デンソーの平均年収はいくら?【役職別やグループ会社の年収も合わせて解説】

デンソーの平均年収

日本を代表する世界トップの自動車部品メーカー、デンソーの平均年収は816万円です。この記事では、そんなデンソーの年収を「年齢別」「職種別」「グループ会社ランキング」「競合他社比較」で詳しく解説します。

デンソーの平均年収

平均年収
816万円
※有価証券報告書
月収
54.4万円
※平均年収から算出

デンソーの平均年収は816万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、デンソーの平均年収は約1.8倍だということがわかります。

  • デンソーの平均年収:816万円
  • 平均年収:432万円

デンソーの平均年収の推移

デンソーの有価証券報告書を見ると、平均年収は800万円代前半を推移していることがわかります。2018年度に従業員数が一気に増えたのは、連結子会社であったアスモ株式会社を吸収合併したためです。

従業員数が4万5千人規模の企業で、平均年収が800万円を超えているのは驚異的です。全従業員の給与が非常に高いことを表しています。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 816万円 43.3 22.3 45,304
2017年 812万円 43.4 22.6 39,315
2016年 827万円 43.4 22.6 38,914
2015年 834万円 43.0 22.4 38,489
2014年 846万円 42.7 22.1 38,493
2013年 805万円 42.2 21.6 38,581

出典:有価証券報告書

デンソーの年齢別の平均年収

デンソーの年齢別の平均年収を表にまとめました。(口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

デンソーはいまだ年功序列が残っている企業。そのため、年齢を重ねれば年収も上がります。年収1,000万円に届くのは、昇進の速度や家族の有無(家族手当)にもよりますが、早ければ30代後半、遅くても40代中盤だと推定されます。

年齢 平均年収
50代 1,000万円〜1,500万円以上(推定)
40代 900万円〜1,300万円(推定)
30代 600万円〜900万円(推定)
20代 500万円〜600万円(推定)

デンソーの役職別の平均年収

デンソーの役職別平均年収を表にまとめました。(口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

デンソーでは、役職につくと大幅に年収が上がります。

役職 平均年収
部長クラス 1,500万円〜(推定)
課長クラス 1,200万円〜(推定)
係長クラス 900万円〜(推定)
メンバークラス 500万円〜800万円(推定)

デンソーの役員の報酬

有価証券報告書によると、2018年度にデンソーが8名の社内取締役に対して支払った役員報酬の総額は4億6,000万円でした。

また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。デンソーの場合は下記の通りです。(役職は2018年度当時のものです)

・有馬浩二氏(取締役社長):1億2,800万円

デンソーの職種別の平均年収

デンソーの給与体系は、「技術系・事務系総合職」、「実務職」、「生産関係職」でそれぞれ分かれています。

技術系・事務系総合職:平均年収900万円以上

技術系・事務系総合職は、将来の幹部候補として育成されるため、昇給・昇格スピードが早いです。一番高額な給与を貰えます。

実務職:平均年収600万円以上

実務職は、いわゆる「一般職」と「専門職」を合わせた職種です。一般事務から技術職のアシスタント、秘書業務などがあります。

生産関係職:平均年収700万円以上

生産関係職は、製造現場の改善を担う職種です。入社後数年間は生産現場で働き、その後は生産工程の安全・環境品質、コストに関わる改善業務などの上流部分を担当します。

デンソーの学歴別の平均年収

デンソーの学歴別の初任給は下記の通りです。職種によって月給が数万円違います。

■総合職(月給)

・博士了:26万3,000円

・修士了:22万9,000円

・大卒、高専卒(専攻科):20万7,000円

■実務職(月給)

・四大卒:18万7,000円

・短大卒:16万7,000円

■生産関係職(月給)

・大卒:19万2,000円

デンソーグループ企業の平気年収ランキング

デンソーグループのロゴ

デンソーグループの中から、主要7社の平均年収をランキングにまとめました。

No. 社名 平均年収
1 デンソー 816万円
2 デンソーウェーブ 630万円(推定)
3 デンソーエアシステムズ 620万円(推定)
4 デンソーテン 600万円(推定)
5 デンソーダイシン 520万円(推定)
6 デンソーテクノ 500万円(推定)
6 デンソーソリューション(旧デンソーセールス) 500万円(推定)

1.デンソー

デンソーのロゴ

デンソーの平均年収は816万円です。

デンソーは、日本を代表する世界トップの自動車部品メーカーです。元々はトヨタ自動車の開発部門でしたが、1949年に独立する形で設立しました。現在はトヨタグループの中核企業となっています。

世界で活躍しており、海外勤務者が総合商社より多いことでも有名です。グローバルに活躍したい人にはおすすめの企業です。

2.デンソーウェーブ

デンソーウェーブのロゴ

デンソーウェーブの平均年収は約630万円です。

デンソーウェーブは、産業用機器を製造するメーカーです。AUTO-ID事業、ロボット事業、制御機器事業、システムソリューション事業の4つの分野を展開しています。

3.デンソーエアシステムズ

デンソーエアシステムズの平均年収は約620万円です。

デンソーエアシステムズは、自動車エアコン部品メーカーです。あらゆる環境でも稼働する世界トップレベルの製品を開発・製造しており、グローバル展開も行なっています。

4.デンソーテン

デンソーテンのロゴ

デンソーテンの平均年収は約600万円です。

デンソーテンは、カーナビやカーオーディオなどの自動車用向け機器の開発・生産・販売を行なっている企業です。コネクティッド事業、CI事業、AE事業の3つの事業を展開しています。

