キーエンスの平均年収はいくら?【年収が高い理由も解説】

キーエンスの平均年収

日本を代表する高年収企業である、キーエンスの平均年収は2,110万円です。この記事では、そんなキーエンスの年収が高い理由や、「年齢別」「役職別」の平均年収を詳しく解説します。

キーエンスの平均年収

平均年収
2,110万円
※有価証券報告書
月収
140.6万円
※平均年収から算出

キーエンスの平均年収は2,110万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると平均年収は432万円なので、キーエンスの平均年収は約4.8倍ということがわかります。

  • キーエンスの平均年収:2,110万円
  • 平均年収:432万円

キーエンスの平均年収の推移

キーエンスの最新の有価証券報告書を見ると、2013年から2018年までで約700万円も平均年収が増加していることがわかります。現在では、従業員数2,000人以上の事業会社なのにも関わらず、平均年収が2,000万円を超えている無二の企業へと成長しています。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 2,110万円 35.8 12.1 2,388
2017年 2,088万円 35.9 12.2 2,253
2016年 1,861万円 36.1 12.4 2,121
2015年 1,756万円 35.3 11.7 2,160
2014年 1,648万円 35.6 11.8 1,988
2013年 1,440万円 34.8 11.1 2,038

出典:有価証券報告書

キーエンスの平均年収は何位?(2017年度)

キーエンスの平均年収ランキングは2位でした。平均年収が2,000万円を超えているのは、1位のM&Aキャピタルパートナーズとキーエンスの2社のみです。

ちなみに、その他の平均年収ランキングトップ100には、

  • M&A仲介会社
  • 投資会社
  • 商社
  • 放送会社のホールディングス
  • 金融系企業

などの業界に属する会社が連ねています。

順位 社名 平均年収 平均年齢 前年比
1 M&Aキャピタルパートナーズ 2,478 31.3 -516.7
2 キーエンス 2,110 35.8 22.2
3 GCA 2,063 37.9 504.3
4 三菱ケミカルHD 1,738 36.2 298.0
5 ヒューリック 1,636 39.8 105.4
6 三菱商事 1,607 42.5 66.8
7 東京放送HD 1,586 51.0 -46.2
8 ストライク 1,539 36.2 -237.3
9 伊藤忠商事 1,520 41.7 59.9
10 日本商業開発 1,501 41.7 132.5

