21歳の平均年収と年収中央値はいくら?【高卒の場合も解説】

21歳の平均年収と年収中央値

21歳の平均年収は277万円です。(男性は年収302万円、女性は258万円)

この記事では、「学歴別の平均年収」や「業種別の平均年収」についても解説しています。また、「21歳の年収中央値」についても触れているので、自分の年収とぜひ比較してみてください。

21歳の平均年収

先述したとおり、21歳の平均年収は277万円です。

男女別で見ると、男性の平均年収は302万円、女性の平均年収は258万円となっています。男女で約40万円の差があることになります。

全体の平均年収:277万円

男性の平均年収:302万円

女性の平均年収:258万円

20代全体の平均年収を見ると、男性は27歳で400万円台に乗り、女性は20代で400万円台には達していません。

年齢
全体の平均年収 男性の平均年収 女性の平均年収
20歳 279万円 300万円 263万円
21歳 277万円 302万円 258万円
22歳 280万円 293万円 268万円
23歳 294万円 309万円 279万円
24歳 322万円 339万円 305万円
25歳 344万円 362万円 324万円
26歳 363万円 384万円 339万円
27歳 378万円 401万円 348万円
28歳 390万円 415万円 354万円
29歳 402万円 427万円 361万円

出典:doda

21歳の業種別の平均年収

次に、21歳の業種別の平均年収を見ていきましょう。ここでは、国税庁が公表している『民間給与実態統計調査(平成30年度)』を参照します。

1位:電気・ガス・熱供給・水道業

2位:金融業、保険業

3位:建設業

順位 業種 平均年収(万円) 給与所得者(人)
1 電気・ガス・熱供給・水道業 394 8,577
2 金融業、保険業 352 54,452
3 建設業 342 139,680
4 情報通信業 342 68,702
5 製造業 328 453,249
6 医療、福祉 316 304,126
7 運輸業、郵便業 313 105,411
8 複合サービス事業 298 24,339
9 不動産業、物品賃貸業 295 31,083
10 学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業 280 88,881
11 サービス業 244 319,162
12 農林水産・鉱業 231 24,075
13 卸売業、小売業 208 465,159
14 宿泊業、飲食サービス業 143 290,972

※民間給与実態統計調査は、5歳区切りのデータになっているので20〜24歳のデータを参照しています

21歳の学歴別の平均年収

21歳の学歴別の平均年収を見ていきましょう。

大卒・院卒:-

高専・短大卒:305万円

高卒:287.3万円

21歳で大学は卒業できないので、「大卒・院卒」のデータはありません。学歴別に比較しやすいように、20代全体の平均年収を割り出しました。

20代の学歴別の平均年収は下記のとおりです。「大卒・院卒」と「高卒」の差は約70万円あります。

大卒・院卒:370.9万円

高専・短大卒:329万円

高卒:305.3万円

年齢 大卒・院卒の
平均年収
高専・短大卒の
平均年収
高卒の
平均年収
20代 370.9万円 329.0万円 305.3万円
20歳 295.7万円 278.6万円
21歳 305万円 287.3万円
22歳 337.1万円 311.6万円 290.3万円
23歳 350.7万円 319.7万円 296.1万円
24歳 360.9万円 326.8万円 301万円
25歳 366.7万円 331.9万円 312.1万円
26歳 372.5万円 342.3万円 315.2万円
27歳 380.2万円 346.1万円 318.7万円
28歳 395.5万円 352万円 325.1万円
29歳 403.2万円 358.9万円 328.3万円

参考:賃金構造基本統計調査(平成30年度)

学歴で初任給はいくら違う?

学歴別で初任給はいくら違うのでしょうか?

