資生堂の平均年収はいくら?【同業他社に比べて低いって本当?】

資生堂の平均年収

日本を代表する化粧品メーカーである資生堂の平均年収は731万円です。この記事では、そんな資生堂の年収を「役職別」「年齢別」「競合他社比較」で詳しく解説します。

資生堂の平均年収

平均年収
731万円
※有価証券報告書
月収
48.7万円
※平均年収から算出

資生堂の平均年収は731万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、資生堂の平均年収は約1.6倍だということがわかります。

  • 資生堂の平均年収:731万円
  • 平均年収:432万円

資生堂の平均年収の推移

資生堂の有価証券報告書を見ると、年度によって平均年収にバラツキがあることがわかります。業績自体は2017年度以降大きく上がっているため、今後の平均年収の伸び率に期待ができます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 731万円 41.3 16.8 2,562
2017年 723万円 41.3 16.8 2,644
2016年 717万円 41.2 16.8 2,709
2015年 734万円 41.0 16.7 2,763
2014年 767万円 40.6 16.3 2,835

出典:有価証券報告書

資生堂の職種別の平均年収

資生堂の職種別平均年収を、独自に口コミを調査して集計しました。

総合職は事務・デザイン系と技術系で年収に大きな差はありません。一方で、生産技術職と美容職は給与体系も変わり、総合職に比べると低くなる傾向があると推定されます。

役職 平均年収
総合職(事務系・デザイン系) 800万円(推定)
総合職(技術系) 800万円(推定)
生産技術職 650万円(推定)
美容職 600万円(推定)

資生堂の年齢別の平均年収

資生堂の年齢別の平均年収を、独自に口コミを調査して集計しました。

1,000万円を超えるためには、出世レースに勝ち抜いていかなければ難しいと予測できます。

年齢 平均年収
50代 950万円〜(推定)
40代 800万円〜900万円(推定)
30代 600万円〜750万円(推定)
20代 450万円〜500万円(推定)

資生堂の役職別の年収

資生堂の役職別の平均年収を、独自に口コミを調査して集計しました。

課長クラス以上になると、年収が1,000万円を超えると推定されます。

役職 平均年収
部長クラス 1,200万円〜(推定)
課長クラス 1,000万円(推定)
係長クラス 700万円(推定)
メンバークラス 450万円〜500万円(推定)

資生堂の平均年収は低い?競合他社との比較

化粧品業界大手5社で平均年収を比較してみました。

結論から申し上げると、資生堂の平均年収は5社のうち一番平均年収が低いです。

企業名 平均年収 売上高 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング
コーセー 854万円 3,329億円 5,281万円 9位
マンダム 842万円 789億円 1億3,675万円 19位
花王 821万円 1兆5,080億円 1億500万円 26位
ポーラ・オルビスHD 817万円 2,485億円 3,733万円 96位
資生堂 731万円 1兆948億円 1億3,675万円 74位

出典:有価証券報告書

売上高で言うと、資生堂は花王に次いで2位です。しかし、花王は化粧品事業の他にもさまざまな事業を展開しているため、純粋な化粧品のみの売上高で考えると資生堂の売上が1位となります。

資生堂の平均年収には、年収が低めの美容職も含まれているため、少し下がっている傾向にあります。とはいえ、他の企業と比べて、平均年収は100万円近く低く、差は大きいです。

資生堂に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
21位
※doda

資生堂の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、資生堂を志望している方は、事前準備が重要になります。

資生堂に転職するために知っておくべきこと

資生堂の中途採用は3パターンあります。それぞれのポイントと、資生堂に転職するために有効な転職エージェントをご紹介いたします。

  1. 英語公用化
  2. グローバルキャリア採用について
  3. キャリア採用について
  4. 美容職採用について
  5. 転職エージェントを利用する

1.英語公用化

資生堂は、2015年10月以降、社内公用語が英語になりました。そのため、中途採用では基本的にビジネスレベルの英語力が求められます。日本国内勤務の求人においても、総合職や専門職の場合、求人募集要項自体が英語で記載されています。

資生堂の英語で記載された求人を理解できるかどうかで、資生堂に応募するべきかどうかを判断することをおすすめいたします。

2.グローバルキャリア採用について

資生堂には、グローバルキャリア採用があります。現在、資生堂の海外売上比率は、全体の売上高の半分を超えており、非常にグローバル展開が進んでいる企業です。

グローバルキャリア採用では、日本国内だけでなく、世界各国の勤務地に応募することができます。求人数も常時500件以上掲載されているため、海外で仕事をしたい方は資生堂のグローバルキャリア採用に応募するのも一つの手段です。

3.キャリア採用について

資生堂のキャリア採用とは、一般的な中途採用です。職種ごとの応募が基本ですが、総合職としての募集もあります。

専門職の場合、SCM領域、マーケティング領域、デジタルマーケティング領域、クリエイティブ領域、研究職、生産管理職、コーポレートスタッフの7部門あり、さらにそれぞれ細かく職種が分かれています。研究職以外はビジネスレベルの外国語、すべての職種で高い専門性が求められます。

4.美容職採用について

資生堂では、美容職(ビューティーコンサルタント)の中途採用も行なっています。美容職は、基本的には店舗での接客が中心になります。その他の職種に比べると、年収も下がります。

年に1〜2回大規模な採用が行われます。春頃に多いため、資生堂の美容職に興味のある方は、気をつけてチェックしておく必要があります。

5.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

資生堂の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、資生堂の求人紹介はもちろん、資生堂から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、資生堂は転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。資生堂のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

資生堂の平均年収は731万円ということがわかりました。大手化粧品業界の中では平均年収が一番低いです。しかし、売上高では2位であり、グローバル展開もされているため、企業の安定性は一番高いです。

■まとめ

・資生堂の平均年伊賀市日本収

731万円

・資生堂の職種ごとの平均年収

総合職(事務系・デザイン系):800万円(推定)

総合職(技術系):800万円(推定)

生産技術職:650万円(推定)

美容職:600万円(推定)

・資生堂の年齢別平均年収

50代:950万円〜(推定)

40代:800万円〜900万円(推定)

30代:600万円〜750万円(推定)

20代:450万円〜500万円(推定)

・資生堂の役職別平均年収

部長クラス:1,200万円〜(推定)

課長クラス:1,000万円(推定)

係長クラス:700万円(推定)

メンバークラス:450万円〜500万円(推定)

・資生堂に転職するために知っておくべきこと

①英語公用化

②グローバルキャリア採用について

③キャリア採用について

④美容職採用について

⑤転職エージェントを利用する