JR東海(東海旅客鉄道)の平均年収はいくら?【職種別・学歴別・年齢別で解説】

JR東海の平均年収

日本の交通を支える、JR東海の平均年収は735万円です。この記事では、そんなJR東日本の年収を「職種別」「学歴別」「役職別」「年齢別」で詳しく解説します。

JR東海の平均年収

平均年収
735万円
※有価証券報告書
月収
49万円
※平均年収から算出

JR東海の平均年収は735万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると平均年収は432万円なので、JR東海の平均年収は約1.7倍ということがわかります。

  • JR東海の平均年収:735万円
  • 平均年収:432万円

JR東海の平均年収の推移

JR東海の最新の有価証券報告書を見ると、700万円代前半を推移しています。

ここ数年は730万円代で安定しています。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 735万円 36.9 15.6 18,148
2017年 733万円 37.0 15.5 18,116
2016年 733万円 37.0 15.3 18,054
2015年 728万円 37.1 15.1 18,164
2014年 719万円 37.1 14.9 18,231
2013年 716万円 37.3 14.7 18,223

出典:有価証券報告書

JR東海の学歴別の平均年収

JR東海では、学歴ごとによってベース給与が異なります。新卒の段階での給与の差は下記の通りです。

  • 修士了:265,300円
  • 大卒:235,400円
  • 短大卒:215,700円

修士了と大卒では3万円程度の差があります。

大卒と短大卒では2万円程度の差です。残業代や賞与のベースにもなるので、年収で考えると、学歴毎に数十万円〜百万円以上の差が生まれます。

JR東海の職種別の平均年収

JR東海には、大きく分けて3つの職種(総合職、プロフェッショナル職、アソシエイト職)があります。

■総合職

文系:事務

理系:運輸、車両・機械、施設、電気・システム

■プロフェッショナル職

理系のみ:運輸、車両・機械、施設、電気・システム

■アソシエイト職

文理:サポート業務

総合職は、将来のマネジメント層の育成を念頭に数年毎のジョブローテーションが行われます。他の職種に比べて昇進・昇給が非常に早いため、平均年収も一番高くなります。(想定平均年収:800〜1,000万円)

プロフェッショナル職は、主に現場で実務を行う職種です。総合職と給与体系が大きく変わる訳ではありませんが、昇進・昇給スピードが総合職よりも遅いです。そのため、平均年収は総合職より劣る傾向にあります。(想定平均年収:700〜900万円)

アソシエイト職は、いわゆる一般職であり、総合職とプロフェッショナル職に比べると年収は下がります。(想定平均年収:500〜700万円)

JR東海の役職別の平均年収【1,000万円はいつ超える?】

JR東海は年功序列がまだ残っている企業ではありますが、役職につくためには出世競争に勝ち抜かなければなりません。課長クラス以上になると年収が1,000万円を超えると推定できます。

(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

役職 平均年収
部長クラス 1,500万円〜(推定)
課長クラス 1,000万円〜1,200万円(推定)
係長クラス 700万円〜900万円(推定)
メンバークラス 400万円〜600万円(推定)

JR東海の役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度にJR東海が社内取締役に支払った報酬総額は8億1,000万円でした。一人当たりで換算すると、社内取締役が18名なので約4,500万円となります。

JR東海の年齢別の平均年収

JR東海は年功序列がまだ残っている企業であるため、年齢を重ねると年収も増加していきます。しかし、年収1,000万円以上に到達するためには、役職がつかないと難しいと推定されます。

(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

年齢 平均年収
50代 900万円〜1,200万円以上(推定)
40代 800万円〜1,200万円(推定)
30代 600万円〜800万円(推定)
20代 〜600万円(推定)

JRグループの平均年収ランキング【JR東海の平均年収は低い?】

JRグループのロゴ

JRグループの上場企業の中で平均年収ランキングを作成しました。JR東海の平均年収は、JRグループの中で1位です。JRグループの中でも、平均年収の差はあります。特に、JR東海とJR九州の平均年収は間には、200万円近い大きな差があります。

No. 社名 平均年収
1 JR東海 735万円
2 JR東日本 715万円
3 JR西日本 669万円
4 JR九州 550万円

1.JR東海

JR東海のロゴ

JR東海の平均年収は735万円です。

JR東海は、東京名古屋間を結ぶ東海道新幹線で大きな収益を上げています。営業収益ではJR東日本より劣りますが、経常利益はJRグループの中で1位です。

JR東海のリニア事業

JR東海は、リニアモーターカー式の新幹線を建設しています。

開業後は、東京-名古屋間が最速40分、東京-大阪間が最速67分で移動できるようになります。また、JR東海の超電導リニア技術は海外展開も進んでいます。

JR東海のリニア事業が開業されると、さらなる大きな成長が見込まれます。今後とも、JR東海の動向には注目が集まっています。

2.JR東日本

JR東日本のロゴ

JR東日本の平均年収は715万円です。

JR東日本は、1987年に解体された国鉄から、鉄道事業を引き継いだ企業です。関東地方、東北地方、甲信越地方を中心に鉄道事業を展開しています。現在では、JR東日本グループとして多角的な事業に取り組んでいます。

3.JR西日本

JR西日本のロゴ

JR西日本の平均年収は669万円です。

JR西日本は、北陸、近畿、中国地方を中心に鉄道網を展開する企業です。関西都市圏の鉄道の他、博多駅と新大阪駅を結ぶ山陽新幹線で大きな利益を上げています。

4.JR九州

JR九州のロゴ

JR九州の平均年収は550万円です。

JR九州は、九州地方を中心に鉄道網を展開する企業です。鉄道事業だけでなく、農業、不動産、小売業、旅行業などの事業を幅広く展開しています。

上場しているJRグループ会社の中では、平均年収が一番低いですが、未上場のJR北海道やJR四国よりは平均年収が高いと推定されます。

JR東海に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
29位
※doda

JR東海の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、JR東海を志望している方は、事前準備が重要になります。

JR東海に転職するために知っておくべきこと

JR東海に転職するために知っておくべきことは、2つあります。

  1. 公開求人での採用は不定期
  2. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.公開求人での採用は不定期

JR東海は、通年採用しておらず、不定期に公開求人での採用を行います。基本的に、年度事業計画や半期事業計画が策定される2〜3月や7〜8月に採用活動が行われることが多いです。JR東海への転職に興味のある方は、常にJR東海の採用ページをチェックしておくことが必要です。

一方で、これはあくまで公開求人の話し。企業は、公開求人だけでなく非公開求人を転職エージェントに掲載している可能性があります。

2.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

JR東海は、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。JR東海のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

JR東海の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、JR東海の求人紹介はもちろん、JR東海から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

JR東海の平均年収は735万円ということがわかりました。

JRグループの中では1位の平均年収額です。JR東海に転職したい場合、一般公開求人が少ないため、転職エージェントに掲載されている可能性がある非公開求人を探す必要があります。

■まとめ

・JR東海の平均年収

735万円

・JR東海の役職別平均年収

部長クラス:1,500万円〜(推定)

課長クラス:1,000万円〜1,200万円(推定)

係長クラス:700万円〜900万円(推定)

メンバークラス:400万円〜600万円(推定)

・JR東海の年齢別平均年収

50代:900万円〜1,200万円以上(推定)

40代:800万円〜1,200万円(推定)

30代:600万円〜800万円(推定)

20代:〜600万円(推定)

・JRグループの平均年収

JR東海:735万円

JR東日本:715万円

JR西日本:669万円

JR九州:550万円

・JR東海に転職するために知っておくべきこと

①公開求人での採用は不定期

②非公開求人を保有する転職エージェントを利用する