順位 社名 平均年収 平均年齢 前年比
11 ソレイジア・ファーマ 1,460 48.4 -116.3
12 三井物産 1,430 42.2 10.1
13 スクウェア・エニックスHD 1,429 46.9 37.7
14 日本M&Aセンター 1,413 35.1 94.2
15 テレビ東京HD 1,411 47.6 19.5
16 フロンティア・マネジメント 1,398 38.5 113.9
17 住友商事 1,389 42.6 85.5
18 丸紅 1,389 41.9 67.2
19 テレビ朝日HD 1,387 42.7 10.7
20 野村HD 1,384 43.8 -71.2
21 日本テレビHD 1,372 48.8 -89.0
22 ファナック 1,364 40.8 17.0
23 ショーボンド 1,363 53.3 21.9
24 サンバイオ 1,359 42.5 341.1
25 東京海上HD 1,338 43.5 -51.7
26 RKB毎日HD 1,309 51.2 -6.1
27 三井住友トラストHD 1,303 50.1 -74.9
28 ウルトラファブリックスHD 1,281 50.5 969.1
29 東京エレクトロン 1,272 44.3 195.2
30 三井不動産 1,263 40.7 150.9
31 ソフトバンクグループ 1,253 41.5 95.3
32 朝日放送グループHD 1,251 50.2 -227.8
33 三菱地所 1,247 41.2 18.7
34 クリヤマHD 1,243 43.8 448.9
35 そーせいグループ 1,241 47.3 89.8
36 スカパーJSATHD 1,230 49.3 -17.3
37 野村総合研究所 1,221 40.3 55.7
38 SRAHD 1,205 57.8 -0.8
39 JXTGHD 1,204 43.2 -7.7
40 LIXILグループ 1,198 43.3 3.2
41 電通 1,179 40.7 -92.7
42 マーキュリアインベストメント 1,167 42.0 -655.0
フジ・メディアHD 1,167 46.5 49.9
シグマクシス 1,167 36.8 17.7
45 中部日本放送 1,165 49.5 -59.1
46 ジャフコ 1,161 43.8 -84.2
47 キリンHD 1,158 44.8 53.7
48 三井住友フィナンシャルグループ 1,155 39.3 -32.7
49 ユニデンHD 1,153 46.3 112.1
50 SOMPOHD 1,152 43.4 -20.8
51 ドリームインキュベータ 1,150 34.3 90.9
52 ケネディクス 1,140 40.9 32.8
53 双日 1,139 41.9 36.0
54 鹿島建設 1,138 44.2 36.0
55 レザーテック 1,137 42.7 24.6
56 クリエイトSDHD 1,117 51.0 36.6
57 東急不動産HD 1,113 44.1 -80.8
58 第四北越FG 1,108 48.3
59 ランドビジネス 1,101 47.3 66.7
60 エーザイ 1,099 45.2 54.5
61 三十三FG 1,098 46.2
62 第一三共 1,097 43.0 -6.0
豊田通商 1,097 41.9 45.2
64 武田薬品工業 1,094 41.5 55.2
65 アサヒグループHD 1,093 43.3 92.5
66 ジェイ エフ イーHD 1,090 44.2 148.4
67 バンダイナムコHD 1,083 46.6 -134.2
68 コンコルディアFG 1,080 47.4 3.6
69 EPSHD 1,078 54.2 250.1
70 シンバイオ製薬 1,076 48.9 -118.4
71 めぶきFG 1,071 48.0 -21.8
72 アステラス製薬 1,067 43.5 -7.7
73 三菱UFJフィナンシャル・グループ 1,067 42.1 5.6
アイ・アールジャパンHD 1,064 42.6 -33.2
75 博報堂DYHD 1,061 43.4 -23.7
76 サントリー 食品インターナショナル 1,061 40.2 -24.2
大和証券グループ本社 1,056 41.9 11.8
78 大塚HD 1,055 44.0 -21.3
じもとHD 1,054 59.8 275.8
80 オプトラン 1,053 39.1 -50.6
MS&ADインシュアランスグループHD 1,053 47.5 -47.2
82 大林組 1,052 42.5 6.5
83 WOWOW 1,051 41.4 32.6
大成建設 1,051 43.0 63.9
ソニー 1,051 42.4 37.3
86 岡三証券グループ 1,049 52.3 -129.8
87 日本オラクル 1,046 43.1 15.0
88 日本軽金属HD 1,044 53.1 1.5
89 T&DHD 1,038 46.8 19.0
九州FG 1,029 47.0 -85.6
91 三和HD 1,025 44.4 64.9
92 日本取引所グループ 1,023 45.1 9.4
93 野村不動産HD 1,022 39.2 8.7
94 アドバンテスト 1,020 43.4 128.0
95 東京きらぼしFG 1,019 44.7 26.7
96 清水建設 1,010 35.1 42.8
シーエス・ユアサ コーポレーション 1,010 41.6 -119.2
98 IJTT 1,006 42.3 10.7
99 OSJBHD 997 42.6 198.3
富士フイルムHD 997 39.6 26.3

出典:PRESIDENT Online

キーエンスの平均年収はなぜ高いのか?

キーエンスの平均年収が高い理由は、驚異的な営業利益にあります。キーエンスの営業利益は常に50%付近をキープしており、この数字は製造業・メーカーとしては圧倒的なものです。

営業利益が高いからこそ、キーエンスは高い給与を支払うことができています。それではなぜ、キーエンスはここまでの営業利益を叩き出せているのでしょうか。主に下記2点の理由があります。

  1. 「ファブレス経営」と「直接販売体制」
  2. 宣伝費がかからない

1.「ファブレス経営」と「直接販売体制」

キーエンスは、製造業・メーカーなのにも関わらず、自社で工場を保有していません。

キーエンスは、自社で工場を持たずに、外部に製造を委託する「ファブレス経営」を導入しています。工場を外部に委託することにより、自社では企画やマーケティング、コンサルティングに集中することができます。

