伊藤忠商事の平均年収はいくら?【関連会社の年収も大公開】

伊藤忠商事の平均年収

五大商社の一つ、伊藤忠商事の平均年収は1,520万円です。この記事では、そんな伊藤忠商事の年収を「役職別」「年齢別」「関連会社」「競合他社比較」で詳しく解説します。

伊藤忠商事の平均年収

平均年収
1,520万円
※有価証券報告書
月収
101.3万円
※平均年収から算出

伊藤忠商事の平均年収は1,520万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、伊藤忠商事の平均年収は約3.5倍だということがわかります。

  • 伊藤忠商事の平均年収:1,520万円
  • 平均年収:432万円

伊藤忠商事の平均年収の推移

伊藤忠商事の有価証券報告書を見ると、2017年度以降、急激な右肩上がりで平均年収が伸びていることがわかります。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,520万円 41.7 17.6 4,285
2017年 1,460万円 41.6 17.3 4,285
2016年 1,383万円 41.5 16.9 4,285
2015年 1,382万円 41.5 16.7 4,279
2014年 1,395万円 41.5 16.3 4,262
2013年 1,383万円 41.3 16.1 4,235

出典:有価証券報告書

伊藤忠商事の年齢別の平均年収

伊藤忠商事の年齢別の平均年収を独自に調査し、表にまとめました。

伊藤忠商事はいまだ年功序列が残っている企業。そのため、年齢を重ねれば必然的に年収も上がっていきます。役職につけなかったとしても、年齢が上がれば2,000万円以上はもらえます。

とはいえ、伊藤忠商事は20代で1,000万円を超えるため、年収面だけでいえば、年功序列により若手が損をすると感じることはあまりなさそうです。

年齢 平均年収
50代 2,000万円〜(推定)
40代 1,500万円〜2,000万円(推定)
30代 1,000万円〜1,500万円(推定)
20代 500万円〜1,000万円(推定)

伊藤忠商事の役職別の平均年収

伊藤忠商事の役職別の平均年収を独自に調査し、表にまとめました。伊藤忠商事では、役職につくと大幅に年収が上がります。

役職 平均年収
部長クラス 2,500万円〜(推定)
課長クラス 2,000万円〜(推定)
係長クラス 1,500万円〜(推定)
メンバークラス 500万円〜1,000万円(推定)

伊藤忠商事の会長・社長・代表取締役・役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度に伊藤忠商事が社内取締役に支払った役員報酬の総額は17億3,100万円です。また、伊藤忠商事は役員ごとの報酬配分も公表しております。

  • 岡藤正広氏(代表取締役会長CEO):5億8,900万円
  • 鈴木善久氏(代表取締役社長COO):4億1,700万円
  • 吉田朋史氏(代表取締役副社長):2億3,800万円
  • 小林文彦氏(代表取締役):2億5,000万円
  • 鉢村剛氏(代表取締役):2億3,800万円

伊藤忠商事の関連会社の平均年収

伊藤忠グループのロゴ

伊藤忠商事の関連会社の中から、主要10社の平均年収を紹介します。なお、下記の平均年収は、2019年の有価証券報告書もとに算出しています。

No. 社名 平均年収
1 伊藤忠商事 1,520万円
2 伊藤忠エネクス 908万円
3 伊藤忠テクノソリューションズ 871万円
4 プリマハム 719万円
4 タキロンシーアイ 707万円
6 ユニー・ファミリーマートホールディングス 667万円
7 伊藤忠食品 649万円
8 デサント 615万円
9 ジャパンフーズ 593万円
10 コネクシオ 446万円

1.伊藤忠商事

伊藤忠商事のロゴ

伊藤忠商事の平均年収は1,520万円です。

伊藤忠商事とは、みずほグループに属する日本を代表する総合商社の一つです。7つの社内カンパニーを中心に、生活消費分野(繊維、食料、住生活、情報、金融など)、基礎産業分野(機会、化学品、石油製品など)、資源分野(金属資源、エネルギー資源など)において、多角的な事業活動を展開しています。

