JXTGエネルギーの平均年収はいくら?【JXTGホールディングスの年収も解説】

JXTGエネルギーの平均年収

ENEOSを運営している日本最大級の石油会社、JXTGエネルギーの平均年収は推定770万円です。このページでは、そんなJXTGエネルギーの年収や働く環境について解説します。

JXTGエネルギーの平均年収

平均年収
770万円
※口コミサイト
月収
51.3万円
※平均年収から算出

JXTGエネルギーの平均年収は推定770万円です。日本国民の平均年収は432万円(国税庁の民間給与実態調査)なので、比較するとJXTGエネルギーの年収は約2倍。非常に高いことがわかります。

  • JXTGエネルギー:770万円(推定)
  • 平均年収:432万円

JXTGエネルギーは上場しておらず、正確な平均年収は公表されていません。そのため、上記の数値は2020年3月時点での口コミサイトで集計された平均年収です。(参考口コミ数が少ないため、あくまでも参考値としてご確認ください)

JXTGエネルギーってどんな企業?

JXTGエネルギーは、ガソリンスタンドのENEOSなどを運営している企業です。2020年6月に社名が「ENEOS」に変更される予定です。

1988年に設立された日本石油会社を起源に持ちます。その後、企業再編などを経て、2010年に新日本石油株がジャパンエナジーと新日本石油精製を合併し、JX日鉱日石エネルギーに商号変更。そして、2017年に東燃ゼネラル石油と合併し、現在のJXTGエネルギーが誕生しました。

JXグループの中核企業として、石油精製から販売まで手がけています。その他、電力卸供給事業や電力小売事業、液化天然ガスや石炭の輸入販売などの事業も展開しています。

JXTGエネルギーの新卒の年収

JXTGエネルギーのロゴ

JXTGエネルギーの新卒の初任給は、学歴によって異なります。

  • 修士了:263,500円(月給)
  • 大学卒:246,400円(月給)

上記の初任給に諸手当、残業代、賞与などを加えると、総合職の場合、新卒の年収は400万円程度だと推定できます。日本の新卒の平均的な初任給が20万円程度、年収が300万円程度なので、JXTGエネルギーの新卒の年収は高い傾向にあることがわかります。

JXTGエネルギーの新卒採用は、事務系職種と技術系職種で採用ルートが分かれていますが、どちらの職種でも年収テーブルは同じなので、新卒の初任給や年収も変わりません。

JXTGエネルギーの福利厚生

JXTGエネルギーの福利厚生は非常に充実しています。具体的には下記の制度があります。

独身寮、社宅、社員食堂(昼食補助)、保養所、部活、健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険、財形住宅貯蓄、財形住宅融資、従業員持株会、団体扱い保険(生命保険、損害保険、医療保険等)、共済会、福利厚生代行サービス、定期健康診断、会社診療所の利用

【親会社】JXTGホールディングスの平均年収

JXTGホールディングスのロゴ

JXTGホールディングスの平均年収は1,204万円です。

JXTGホールディングスとは、子会社527社・持分法適用関連会社175社で構成されているJXグループを統括している持株会社。グループ全体でエネルギー事業、勤続事業、石油・天然ガス開発事業を展開しています。JXTGホールディングスはグループ全体の戦略立案・実行やコーポレートなどを担っています。

JXTGホールディングスの平均年収の推移

JXTGホールディングスの有価証券報告書を見ると、1,000万円代前半を推移していることがわかります。2016年度に現体制になったため、データは2016年度からのものしかありません。

ホールディングス企業であるため、従業員は少なく、年収の高い管理職が大半を占めています。そのため、必然的に平均年収が高い経口にあります。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,204万円 53歳2ヵ月 17年4ヵ月 110
2017年 1,212万円 44歳4ヵ月 19年2ヵ月 160
2016年 1,105万円 44歳8ヵ月 20年1ヵ月 108

出典:有価証券報告書

JXTGホールディングスの役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度にJXTGホールディングスが支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(10名):3億7,400万円(一人当たり約3,740万円)
  • 社内監査委員の役員報酬総額(2名):5,100万円(一人当たり約2,550万円)
  • 社外取締役の役員報酬総額(3名):3,200万円(一人当たり約1,060万円)
  • 社外監査委員の役員報酬総額(3名):3,000万円(一人当たり約1,000万円)

ちなみに、有価証券報告書には、連結報酬が1億円以上ある役員の個人名を公表しています。

  • 内田幸雄氏:1億300万円

JXTGエネルギーに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
圏外
※doda

JXTGエネルギーの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では圏外ですが、エネルギー業界で日本最大手の企業であるため、業界人気が高いです。そのため、JXTGエネルギーに転職したい方は、入念な対策を練る必要があります。

JXTGエネルギーに転職するために知っておくべきこと

JXTGエネルギーに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. JXTGエネルギーの求める人物像
  2. 公開求人での採用は不定期
  3. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.JXTGエネルギーの求める人物像

JXTGエネルギーは、求める人物像を「変革を実行していける人」と定義しています。エネルギー業界の事業環境は、常に世界中で大きく変化しています。そのため、環境の変化についていくだけでなく、自らで新しいものを創造していく力が求められます。

社会のニーズや事業環境の変化を察知して、向上心や広い視野を持ち、自走できる社員を求めているため、面接の際にはこのような観点から自己アピールする必要があります。

また、JXTGグループ全体の理念の深い理解が求められます。JXTGグループの使命は「地球の力を、社会の力に、そして人々の暮らしの力に。エネルギー・資源・素材における創造と革新を通じて、社会の発展と活力ある未来づくりに貢献します。」と設定しています。

そのための価値観として、「高い倫理観」、「安全・環境・健康」、「お客様本位」、「挑戦」、「向上心」を挙げています。これらの理念に通じる自己アピールも必要になります。

2.公開求人での採用は不定期

JXTGエネルギーは、通年採用しておらず、不定期に採用を行います。

採用が実施される時には、即戦力採用が基本になるため、業界経験・職種経験が求められることが多いです。一方で、これはあくまで公開求人の話し。企業は、公開求人だけでなく非公開求人を転職エージェントに掲載している可能性があります。

3.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

JXTGエネルギーは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。JXTGエネルギーのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

JXTGエネルギーの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、JXTGエネルギーの求人紹介はもちろん、JXTGエネルギーから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

JXTGエネルギーの平均年収は770万円ということがわかりました。

JXTGエネルギーは通年採用を実施しています。難易度が高いため、転職エージェントなどで入念な対策を行う必要があります。

■まとめ

・JXTGエネルギーの平均年収

770万円

・JXTGエネルギーの新卒の平均年収

修士了:263,500円(月給)

大学卒:246,400円(月給)

・JXTGホールディングスの平均年収

1,204万円

・JXTGホールディングスの役員の平均年収

社内取締役の役員報酬総額(10名):3億7,400万円(一人当たり約3,740万円)

社内監査委員の役員報酬総額(2名):5,100万円(一人当たり約2,550万円)

社外取締役の役員報酬総額(3名):3,200万円(一人当たり約1,060万円)

社外監査委員の役員報酬総額(3名):3,000万円(一人当たり約1,000万円)

内田幸雄氏:1億300万円

・JXTGエネルギーに転職するために知っておくべきこと

①JXTGエネルギーの求める人物像

②公開求人での採用は不定期

③非公開求人を保有する転職エージェントを利用する