院卒:23.9万円

大卒:20.7万円

高専・短大卒:18.1万円

高卒:16.5万円

上記の通り、大卒と高卒では金額が大きく違います。「院卒」と「大卒」は、初任給でも20万円は超えてきます。

一方、「高専・短大卒」「高卒」は、会社によっても異なりますが、初任給20万円弱のスタートが多いようです。

院卒の初任給 大卒の初任給 高専・短大卒の初任給 高卒の初任給
23.9万円 20.7万円 18.1万円 16.5万円

出典:賃金構造基本統計調査(平成30年度)

21歳の年収中央値

21歳の年収中央値は230万円です。男女別で見ると、男性の年収中央値は240万円、女性の年収中央値は230万円となっています。

全体の年収中央値:230万円

男性の年収中央値:240万円

女性の年収中央値:230万円

年収中央値とは?

年収中央値とは、「年収データを高い順、または低い順に並べたときの真ん中の値のこと」です。例えば、100人を対象に年収を聞いた際に、年収順位がちょうど真ん中の人、つまり50位の人の年収が年収中央値ということになります。つまり、100位(貧しい)→50位(中央値)→1位(お金持ち)となります。

参考:年収中央値とは?【平均年収との違いをわかりやすく解説】

年齢 全体の年収中央値 男性の年収中央値 女性の年収中央値
20歳 220万円 240万円 216万円
21歳 230万円 240万円 230万円
22歳 250万円 250万円 243万円
23歳 260万円 280万円 250万円
24歳 300万円 300万円 280万円
25歳 300万円 320万円 300万円
26歳 330万円 350万円 300万円
27歳 350万円 360万円 320万円
28歳 360万円 383万円 330万円
29歳 380万円 400万円 350万円
30歳 400万円 400万円 350万円

年齢 全体の年収中央値 男性の年収中央値 女性の年収中央値
31歳 400万円 420万円 347万円
32歳 400万円 430万円 350万円
33歳 410万円 440万円 351万円
34歳 430万円 450万円 350万円
35歳 450万円 480万円 360万円
36歳 450万円 500万円 360万円
37歳 460万円 500万円 370万円
38歳 480万円 500万円 360万円
39歳 500万円 504万円 400万円
40歳 500万円 530万円 400万円
41歳 510万円 550万円 400万円
42歳 550万円 580万円 400万円
43歳 550万円 580万円 400万円
44歳 550万円 600万円 400万円
45歳 575万円 600万円 400万円
46歳 600万円 600万円 420万円
47歳 600万円 650万円 470万円
48歳 600万円 650万円 400万円
49歳 650万円 651万円 430万円
50歳 650万円 700万円 450万円
51歳 625万円 650万円 402万円
52歳 700万円 700万円 400万円
53歳 700万円 720万円 400万円
54歳 700万円 730万円 450万円
55歳 750万円 780万円 380万円
56歳 700万円 720万円 375万円
57歳 760万円 775万円 475万円
58歳 800万円 800万円 350万円
59歳 737.5万円 750万円 551万円

出典:doda

20代の年収分布

20代の年収分布を見ると、3つの特徴がわかります。

  • 20代の31.9%(3人に1人)が年収300万円以下
  • 20代の70.4%(10人に7人)が年収400万円以下
  • 20代で年収500万円以上は10.2%だけ

年収400万円以下の割合が圧倒的ですね。30代、40代になると、高年収の人が増えてくるので、年収分布も変化していきます。

20代の年収分布
〜300万円 31.9%
300〜400万円 38.5%
400〜500万円 19.4%
500〜600万円 6.9%
600〜700万円 2.1%
700〜800万円 0.6%
800〜900万円 0.3%
900〜1000万円 0.1%
1000万円〜 0.2%