キーエンスの他には、ファーストリテイリングや米アップルが導入している方式です。しかし、粗利益で見てみると、ファーストリテイリングは約50%、アップルは約40%に対し、キーエンスは約82%となっており、「ファブレス経営」だけが高利益を生み出す理由ではないことがわかります。

ここで、キーエンスの「直接販売体制」が重要になります。キーエンスは、代理店を通した販売をしていません。すべて自社で直接販売を行うため、代理店から中抜きされることなく、すべての利益を自社で得ることができます。

加えて、顧客とダイレクトに接することにより、データ収集を行うことができます。結果、常に、最新の顧客のニーズを掴んだ商品開発やマーケティングが可能になり、業績を伸ばすことができています。

2.宣伝費がかからない

キーエンスはBtoB事業を行なっているため、CMやブランディングにかかる費用がかかりません。そのため、メーカーなのにも関わらず販売費・一般管理費があまりかかりません。

人件費以外に経費がかからないため、その分給与に還元することが可能になっています。

「1兆円を超える資産規模」と「圧倒的な自己資本比率」

高い給与を支払うことができるその他の理由として、営業利益率が高いだけではなく、資金面でも非常に優れていることが挙げられます。

キーエンスの資産規模は1兆円を超えており、非常に潤沢なキャッシュを保有しています。そのため、資金力を活かした強気の経営が行えることに加え、従業員に大きな利益を還元することができています。

また、キーエンスは自己資本比率が94%あるため、経営基盤が非常に盤石です。株主に口を挟まれることなく、従業員に大きな利益を還元することが可能になっています。

キーエンスの年齢別の平均年収

キーエンスは「成果主義」の企業であるため、年齢と共に年収が上がる訳ではありません。20代であっても成果を出せば役職につくことができます。

一方、年齢が上がればその分成果を出しやすいこともあるため、年齢と平均年収はある程度比例すると考えられます。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計しました)

年齢 平均年収
50代 2,500万円〜(推定)
40代 2,300万円〜3,000万円(推定)
30代 1,800万円〜2,300万円(推定)
20代 1,500万円〜1,800万円(推定)

キーエンスの「成果主義」

キーエンスは徹底した成果主義を導入しています。ただし、キーエンスの「成果」とは、結果だけでなくプロセスも重視されます。

1分単位で記載する1日の報告書提出義務や、電話件数、アポイント件数なども厳しく管理されており、結果を上げていたとしてもプロセスが悪ければ評価されません。

キーエンスの役職別の平均年収

先述したとおり、キーエンスは年功序列ではなく「成果主義」の企業なので、年齢を重ねるのではなく成果を上げなければ役職につくことができません。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

役職 平均年収
部長クラス 3,000万円〜(推定)
課長クラス 2,500万円〜(推定)
主任クラス 2,000万円〜(推定)
メンバークラス 1,500万円〜(推定)

キーエンスの役員報酬

有価証券報告書によると、2018年度に日立製作所が社内取締役に支払った報酬総額は2億9,700万円でした。一人当たりで換算すると、社内取締役が8名なので約3,712万円となります。

「1日13時間勤務」「土日完全休み+大型連休」

キーエンスは、非常にメリハリのある企業です。平日は、朝7時〜8時出社となり、夜は20時〜21時30分まで働きます。労働時間は長いですが、その分、土日は完全に休みであり、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などは大型連休を取ることも可能です。

また、仕事は絶対に家に持ち帰ることができずに、残業も21時30分まで。勤務時間内の生産性を極限まで高め、その分、勤務時間外は仕事を一切しないという、メリハリを持った体制となっています。

