味の素の平均年収はいくら?【部長の年収は?競合他社に比べて低い?】

味の素の平均年収

日本を代表する食品メーカーである味の素の平均年収は982万円でした。この記事では、そんな味の素の平均年収を「役職別」、「競合他社比較」で解説していきます。

味の素の平均年収

平均年収
982万円
※有価証券報告書
月収
65.4万円
※平均年収から算出

味の素の平均年収は982万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、資生堂の平均年収は約2.2倍だということがわかります。

  • 味の素の平均年収:982万円
  • 平均年収:432万円

味の素の平均年収の推移

味の素の有価証券報告書を見ると、平均年収が右肩上がりに増加していることがわかります。2013年度から2018年度までの5年間で100万円近く増えている上に、今後とも成長が見込まれる企業です。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 982万円 43.6 19.9 3,494
2017年 945万円 43.1 19.6 3,464
2016年 952万円 43.0 19.4 3,459
2015年 951万円 42.6 19.1 3,477
2014年 923万円 42.2 18.7 3,484
2013年 900万円 41.7 18.3 3,398

出典:有価証券報告書

味の素の文系・理系の平均年収

味の素は、文系理系で応募できる職種や配属されるポジションが変わってきます。

  • 文系の職種:セールス&マーケティング、コーポレートスタッフなど
  • 理系の職種:R&D、生産技術、生産管理など

生産管理職は少し年収が下がりますが、その他の職種の給与体系は基本的に同じです。したがって、文系の平均年収も、理系の平均年収も、全体の平均年収と同じく982万円と考えることができます。

ただし、出世できるのは文系職の方が多いため、その点で年収に差が生まれる可能性があります。とはいえ、全体の平均年収が982万円であり、味の素は年功序列が残っているため、年齢を重ねれば年収1,000万円を超えることができると予測できます。

味の素の年齢別の平均年収

味の素の年齢別平均年収を、独自に口コミを集計して算出しました。

味の素は年功序列がまだ強く、年齢を重ねていけば年収も上がります。ただし、役職につけるかどうかで年収の振れ幅は大きいです。

年齢 平均年収
50代 1,200万円〜(推定)
40代 1,000万円〜1,150万円(推定)
30代 800万円〜900万円(推定)
20代 500万円〜700万円(推定)

味の素の役職別の平均年収

味の素の役職別平均年収を、独自に口コミを集計して算出しました。

味の素は年功序列がまだ強く、年齢を重ねると役職につくことができますが、課長クラス以上は出世競争に勝ち抜かなければつくことは難しいです。

役職 平均年収
部長クラス 1,200万円〜(推定)
課長クラス 1,000〜1,200万円(推定)
主任クラス 700〜850万円(推定)
メンバークラス 450〜600万円(推定)

味の素グループ企業の平均年収

味の素グループ企業主要4社の平均年収を独自に口コミなどを集計し算出しました。味の素グループの中でも年収にはバラツキがあります。

しかし、手厚い住宅手当や特別手当などの充実した福利厚生はグループ規模で展開されているため、味の素グループ企業に勤める方の可処分所得は、額面の金額よりも大きくなります。

1.味の素

味の素のロゴ

味の素の平均年収は982万円です。

味の素は、日本の超大手食品企業であり、味の素グループを統括する企業です。うま味調味料である「味の素」を中心に、様々な調味料や加工食品を手がけています。蓄積されたアミノ酸生産技術をもとに、医療分野にも進出している企業です。

2.味の素食品

味の素食品の平均年収は約800万円です。

味の素食品は、「味の素」や「ほんだし」などの調味料やスープの「クノール」などを開発・製造・販売する企業です。

2019年の味の素グループ組織再編により、味の素株式会社の調味料・加工食品生産部門とクノール食品株式会社、味の素パッケージング株式会社の製造・包装部門が統合されました。

3.味の素冷凍食品

味の素冷凍食品のロゴ

味の素冷凍食品の平均年収は約700万円です。

味の素冷凍食品は、大手冷凍食品メーカーです。日本の冷凍食品市場において、10%以上のシェアを獲得しています。

4.味の素AGF

味の素AGFのロゴ

味の素AGFの平均年収は約650万円です。

味の素AGFは、主にコーヒー飲料の研究・開発・製造・販売を行う企業です。元々はアメリカのゼネラルフーヅと味の素の合弁会社として設立されましたが、2015年に味の素100%子会社になりました。

味の素の平均年収は低い?競合他社を比較

味の素と大手食品メーカー5社の平均年収を集計し、ランキングを作成しました。味の素の平均年収は、1位です。

企業名 平均年収 売上高 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング
明治ホールディングス 996万円 1兆2,543億円 6,600万円 36位
味の素 982万円 1兆1,274億円 7,233万円 24位
キッコーマン(HD) 808万円 4,306億円 3,360万円 100位圏外
日清食品ホールディングス 790万円 5,244億円 1億8,666万円 56位
ヤクルト本社 782万円 4,070億円 5,563万円 100位圏外

出典:有価証券報告書

味の素は、平均年収では1位、売上高が2位、一人当たりの役員報酬は2位でした。

明治ホールディングスやキッコーマン、日清ホールディングスは持株会社です。一方で味の素は事業会社。味の素は、社員数の多い事業会社でありながら持株会社の平均年収を超えてきているため、実質的にも年収が非常に多く支給されている企業だといえます。

味の素に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
24位
※doda

味の素への転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、志望している方は、事前準備が重要になります。

味の素に転職するために知っておくべきこと

味の素に転職するために知っておくべきことは、2つあります。

  1. 公開求人での採用は不定期
  2. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.公開求人での採用は不定期

味の素は、通年採用しておらず、不定期に公開求人での採用を行います。基本的に、年度事業計画や半期事業計画が策定される2〜3月や7〜8月に採用活動が行われることが多いです。味の素への転職に興味のある方は、常に味の素の採用ページをチェックしておくことが必要です。

一方で、これはあくまで公開求人の話し。企業は、公開求人だけでなく非公開求人を転職エージェントに掲載している可能性があります。

2.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

味の素は、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。味の素のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

味の素の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、味の素の求人紹介はもちろん、味の素から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

味の素の平均年収は982万円ということがわかりました。大手食品メーカーの中ではトップの年収です。持株会社(HD)ではなく、従業員数3,000人以上の事業会社でこの水準の年収は、日本の中でもトップクラスの企業です。

■まとめ

・味の素の平均年伊賀市日本収

982万円

・味の素の職種ごとの平均年収

総合職(事務系・デザイン系):800万円(推定)

総合職(技術系):800万円(推定)

生産技術職:650万円(推定)

美容職:600万円(推定)

・味の素の年齢別平均年収

50代:1,200万円〜(推定)

40代:1,000万円〜1,150万円(推定)

30代:800万円〜900万円(推定)

20代:500万円〜700万円(推定)

・味の素の役職別平均年収

部長クラス:1,200万円〜(推定)

課長クラス:1,000〜1,200万円(推定)

主任クラス:700〜850万円(推定)

メンバークラス:450〜600万円(推定)

・味の素に転職するために知っておくべきこと

①公開求人での採用は不定期

②非公開求人を保有する転職エージェントを利用する