出典:doda

20代は年収アップの可能性大

転職エージェント

20代の方で年収が低いと悩んでいる方は、多いと思います。転職エージェントの経験から言うと、20代は年収アップの可能性が高いです。

転職サイトに登録すればわかりますが、20代向けの求人は数え切れないほど掲載されています。そのため、予想以上の年収でオファーを頂くことはザラにあります。

では、なぜ20代向けの求人が多いのか?その理由は3つあります。

  1. ポテンシャル採用
  2. カルチャーに染まっていない
  3. 経験・スキルがあること

1.ポテンシャル採用

多くの企業がポテンシャル採用を積極的に行っています。経験・スキルを重視するのではなく、今後の成長に期待して採用する。それがポテンシャル採用です。

どこの企業も人材不足が深刻なので、人柄や成長の伸びしろを重視しった採用を行っています。その結果、経験・スキルが乏しくても、年収アップすることはよくあります。

2.カルチャーに染まっていない

20代の若手層は、企業のカルチャーに染まりきっておらず、転職先の新しい環境にもすぐに馴染むことができます。

30代・40代になると、今までの働き方や会社のカルチャーに染まってしまい、新しい環境に馴染むことができず、すぐに転職してしまうこともあります。

3.経験・スキルがあること

20代の若手層は、ある程度の経験・スキルがあり即戦力として期待されます。新卒社員とは異なり、社会人のビジネスマナーを一から教える必要がありません。

つまり、企業からすると教育コストをかける必要がないので、メリットが多いのです。

21歳で年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

21歳で年収アップを目指している方におすすめしているのが、下記の転職サービスです。有名な転職サービスばかりなので、ハズれはありません。

元リクルートの転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント
2位:パソナキャリア
3位:doda

必須:リクナビNEXT

1位:リクルートエージェント

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクルートエージェント
対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー
・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

2位:パソナキャリア

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、人材派遣業界で2位のパソナが運営している転職エージェントです。顧客満足度が非常に高く、転職後の年収アップ率はなんと67.1%と驚異的な数値です。

手厚い転職サポートに定評があり、初めて転職される方は、ぜひ利用したい転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

パソナキャリアの評判と特徴を転職エージェントが解説

サービス名 パソナキャリア
対応地域 全国
探せる職種 営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設)
求人数 3万件以上
特徴 ・転職サポートの質が高い
・顧客満足度が高い
・25万人分の転職ノウハウを保有
・転職後年収アップ率が67.1%

3位:doda

【おすすめ度】★★★★☆(4.5)
【公式HP】https://doda.jp/

dodaは、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。2018年10月時点の会員数は約440万人で非常に人気の高いです。

転職者満足度は業界1位と言われるほど、ユーザーファーストの転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

dodaの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

サービス名 doda
対応地域 全国
探せる職種 営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員、SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア、建築/土木/不動産/プラント/設備、化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料、医療系専門職、クリエイティブ
求人数 10万件以上
特徴 ・転職者満足No.1
・転職ワンストップサービス
・スカウトメールが多い

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクナビNEXT
対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・約85%の求人がリクナビNEXT独自の求人
・毎週数千件の新着求人が掲載される
・スカウト機能をつかえる
・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実している
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

まとめ

21歳の平均年収は277万円でした。

平均年収は、「自分の年収が高いか?低いか?」の参考値になります。平均年収よりも低かった人は、年収アップに向けて転職活動や副業など、できることはたくさんあるので悲観する必要はありません。

①21歳の平均年収

・全体の平均年収:277万円

・男性の平均年収:302万円

・女性の平均年収:258万円

②21歳の学歴別の平均年収

・大卒・院卒:-

・高専・短大卒:305万円

・高卒:287.3万円

③21歳の年収中央値

・全体の年収中央値:230万円

・男性の年収中央値:240万円

・女性の年収中央値:230万円

④20代の年収分布

・〜300万円:31.9%

・300〜400万円:38.5%

・400〜500万円:19.4%

・500〜600万円:6.9%

・600〜700万円:2.1%

・700〜800万円:0.6%

・800〜900万円:0.3%

・900〜1000万円:0.1%

・1000万円〜:0.2%

⑤20代は年収アップの可能性大

・ポテンシャル採用
・カルチャーに染まっていない
・経験・スキルがあること