ウルトラファブリックス・ホールディングス(第一化成)の平均年収はいくら?

ウルトラファブリックス・ホールディングスの平均年収

ポリウレタンレザーの製造・販売を行う第一化成の親会社、ウルトラファブリックス・ホールディングスの平均年収は1,281万円です。このページでは、そんなウルトラファブリックス・ホールディングスの年収を「年度別」「役員」で詳しく解説します。

ウルトラファブリックス・ホールディングスとは

ウルトラファブリックス・ホールディングスのロゴ

ウルトラファブリックス・ホールディングスとは、ウルトラファブリックスグループを統括する純粋持株会社です。当グループは子会社4社で構成されており、ポリウレタンレザーの製造・販売を行なっています。

もともとは、事業会社の「第一化成」がグループの親会社でしたが、2017年に純粋持株会社のウルトラファブリックス・ホールディングスを設立されました。その後、「第一化成」は国内事業を行う子会社として展開しています。

今でも事業会社は「第一化成」ではありますが、現在、有価証券報告書を公開しているのはウルトラファブリックス・ホールディングスだけなので、このページではウルトラファブリックス・ホールディングスのデータを中心に扱います。

(第一化成の平均年収は2017年まで公表されていたため、2016年度以前の第一化成の平均年収を後述します。)

ウルトラファブリックス・ホールディングスの平均年収

平均年収
1,281万円
※有価証券報告書
月収
85.4万円
※平均年収から算出

ウルトラファブリックス・ホールディングスの平均年収は1,281万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、ウルトラファブリックス・ホールディングスの平均年収は約3倍ということがわかります。圧倒的な高年収企業です。

  • ウルトラファブリックス・ホールディングス:1,281万円
  • 平均年収:432万円

ウルトラファブリックス・ホールディングスの平均年収の推移

ウルトラファブリックス・ホールディングスの最新の有価証券報告書を見ると、平均年収が安定していないことがわかります。

ウルトラファブリックス・ホールディングスは2017年10月に設立された持株会社であり決算期が12月に設定されたことから、2017年度は実質2ヶ月間しかありませんでした。そのため、2017年度の数値はまだ体制が整っていないものであると推定できます。

2018年度移行は体制も整い、平均年収も大きく上がっています。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,281万円 50.5 0.7 4
2017年 312万円 47.9 0.2 2

出典:有価証券報告書

ウルトラファブリックス・ホールディングスの役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度にウルトラファブリックス・ホールディングスが支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(6名):1億180万円(一人当たり約1,600万円)
  • 監査委員の役員報酬総額(1名):465万円
  • 社外役員の報酬総額(3名):569万円(一人当たり約190万円)

第一化成の平均年収

第一化成のロゴ

ウルトラファブリックス・ホールディングスの子会社で、日本国内で唯一の事業会社、第一化成の平均年収を解説します。

第一化成は2017年まで上場していたため、2016年度以前の平均年収については公表されています。現在でも大きく変化している訳ではないと考えられるため、参考値としてご覧ください。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2016年 523万円 38.7 11.2 134
2015年 509万円 38.5 12.6 117
2014年 494万円 40.0 12.8 114
2013年 480万円 40.8 12.9 106
2012年 449万円 41.5 13.7 105
2011年 463万円 42.2 13.7 104

出典:有価証券報告書

第一化成の数年分の有価証券報告書を見ると、平均年収が右肩上がりに増加していることがわかります。ポリウレタンレザーの製造・販売というニッチな市場で大きなシェアを獲得しているため、安定的に成長している企業です。

様々な産業に利用されているため、今後とも安定的に業績を上げていくことが予想されます。

第一化成の新卒の年収

第一化成の新卒の初任給は、学歴によって差が生まれます。

  • 大学院卒:225,000円
  • 大学卒:213,000円
  • 短大卒:183,000円
  • 高校卒:170,000円

大卒新卒初任給の平均が約20万円なので、第一化成の新卒の初任給は平均的です。この金額に、賞与や手当、残業代などを含めると、年収は300〜350万円程度だと考えられます。

第一化成の福利厚生

従業員持株会制度、財形貯蓄制度、貸付金制度、確定拠出年金制度(日本版401k)、親睦会補助金制度、勤続表彰制度、功労表彰制度、サークル活動支援制度

第一化成に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
圏外
※doda

ウルトラファブリックス・ホールディングスは中途採用を行なっていません。そのため、ここではウルトラファブリックス・ホールディングスの主要子会社である第一化成について記載します。

第一化成の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では圏外ですが、様々な業界で使われるポリウレタンレザーの製造を展開しており、非常に安定的な優良企業であるため、人気があります。

第一化成に転職する際には、転職エージェントなどで対策を行う必要があります。

第一化成に転職するために知っておくべきこと

第一化成に転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 通年採用を実施(事務系)
  2. 通年採用を実施(生産スタッフ系)
  3. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.通年採用を実施(営業系)

第一化成は通年採用を実施しています。事務系から技術系まで様々な職種を募集しています。

事務系職種では、ルート営業、法人営業、海外営業、などを採用することが多いです。

海外営業職では、東南アジア、北米地域を中心とした環太平洋エリアの海外営業・国内の海外事業部への営業活動を行います。ビジネスレベルの英語能力が必須になりますが、海外営業の実務経験は求められていないことが多いです。

法人営業職では、主に地方での採用が多いです。メーカーを中心に、ルート営業を行いながら、新規顧客開拓も積極的に行います。また、将来的に転勤の可能性が高いです。こちらの職種も実務経験が必須ではないため、興味のある方は誰でもチャレンジすることができます。

第一化成の中途採用の条件

営業職:月給200,000円~300,000円
海外営業職:月給240,000円~350,000円

2.通年採用を実施(生産スタッフ系・契約社員)

第一化成は、生産スタッフ系の職種も頻繁に採用しています。

第一化成の生産スタッフは、主に工場の保安担当などが多いです。夜間の設備の点検や、運転中の設備の定期巡回や非常時対応などを行います。

注意点は、スタッフ系の職種は基本的に契約社員採用が多いということです。また、シフト制で夜間勤務も多いため、体力に自信のある方なら活躍できると考えられます。

第一化成の中途採用の条件

生産職:月給170,000円~240,000円

3.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

第一化成は、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。第一化成のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

第一化成の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、第一化成の求人紹介はもちろん、第一化成から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

ウルトラファブリックス・ホールディングスの平均年収は1,281万円ということがわかりました。

ウルトラファブリックス・ホールディングスは中途採用を行なっていませんが、中核企業の事業会社「第一化成」では中途採用が実施されています。

■まとめ

・ウルトラファブリックス・ホールディングスの平均年収

1,281万円

・ウルトラファブリックス・ホールディングスの役員の年収
社内取締役の役員報酬総額(6名):1億180万円(一人当たり約1,600万円)

監査委員の役員報酬総額(1名):465万円

社外役員の報酬総額(3名):569万円(一人当たり約190万円)

・第一化成の新卒の年収

大学院卒:225,000円

大学卒:213,000円

短大卒:183,000円

高校卒:170,000円

・第一化成に転職するために知っておくべきこと

①通年採用を実施(事務系)

②通年採用を実施(生産スタッフ系)

③非公開求人を保有する転職エージェントを利用する