ナイキジャパンの平均年収はいくら?【役職・職種別から働く環境まで】

ナイキジャパンの平均年収

世界最大のスポーツメーカーの一つ、ナイキジャパンの平均年収は752万円(推定)です。この記事では、そんなナイキジャパンの年収や働く環境について解説します。

ナイキジャパンの平均年収

平均年収
752万円
※口コミサイト
月収
50.1万円
※平均年収から算出

ナイキジャパンの平均年収は752万円(推定)です。日本国民の平均年収は432万円(国税庁の民間給与実態調査)なので、比較するとナイキジャパンの年収は約2倍。非常に高いことがわかります。

  • ナイキジャパン:752万円(推定)
  • 平均年収:432万円

ナイキジャパンは日本で上場しておらず、正確な平均年収は公表されていません。そのため、上記の数値は2020年2月時点での口コミサイトで集計された平均年収です。(参考口コミ数が少ないため、あくまでも参考値としてご確認ください)

ナイキジャパンってどんな企業?

ナイキジャパンは、米国に本社を置く「ナイキ」の日本支社です。

元々は日本の「オニツカタイガー」の輸入販売をする企業として1964年に設立されました。しかし、オニツカとのトラブルが重なったことに加え、日本の総合商社である日商岩井(現:双日)から融資を得たこともあり、自社でシューズを生産することになりました。

日本では1977年から商品を流通し、1981年にナイキジャパンが設立されました。

ナイキジャパンの役職別の平均年収【年収1,000万円は可能?】

ナイキジャパンのロゴ

口コミからナイキジャパンの役職別の平均年収をまとめました。ナイキジャパンでは、部長クラス以上で年収1,000万円を目指せます。

ナイキジャパンは成果主義の企業であるため、20代でも役職がつけばそのレベルの年収まで上がります。逆に、40代、50代でも役職がなければ年収は上がりません。

役職 平均年収
本部長クラス 1,000万円以上
部長クラス 800〜1,000万円
課長クラス 600〜800万円
ナイキジャパンには新卒で入社できる?

ナイキジャパンはほとんどが中途採用であり、新卒採用の規模は少ないです。「新卒採用」としては募集しておらず、まずはインターンに参加することが必須になります。インターンの期間中に認められれば、そのまま入社することも可能です。

ナイキジャパンの職種別の平均年収

口コミを参考に、ナイキジャパンの職種別の平均年収をまとめました。本社勤務となる営業系、企画・事務・管理系、運輸・物流・設備系の平均年収は高い傾向にあります。

一方、ナイキショップでの販売職になると、本社勤務職と比べると年収は下がります。しかし、500万円以上はあるため、一般的な企業と比較すると平均年収は高いです。

役職 平均年収
営業系 765万円
企画・事務・管理系 850万円
販売・サービス系 500万円
運輸・物流・設備系 800万円

ナイキジャパンの働く環境・福利厚生

ナイキジャパンの働く環境

ナイキジャパンは、働きやすい環境作りや福利厚生に力を入れています。

社内は外資系らしくお洒落で開放感のある作りになっており、カフェのような環境で働けます。また、フィットネスセンターが完備されているため、気分転換に運動することも可能です。

ワークライフバランスもとても重視しており、海外の企業らしく、長期休暇が取れたり、夏の間は業務時間が短縮されます。その他、ナイキ商品の割引や、医療給付などが充実しています。

ナイキジャパンに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
115位
※doda

ナイキジャパンの転職難易度は高いです。2019年度の「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では115位でした。2018年度では69位だったため、1年間で人気は下がっています。

一方、ナイキジャパンはレベルの高い人材を求める上に、スポーツ業界を目指す方には根強い人気があるため、競争率も高く、転職難易度は非常に高いです。ナイキジャパンに興味のある方は、転職エージェントなどで綿密な対策を行う必要があります。

ナイキジャパンに転職するために知っておくべきこと

ナイキジャパンに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. ビジネスレベルの英語能力が必須
  2. すべての求人が即戦力採用
  3. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.ビジネスレベルの英語能力が必須

ナイキジャパンは常に多数の求人を募集しています。その全ての求人で、ビジネスレベルの英語力が必須です。グローバル企業であり、社内でも日常的に英語が使われるため、英語能力がなければ仕事はできません。

そもそも、中途採用ページが全て英語になります。最低でも、求人情報を問題なくスラスラ読める英語力がなければ、採用は難しい上、入社後の業務に支障がでます。

2. 高いレベルの金融関連スキル・数学的知識が必須

ナイキジャパンの中途採用は、すべて即戦力採用です。そのため、応募する職種に関する高いレベルのスキルや知識、経験、実績が求められます。

詳しくは、採用ページでそれぞれの求人をチェックしてみてください。

3.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

ナイキジャパンは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。ナイキジャパンのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

ナイキジャパンの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、ナイキジャパンの求人紹介はもちろん、ナイキジャパンから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

ナイキジャパンの平均年収は推定752万円でした。

ナイキジャパンは、常に採用活動を行っています。一方で、非常に高いレベルのスキルが求められる上に、競争率も高く、転職エージェントなどで対策を練ることをおすすめします。

■まとめ

・ナイキジャパンの平均年収

752万円(推定)

・ナイキジャパンの役職別の平均年収

本部長クラス:1,000万円以上

部長クラス:800〜1,000万円

課長クラス:600〜800万円

・ナイキジャパンに転職するために知っておくべきこと

①ビジネスレベルの英語能力が必須

②すべての求人が即戦力採用

③非公開求人を保有する転職エージェントを利用する