仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?特徴や最高値について解説

コインチェック フォビジャパン

バイナンスコイン(BNB)とは

バイナンスコインとは、仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)によって2017年に発行された仮想通貨の1つです。

2021年2月時点における時価総額は約2兆円であり、全ての仮想通貨の中で7位に位置しています。また、仮想通貨取引所が発行した仮想通貨の中では、1番大きな時価総額を誇っています。

バイナンス(Binance)とは

バイナンスとは、中国に拠点を置く世界最大級の仮想通貨取引所です。2017年7月にジャオ・チャンポン(趙長鵬)によって、2017年7月に設立されました。

設立直後から仮想通貨バブルの波に乗って規模拡大していったことで、設立からたった3年強で世界最大級の仮想通貨取引所に成長しました。

バイナンスは仮想通貨の取扱種類が豊富で、150種類以上の仮想通貨を売買することができます。なお、日本最大級の取引所であるコインチェック(Coincheck)は15種類です。

バイナンスコイン(BNB)の特徴

バイナンスコインの特徴は以下の2点です。

  • 取引手数料が割引になる
  • イベントの参加権利に使える

取引手数料が割引になる

バイナンスコインを使うと、取引手数料が最大で半額になります

仮想通貨取引所のバイナンスでは、仮想通貨を売買する際に取引手数料がかかります。

この取引手数料は通常、ビットコインを売買したらビットコインで支払い、リップルを売買したらリップルで支払いといったように、売買している仮想通貨で支払いをします。

一方、バイナンスコインを保有していると、バイナンスコインを使って取引手数料を支払うことができ、さらに最大で半額のメリットが受けられます。

イベントの参加権利に使える

バイナンスコインは、イベントの参加権利にも使えます

イベントとは例えば、「仮想通貨の新規上場※」です。バイナンスコインを保有していると、仮想通貨が新規上場されるとき、購入権利の抽選に応募することができます。

※上場とは、仮想通貨が取引所で売買可能になること

バイナンスコイン(BNB)の最高値

バイナンスコインは2021年2月、過去最高値を更新しました。

もともとは2019年7月に記録した38.92ドルが過去最高値でしたが、2021年に入り価格が高騰し、2021年2月10日に144.81ドルを記録しました。

バイナンスコイン(BNB)の将来性

ビットコインが過去最高値を更新し、仮想通貨がより注目を集めています。

バイナンスコインは世界最大級の取引所であるバイナンスが発行しているため、今後の需要増大が期待され過去最高値を更新したところです。

今後も仮想通貨市場が盛り上がっていけば、引き続きバイナンスコインも成長していくことが見込まれています。