2.伊藤忠エネクス

伊藤忠エネクスのロゴ

伊藤忠エネクスの平均年収は908万円です。

伊藤忠エネクスとは、伊藤忠商事を親会社に持ちながら、子会社を49社持つエネルギー分野を中核とした商社です。ホームライフ事業、生活・産業エネルギー事業、電力・ユーティリティ事業、モビリティライフ事業の4つの事業を展開しています。

3.伊藤忠テクノソリューションズ

伊藤忠テクノソリューションズのロゴ

伊藤忠テクノソリューションズの平均年収は871万円です。

伊藤忠テクノソリューションズとは、伊藤忠商事を親会社に持ちながら、子会社を14社持つ企業です。コンピューター・ネットワークシステムの販売・保守、ソフトウェア受託開発、データセンターサービス、サポートなどの事業を展開しています。

4.プリマハム

プリマハムのロゴ

プリマハムの平均年収は719万円です。

プリマハムとは、食肉加工食品メーカーです。日本ハム、丸大食品、伊藤ハムと並ぶ4大食肉加工食品メーカーの一つです。

5.タキロンシーアイ

タキロンシーアイのロゴ

タキロンシーアイの平均年収は707万円です。

タキロンシーアイとは、合成樹脂製品の製造・加工・販売を担っている企業です。建築資材事業、環境資材事業、高機能材事業、機能フィルム事業を展開しています。

6.ユニー・ファミリーマートホールディングス

ファミリーマートのロゴ

ユニー・ファミリーマートホールディングスの平均年収は667万円です。

ユニー・ファミリーマートホールディングスとは、コンビニエンスストア事業、総合小売事業などを展開する企業です。旧ファミリーマートが、ユニーグループ・ホールディングスを吸収合併する形で2016年に設立されました。

7.伊藤忠食品

伊藤忠食品のロゴ

伊藤忠食品の平均年収は649万円です。

伊藤忠食品とは、食品卸売行を展開する企業です。酒類、食品の卸売や、商品の保管、運送、商品流通に関するマーチャンダイジング(商品計画)を主な事業にしています。

8.デサント

デサントのロゴ

デサントの平均年収は615万円です。

デサントは、スポーツウェアの専門メーカーです。野球、陸上、ゴルフ、サッカー、競泳、アルペンスキーなど、様々なスポーツで有力なブランドを持っています。現在では、介護・医療分野にも進出しており、益々の発展が期待されます。

9.ジャパンフーズ

ジャパンフーズのロゴ

ジャパンフーズの平均年収は593万円です。

ジャパンフーズとは、飲料メーカーから清涼飲料水を受託製造している企業です。伊藤園やサントリー、アサヒ飲料などの大手飲料メーカーからの受託生産を拡大しており、2019年には投資額61億円の新工場を設立することを発表しました。

10.コネクシオ

コネクシオのロゴ

コネクシオの平均年収は446万円です。

コネクシオとは、携帯電話などの通信サービス契約の取次や、携帯電話端末の販売代理店を基幹事業としている企業です。携帯電話販売業界での売上高は2位。市場シェアは25.1%を占めています。 (2017-18)

五大商社での比較

日本の五大商社で平均年収を比較してみました。伊藤忠商事の平均年収は2位です。

企業名 平均年収 売上高 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング
三菱商事 1,607万円 16兆1,037億円 1億6,211万円 9位
伊藤忠商事 1,520万円 11兆6,004億円 3億4,620万円 19位
三井物産 1,430万円 6兆9,575億円 5,991万円 26位
住友商事 1,389万円 5兆3,392億円 1億555万円 96位
丸紅 1,389万円 7兆4,012億円 5,555万円 74位

