何度も言うようですが、計算方法は簡単ですよ!まずは健康保険料から計算しましょう!

年齢 25歳
扶養家族 0人
住所地 東京都
前月の給料 15万円
ボーナス 30万円(給料の2ヶ月分)

ステップ①:健康保険料

健康保険料は下記の計算式で算出できます。

【健康保険料の計算式】
健康保険料=ボーナスの金額×健康保険料率(4.95%)

【ボーナス30万円の場合】
=30万円×4.95%
1万4,850円

ステップ②:厚生年金保険料

厚生年金保険料は下記の計算式で算出できます。

【厚生年金保険料の計算式】
厚生年金保険料=ボーナスの金額×厚生年金保険料率(9.15%)

【ボーナス30万円の場合】
=30万円×9.15%
2万7,450円

ステップ③:雇用保険料

雇用保険料は下記の計算式で算出できます。

【雇用年金保険料の計算式】
雇用保険料=ボーナスの金額×雇用保険料率(0.3%)

【ボーナス30万円の場合】
=30万円×0.3%
900円

社会保険料の合計を出しておこう!

①健康保険料=1万4,850円

②厚生年金保険料=2万7,450円

③雇用保険料=900円

社会保険料の合計=4万3,200円

ステップ④:所得税の計算

所得税は下記の計算式で算出できます。

源泉徴収税率は、前月の給料15万円から社会保険料2万1,600円を引いた12万8,400円を『賞与に関する源泉徴収税額の算出率の表』に当てはめればわかります。(下表の青字)

【所得税の計算式】
所得税=(ボーナスの金額ー社会保険料の合計額)×源泉徴収税率

【ボーナス30万円の場合】
=(30万円ー4万3,200円)×4.084%
1万488円

■賞与に関する源泉徴収税額の算出率の表
※右にスクロールできます

扶養家族
源泉徴収税率 0人 1人 2人 3人
0% 68,000円未満 94,000円未満 133,000円未満 171,000円未満
2.042% 68,000円〜79,000円 94,000円〜243,000円 133,000円〜269,000円 171,000円〜295,000円
4.084% 79,000円〜252,000円 243,000円〜282,000円 269,000円〜312,000円 295,000円〜345,000円
6.126% 252,000円〜300,000円 282,000円〜338,000円 312,000円〜369,000円 345,000円〜398,000円
8.168% 300,000円〜334,000円 338,000円〜365,000円 369,000円〜393,000円 398,000円〜417,000円
10.210% 334,000円〜363,000円 365,000円〜394,000円 393,000円〜420,000円 417,000円〜445,000円
12.252% 363,000円〜395,000円 394,000円〜422,000円 420,000円〜450,000円 445,000円〜477,000円
14.294% 395,000円〜426,000円 422,000円〜455,000円 450,000円〜484,000円 477,000円〜513,000円
16.336% 426,000円〜550,000円 455,000円〜550,000円 484,000円〜550,000円 513,000円〜557,000円
18.378% 550,000円〜647,000円 550,000円〜663,000円 550,000円〜678,000円 557,000円〜693,000円
20.420% 647,000円〜699,000円 663,000円〜720,000円 678,000円〜741,000円 693,000円〜762,000円
22.462% 699,000円〜730,000円 720,000円〜752,000円 741,000円〜774,000円 762,000円〜796,000円
24.504% 730,000円〜764,000円 752,000円〜787,000円 774,000円〜810,000円 796,000円〜833,000円
26.546% 764,000円〜804,000円 787,000円〜826,000円 810,000円〜852,000円 833,000円〜879,000円
28.588% 804,000円〜857,000円 826,000円〜885,000円 852,000円〜914,000円 879,000円〜942,000円
30.630% 857,000円〜926,000円 885,000円〜956,000円 914,000円〜987,000円 942,000円〜1,017,000円
32.672% 926,000円〜1,321,000円 956,000円〜1,346,000円 987,000円〜1,370,000円 1,017,000円〜1,394,000円
35.735% 1,321,000円〜1,532,000円 1,346,000円〜1,560,000円 1,370,000円〜1,589,000円 1,394,000円〜1,617,000円
38.798% 1,532,000円〜2,661,000円 1,560,000円〜2,685,000円 1,589,000円〜2,708,000円 1,617,000円〜2,732,000円
41.861% 2,661,000円〜3,548,000円 2,685,000円〜3,580,000円 2,708,000円〜3,611,000円 2,732,000円〜3,643,000円
45.945% 3,548,000円以上 3,580,000円以上 3,611,000円以上 3,643,000円以上

出典:国税庁『賞与に関する源泉徴収税額の算出率の表』

ステップ⑤:ボーナスの手取り額

最後に、ボーナスから所得税と社会保険料を引きます。これでボーナスの手取り額が算出できました!お疲れ様でした!

【手取りボーナスの計算式】
手取りボーナス=ボーナスー(所得税+社会保険料)

【ボーナス30万円の手取り額】
=30万円ー(1万488円+4万3,200円)
24万6,312円

ボーナス30万円の使い道【20代のリアル】

私の2019年冬のボーナスは約30万円でした。手取りにすると、24万ほどです。少ないですね…。

あるデータによると、ボーナスの使い道は下記が多いみたいですね。

1位:貯金

2位:旅行

3位:ローン・奨学金の返済

4位:趣味・娯楽費

5位:電化製品の購入

当の私は、旅行に行くお金もないので、24万円ほぼ全額を奨学金の返済に充てる予定です。学生時代に奨学金を借りていた人は、奨学金に充てる人は多いのではないでしょうか?

30代、40代になると、年間ボーナスの平均は100万円を超えてくるので、旅行や趣味にお金をかけたいものです。

年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

転職エージェントの経験から、年収アップを目指している方におすすめの転職サービスを紹介します。

年収アップを目指している方は、大手企業が運営している転職エージェントがおすすめです。「求人の質・量」「キャリアアドバイザーの質」「実績」など、転職サポートが非常に充実しています。

おすすめの転職サービス

1位:リクルートエージェント

転職支援実績No.1

2位:パソナキャリア

転職サポートが非常に手厚い

3位:doda

転職エージェント業界2位