マツダの平均年収はいくら?【役員報酬や自動車メーカー平均年収ランキングについても解説】

マツダの平均年収

日本の主要自動車メーカーのひとつ、マツダの平均年収は676万円です。この記事では、そんなマツダの年収を「役職別」「年齢別」「競合他社比較」で詳しく解説します。

マツダの平均年収

平均年収
676万円
※有価証券報告書
月収
45万円
※平均年収から算出

マツダの平均年収は676万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、マツダの平均年収は約1.5倍だということがわかります。

  • マツダの平均年収:676万円
  • 平均年収:432万円

マツダの平均年収の推移

マツダの有価証券報告書を見ると、平均年収は600万円代後半を推移していることがわかります。基本給の変更があるという訳ではなく、業績連動の賞与が影響を与えていると推測できます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 676万円 41.1 16.4 22,354
2017年 680万円 41.0 16.3 21,927
2016年 684万円 40.9 16.2 21,400
2015年 681万円 40.5 16.0 20,849
2014年 670万円 40.4 16.0 20,491
2013年 629万円 40.5 16.1 20,473

出典:有価証券報告書

マツダの役職別の平均年収

マツダの役職別平均年収を表にまとめました。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

役職につくことができれば、大幅に基本給が上がります。マツダは年功序列がまだ残っており、年齢が上がると共に役職につくことができます。一方、課長クラス以上は実力がないとつけません。

役職 平均年収
部長クラス 1,000万円〜(推定)
課長クラス 900万円〜(推定)
係長クラス 700万円〜(推定)
メンバークラス 400万円〜500万円(推定)

マツダの役員の報酬

有価証券報告書によると、2018年度にマツダが社内取締役9名に支払った役員報酬の総額は、6億7,300万円でした。

また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。マツダの場合は下記の通りです。(役職は2018年度当時のものです)

・丸本明氏(代表取締役社長兼CEO):1億1,600万円

マツダの年齢別の平均年収

マツダの年齢別平均年収を算出しました。

マツダは、一定水準までは年齢とともに給与が上がっていきます。しかし、1,000万円以上の高年収帯に到達するためには、実力による昇進・昇給が必要になってきます。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計しました)

年齢 平均年収
50代 900万円〜1,000万円以上(推定)
40代 800万円〜900万円(推定)
30代 600万円〜800万円(推定)
20代 400万円〜550万円(推定)

自動車業界の平均年収ランキング【マツダの年収は低い?】

ここでは、マツダの年収を日本の主要自動車メーカー5社と比較しました。マツダの平均年収は5位です。

企業名 平均年収 売上高 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング
トヨタ 852万円 30兆2,256億円 1億4,961万円 2位
本田技研工業(ホンダ) 820万円 15兆8,886億円 9,814万円 15位
日産 815万円 11兆5,742億円 3億2,325万円 58位
スズキ 681万円 3兆8,714億円 6,833万円 100位圏外
マツダ 676万円 3兆5,646億円 7,488万円 37位
スバル 652万円 3兆1,605億円 4,688万円 100位圏外

出典:有価証券報告書

主要自動車メーカーの平均年収は、売上高と比例しています。ただし、売上高の差分ほど平均年収に乖離がある訳ではないです。特に、上位3社の平均年収に大きな差はありません。

売上高が3兆円代のスズキ、マツダ、スバルは平均年収が600万円代です。トヨタ、ホンダ、日産の3社とは大きな差があります。

マツダに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
37位
※doda

マツダの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、マツダを志望している方は、事前準備が重要になります。

マツダに転職するために知っておくべきこと

マツダに転職するために知っておくべきことは、2つあります。

  1. 通年採用を実施
  2. 転職エージェントを利用する

1.通年採用を実施

マツダは通年採用を実施しています。常時50件以上の求人が掲載されており、中途採用には非常に積極的です。どの職種も即戦力(若手〜中堅)・ハイクラスを対象としており、専門的な経験やスキルを求められます。

職種領域については下記の通りです。大半が技術系職種になります。

IT戦略/企画、IT(アプリ/インフラ)、デザイナー、研究開発、設計開発、品質保証、生産技術、プラント技術、経営企画、購買・調達、財務・経理、原価企画、生産管理・物流、カスタマーサービス

2.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

マツダの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、マツダの求人紹介はもちろん、マツダから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、マツダは転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。マツダのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

マツダの平均年収は676万円ということがわかりました。

トヨタ、ホンダ、日産と比べると低く見えますが、従業員数2万人以上の企業で平均年収が700万円近くあるため、社員全員が高い給与をもらっていると推定できます。

■まとめ

・マツダの平均年収

676万円

・マツダの年齢別の平均年収
50代:900万円〜1,000万円以上(推定)

40代:800万円〜900万円(推定)

30代:600万円〜800万円(推定)

20代:400万円〜550万円(推定)

・マツダの役職別平均年収

部長クラス:1,000万円〜(推定)

課長クラス:900万円〜(推定)

係長クラス:700万円〜(推定)

メンバークラス:400万円〜500万円(推定)

・マツダの役員の年収

役員報酬総額:6億7,300万円

丸本明氏(代表取締役社長兼CEO):1億1,600万円

・マツダに転職するために知っておくべきこと

①通年採用を実施

②転職エージェントを利用する