出典:有価証券報告書

伊藤忠商事は、平均年収、売上高が三菱商事に次ぐ2位です。売上高に関しては、3位の三井物産に倍近い差をつけています。

また、一人当たりの役員報酬支給額は断トツで伊藤忠商事が1位です。出世競争を勝ち抜いた場合、一番年収がもらえるのが伊藤忠商事だということがわかります。

五大商社は、いずれも平均年収が1,000万円を大幅に超えています。日本トップクラスの企業群であることがわかります。

伊藤忠商事に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
19位
※doda

伊藤忠商事の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、伊藤忠商事を志望している方は、事前準備が重要になります。

伊藤忠商事に転職するために知っておくべきこと

伊藤忠商事に転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 伊藤忠商事の中途採用は「MIIDAS」経由
  2. 中途採用は即戦力のみ
  3. 転職エージェントを利用する

1.伊藤忠商事の中途採用は「MIIDAS」経由

伊藤忠商事は、公式ホームページで採用活動を行なっていません。パーソルキャリアが運営する『ミイダス』という転職サイト(アプリ)経由を中心に採用活動を行なっています。

ミイダスとは、下記2点の特徴がある転職サイトです。

  • 自身の市場価値がわかる
  • 待ちの転職サイト

ミイダスに自身のキャリアを登録することで、300万人の転職データから自身の推定年収を算出できます。この機能を最大の売りにして、急拡大している転職サイトです。

ミイダスでは求職者側から求人を探して応募することができません。自身のキャリアを登録すると、企業側がマッチする人材を探します。そして、適合する人のみに企業側からオファーメールを送り、そこで初めて求人に応募することが可能になります。つまり、ミイダスとは企業からのオファーを待つ、「待ちの転職サイト」なのです。

したがって、求職者側から伊藤忠商事の求人を探し、募集要項を見て応募することはできません。自身が登録したキャリアに合うポジションがある場合のみ、伊藤忠商事からオファーメールが届きます。

2.中途採用は即戦力のみ

伊藤忠商事の中途採用は即戦力のみを求めています。第二新卒やポテンシャル採用は行なっていません。ビジネスレベルの英語力に加え、何らかの専門的な経験・スキルが必要です。

そのため、「MIIDAS」に登録する際には、自身の語学力と専門的な経験・スキルを詳細に記載しましょう。

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

伊藤忠商事の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、伊藤忠商事の求人紹介はもちろん、伊藤忠商事から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、伊藤忠商事は転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。伊藤忠商事のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

実際に、伊藤忠商事は非公開求人サービスである「MIIDAS」を利用しています。そのため、同グループが運営しているパソナキャリアにも非公開求人を掲載している可能性が非常に高いです。

その他、大手転職エージェントであるリクルートエージェントや、ハイクラス向けのJACリクルートメントをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

まとめ

伊藤忠商事の平均年収は1,520万円ということがわかりました。高年収業界である総合商社の中でも断トツの1位の平均年収を誇っています。

■まとめ

・伊藤忠商事の平均年収

1,607万円

・伊藤忠商事の年代ごとの平均年収

50代:2,000万円〜(推定)

40代:1,500万円〜2,000万円(推定)

30代:1,000万円〜1,500万円(推定)

20代:500万円〜1,000万円(推定)

・伊藤忠商事の役職ごとの平均年収

部長クラス:2,500万円〜(推定)

課長クラス:2,000万円〜(推定)

係長クラス:1,500万円〜(推定)

メンバークラス:500万円〜1,000万円(推定)

・伊藤忠商事の関連会社

伊藤忠商事:1,520万円

伊藤忠エネクス:908万円

伊藤忠テクノソリューションズ:871万円

プリマハム:719万円

タキロンシーアイ:707万円

ユニー・ファミリーマートホールディングス:667万円

伊藤忠食品:649万円

デサント:615万円

ジャパンフーズ:593万円

コネクシオ:446万円

・伊藤忠商事に転職するために知っておくべきこと

①伊藤忠商事の中途採用は「MIIDAS」経由

②中途採用は即戦力のみ

③転職エージェントを利用する