5.デンソーダイシン

デンソーダイシンのロゴ

デンソーダイシンの平均年収は約520万円です。

デンソーダイシンは、自動車のエンジン備品などの設計・開発を行う企業です。ここ数年で新工場を2つ建設するなど、勢いのある企業です。

6.デンソーテクノ

デンソーテクノの平均年収は約500万円です。

デンソーテクノは、自動車用部品を中心とした機器・ソフトウェアの設計、開発を担う企業です。主にパワトレインや半導体関連、走行安全関連などの製品を扱っています。

6.デンソーソリューション(旧デンソーセールス)

デンソーソリューションの平均年収は約500万円です。

デンソーソリューションはデンソーグループの製品の販売やサービスの提供を行なっている企業です。2019年に「デンソーセールス」から現社名に変更になりました。

デンソーと競合他社の平均年収を比較

日本の上場している自動車部品メーカーで平均年収を比較してみました。

デンソーの平均年収は1位です。

企業名 平均年収 売上高(単体) 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング
デンソー 816万円 2兆8,611億円 1億6,211万円 9位
日本精工 775万円 4,935億円 900万円 19位
アイシン精機 749万円 8,732億円 約4,635万円 26位
NTN 731万円 3,471億円 約2,566万円 96位
ジェイテクト 712万円 6,699億円 約4,358万円 74位

出典:有価証券報告書

デンソーは、平均年収、売上高、一人当たりの役員報酬と、全ての項目で1位でした。特に売上高においては、他社を圧倒的に引き離しています。デンソーは世界トップシェアの製品を数多く有しているため、今後ともトップを独走していくと予想できます。

平均年収が800万円代なのはデンソーだけで、他の企業の年収は700万円代でした。

デンソーに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
32位
※doda

デンソーの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、デンソーを志望している方は、事前準備が重要になります。

デンソーに転職するために知っておくべきこと

デンソーに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. キャリア登録システム
  2. 常時100件以上の求人を掲載
  3. 転職エージェントを利用する

1.キャリア登録システム

デンソーには、「キャリア登録システム」が存在します。デンソーの採用ページで自身のキャリアを登録しておくと、デンソーの採用担当者があなたのキャリアを閲覧します。そして、「この人と会いたい」と採用担当者が思えば、面接へのオファーメッセージが届きます。

一般公開されている求人の中に興味のあるものや、自身の経験とマッチするものがなかった場合でも、キャリアを登録しておけば、非公開求人の打診を行ってくれる可能性があります。したがって、デンソーに興味を持っている方は、必ずデンソーのキャリア登録システムを活用しましょう。

2.常時100件以上の求人を掲載

デンソーは通年採用を行なっており、常時100件以上の求人を掲載しています。

その内9割が技術系職であり、事務系職は1割程度です。

技術系職種においては、業界経験は不問なことが多いですが、その職種ごとの専門性の高い経験・スキルが必須要件になっています。技術系職種においても英語力は求められますが、ビジネスレベルに達していなくても問題ない場合が多いです。

事務系職種においては、事務系職種の経験だけでなく、職種に必要な技術に関する経験や知見が求められることが多いです。技術系職種よりも、業界経験などが重視されやすくなっています。

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

デンソーの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、デンソーの求人紹介はもちろん、デンソーから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、デンソーは転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。デンソーのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

デンソーの平均年収は816万円ということがわかりました。

デンソーは世界トップレベルの企業であり、非常に安定しています。中途採用も通年で行なっているため、デンソーに転職したい方は、転職エージェントなどで対策をして応募することをおすすめします。

■まとめ

・デンソーの平均年収

816万円

・平均年収ランキング(2017年度)

288位

・デンソーの年齢別の平均年収
50代:1,000万円〜1,500万円以上(推定)

40代:900万円〜1,300万円(推定)

30代:600万円〜900万円(推定)

20代:500万円〜600万円(推定)

・デンソーの役職別平均年収

部長クラス:1,500万円〜(推定)

課長クラス:1,200万円〜(推定)

係長クラス:900万円〜(推定)

メンバークラス:500万円〜800万円(推定)

・デンソーの役員の年収

役員報酬総額:4億6,000万円

有馬浩二氏(取締役社長):1億2,800万円

・デンソーの職種別平均年収

技術系・事務系総合職:平均年収900万円以上(推定)

実務職:平均年収600万円以上(推定)

生産関係職:平均年収700万円以上(推定)

・デンソー子会社の平均年収

デンソー:816万円

デンソーウェーブ:630万円(推定)

デンソーエアシステム:620万円(推定)

デンソーテン:600万円(推定)

デンソーダイシン:520万円(推定)

デンソーテクノ:500万円(推定)

デンソーソリューション(旧デンソーセールス):500万円(推定)

・デンソーに転職するために知っておくべきこと

①キャリア登録システム

②常時100件以上の求人を掲載

③転職エージェントを利用する