「指値注文」と「成行注文」についてわかりやすく解説

指値注文とは

指値注文とは、希望価格を指定して発注する注文方法のことです。買う場合でも売る場合でも使われる用語です。

例えば、「1ビットコインを500万円で買いたい」ときは「1ビットコイン・500万円・買い」の指値注文を出す、「1ビットコインを500万円で売りたい」ときは「1ビットコイン・500万円・売り」の指値注文を出す、となります。

指値注文の注意点

指値注文では、取引が成立しないこともあります。例えば、今の1ビットコインの価格が500万円なのに、「1ビットコイン・300万円・買い」の指値注文を出したとしても、当然ながら買うことはできません。

「価格はいくらでも良いから買いたい・売りたい」という場合には、後述の「成行注文」を利用するようにしましょう。

成行注文とは

成行注文とは、希望価格を指定せずに発注する注文方法のことです。こちらも、買う場合でも売る場合でも使われる用語です。

希望価格を指定しないので、注文を出した数量だけ必ず買う・売ることができます。

例えば、「1ビットコインを買いたい」ときは「1ビットコイン・買い」の成行注文を出す、「1ビットコインを売りたい」ときは「1ビットコイン・売り」の成行注文を出す、となります。

成行注文では、指値注文と異なり、取引が必ず成立します。そのため、今すぐにどうしても買いたい・売りたい場合には有効な注文方法です。

成行注文の注意点

成行注文では、不利な価格で注文が成立することがあります

成行注文は、価格を指定せずに「いくらでも良いから買う・売る」という注文なので、取引所に出ている注文量が少ないときには、不利な価格で成立してしまうことがあります。

例えば、今のビットコインの価格が500万円だとして、「1ビットコイン・600万円」の売り注文しかないときに、成行注文で買ってしまうと、600万円で買わされてしまいます。

そのため、成行注文を利用する際には、取引所の板の状況を見ながら使うことをおすすめします。