ケネディクスの平均年収はいくら?【役員・新卒の年収も解説】

ケネディクスの平均年収

日本最大規模の不動産アセットマネジメント会社のひとつ、ケネディクスの平均年収は1,140万円です。このページでは、そんなケネディクスの年収を「年度別」「役員」で詳しく解説します。

ケネディクスの平均年収

平均年収
1,140万円
※有価証券報告書
月収
76万円
※平均年収から算出

ケネディクスの平均年収は1,140万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、ケネディクスの平均年収は約2.6倍ということがわかります。圧倒的な高年収企業です。

  • ケネディクス:1,140万円
  • 平均年収:432万円

ケネディクスの平均年収の推移

ケネディクスの最新の有価証券報告書を見ると、年々右肩上がりに年収が増加していることがわかります。2015年に大台の1,000万円を超えてからも、着実に給与は増加している状況です。

2016年以降、従業員数が少なくなっている理由は、事業の一部を子会社化(簡易吸収分割)したことにより、一部社員がその子会社へ出向したことが原因です。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,140万円 40.9 6.4 66
2017年 1,107万円 41.1 6.3 96
2016年 1,099万円 41 5.9 106
2015年 1,066万円 40.49 5.02 108
2014年 939万円 41.07 5.12 110
2013年 889万円 40.4 5.6 108

出典:有価証券報告書

ケネディクスの役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度にケネディクス が支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(6名):5億4,800万円(一人当たり約9,100万円)
  • 監査役の役員報酬総額(3名):2,400万円(一人当たり約800万円)
  • 社外役員の報酬総額(7名):4,400万円(一人当たり約600万円)

また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。ケネディクス の場合は下記の通りです。

  • 宮島大祐氏(代表取締役社長):2億6,700万円
  • 川島敦氏(取締役会長):1億500万円

ケネディクスの新卒の年収

ケネディクスの初任給は、学歴ごとに異なります。

  • 大卒:218,750円
  • 修士卒:236,250円

この金額に、手当や残業代、年2回の賞与を加えると、新卒の年収は400〜500万円程度だと推定できます。

職種はアクイジョン(投資用不動産取得)、アセットマネジメント(不動産の資産管理)、その他管理部門の3つに分かれますが、新卒の給与はすべて同じです。毎年5名程度しか採用しない、狭き門の企業です。

ケネディクスの福利厚生

退職金、確定拠出年金、育児介護支援制度、会員制ホテル利用、定期健康診断、ストレスチェック、東京不動産業健康保険組合各種サービス、資格取得支援制度、英語研修、海外研修制度(米国)、海外留学制度(MBA取得)など

ケネディクスの業務内容

ケネディクスのロゴ

ケネディクスとは、1995年に設立された独立系不動産アセットマネジメント会社です。日本の不動産市場において、約2兆円の受託資産残高を有している大手企業です。

年金基金などの国内機関投資家や外資系投資家からの運用受託、中規模オフィス、賃貸住宅、ヘルスケア、ホテル、商業施設、物流施設などそれぞれを投資対象とするJ-REIT、大規模オフィス等を対象とする私募REITなど様々な領域で不動産ファンドビジネスを手掛けています。

ケネディクスの強みは、ファンド組成から出口まで、アセットマネジメントのワンストップ・サービスを提供できることです。グループ全体で様々な専門家やチームを抱えており、グループ全体で総合的なアセットマネジメントサービスを提供しています。

アセットマネジメントとは

アセットマネジメントとは、様々な資産の管理・運用を代行する業務のことです。特に、個人・企業の金融資産や不動産などのリスク資産管理を行います。

ケネディクスとは、不動産のアセットマネジメント企業なので、不動産に特化した資産管理・運用を行なっている企業です。

ケネディクスに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
圏外
※doda

ケネディクスの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では圏外ですが、不動産業界で最大規模の国内独立系アセットマネジメント会社であるため、一定層からの人気は高いです。また、選考基準も厳しいため、ケネディクスに転職したい方は綿密な対策を行う必要があります。

ケネディクスに転職するために知っておくべきこと

ケネディクスに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 基本的には即戦力採用のみを実施
  2. ケネディクスが求める人物像
  3. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.基本的には即戦力採用のみを実施

ケネディクスは、基本的に即戦力採用のみを実施しています。

不動産業界のアセットマネジメント企業であるため、業務内容は非常に高度で専門的なものになります。そのため、業界経験や職種経験がなければ、書類選考を通過することは難しいです。ケネディクスに転職したい方は、アセットマネジメント経験やプロパティマネジメントの経験を積む必要があります。

2.ケネディクスが求める人物像

ケネディクスは、求める人物像として下記の4点を上げています。

  • 行動する人
  • 考える人
  • 勉強する人
  • 共働する人

「行動する人」とは、スピードと柔軟性をもち、有言実行で自ら行動する人物を指しています。「考える人」とは、常に主体的に物事を捉え「責任自分論」の視点に立って思考する人物を指しています。

「勉強する人」とは、現状に満足することなく新たな「付加価値想像」に挑戦し続ける人物のことを指しています。「共働する人」とは、人を巻き込む力をもち、目的を達成する人物を指しています。

まとめると、高い成長意欲を持ち、常に自責で物事を捉え、主体的・自発的に業務を推進し、チームを巻き込んで行動することを求めています。面接の際には、これらの観点から自己分析を行い、自己アピールをすると効果的です。

3.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

ケネディクスは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。ケネディクスのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

ケネディクスの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、ケネディクスの求人紹介はもちろん、ケネディクスから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

ケネディクスの平均年収は1,140万円ということがわかりました。

ケネディクスは転職難易度が高く、公開求人が少ないため、転職エージェントなどで求人を探し、対策を行う必要があります。

■まとめ

・ケネディクスの平均年収

1,140万円

・ケネディクスの役員の平均年収

社内取締役の役員報酬総額(6名):5億4,800万円(一人当たり約9,100万円)

監査役の役員報酬総額(3名):2,400万円(一人当たり約800万円)

社外役員の報酬総額(7名):4,400万円(一人当たり約600万円)

宮島大祐氏(代表取締役社長):2億6,700万円

川島敦氏(取締役会長):1億500万円

・ケネディクスの新卒の年収

大卒:218,750円

修士卒:236,250円

年収:400〜500万円程度

・ケネディクスに転職するために知っておくべきこと

①基本的には即戦力採用のみを実施

②ケネディクスが求める人物像

③非公開求人を保有する転職エージェントを利用する