キーエンスの関連会社の平均年収

キーエンス主要関連会社2社の平均年収も解説いたします。なお、データについてはindeedを参考に算出いたしました、

キーエンスソフトウェアの平均年収

キーエンスソフトウェアの平均年収は約690万円です。

キーエンスソフトウェアとは、キーエンスグループにおいてFA機器などの商品開発に携わっているソフトウェア部門の企業です。

キーエンスエンジニアリングの平均年収

キーエンスエンジニアリングの平均年収は約650万円です。

キーエンスエンジニアリングは、キーエンス製品の修理や解析、メンテナンス、製造などを行なっている企業です。

競合他社比較

大手電子部品メーカー7社の平均年収をまとめました。その他、売上高や一人当たりの社内役員報酬、転職人気ランキングなどのデータもまとめています。

企業名 平均年収 連結売上高 一人あたりの社内役員報酬 転職人気ランキング
キーエンス 2,110万円 5,870億9,500万円 約3,712万円 7位
日東電工 823万円 8,064億9,500万円 約9,466万円 圏外
オムロン 821万円 8,594億8,200万円 約1億4,000万円 98位
TDK 794万円 1兆3,818億600万円 約6,280万円 圏外
村田製作所 743万円 1兆5,750億2,600万円 約6,666万円 57位
京セラ 723万円 4兆8,639億8,700万円 約2,661万円 89位
日本電産 660万円 1兆5,183億2,000万円 約5,657万円 134位

出典:有価証券報告書

キーエンスの平均年収は、大手電子部品メーカーの中では圧倒的な差をつけて1位でした。

一方、売上高を見ると、キーエンスは他社と比べて1番低いです。いかにキーエンスが従業員へ利益を還元しているかがわかります。

キーエンスに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
ランキング
7位
※doda

キーエンスの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキングでも常に上位にランクインしており、キーエンスを志望している方は、事前準備が重要になります。

キーエンスに転職するために知っておくべきこと

キーエンスに転職をするために知っておくべきことは、2つあります。

  1. 技術職系職種が多い
  2. 転職エージェントを利用する

1.技術系職種が多い

キーエンスは通年で中途採用を行なっています。募集している職種は、基本的には技術系です。ソフトウェア開発やハードウェア開発などの専門的な経験やスキルを必要しています。

事務系職種も少ないながら募集されています。事務系職種では、マーケティング系とコーポレート系がメインです。マーケティング系では、ビッグデータ解析やプログラミング技術などの特別なスキルが求められています。

2.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

キーエンスの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、キーエンスの求人紹介はもちろん、キーエンスから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

加えて、キーエンスは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。キーエンスのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注します。

そのため、「一般公開されている求人は合わないな」と思っていたとしても、転職エージェントに行けば、あなたに合うキーエンスの求人が多数掲載されている可能性があります。

おすすめの転職サービス

転職人気企業ランキング【トップ100】

キーエンスは、転職人気企業ランキングで第7位です。常にトップ層に位置づけており、転職先として安定的な人気があります。その分、ライバルも多いので転職難易度は高いです。

順位 会社名
1 グーグル
2 トヨタ自動車
3 楽天
4 ソニー
5 アマゾンジャパン
6 全日本空輸
7 キーエンス
8 パナソニック
9 三菱商事
10 Apple Japan

順位 会社名
11 日本航空
12 リクルートホールディングス
13 サントリーホールディングス
14 ソフトバンク
15 本田技研工業(Honda)
16 ZOZO
17 東日本旅客鉄道(JR東日本)
18 ヤフー
19 伊藤忠商事
20 電通
21 資生堂
22 JTB
23 オリエンタルランド
24 味の素
25 日本マイクロソフト
26 三井物産
27 日立製作所
28 花王
29 東海旅客鉄道(JR東海)
30 任天堂
31 キャノン
32 デンソー
33 西日本電信電話(NTT西日本)
34 フジテレビジョン
35 三菱UFJ銀行
36 明治
37 マツダ
38 未来工業
39 日本アイ・ビー・エム
40 三井不動産
41 LINE
42 三菱地所
43 東日本電信電話(NTT東日本)
44 武田薬品工業
45 日本放送協会(NHK)
46 みずほ銀行
47 カルビー
48 東京海上日動火災保険
49 バンダイ
50 ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス
51 サイバーエージェント
52 スターバックス・コーヒー・ジャパン
53 NTTドコモ
54 西日本旅客鉄道(JR西日本)
55 サイボウズ
56 日清食品
57 村田製作所
58 日産自動車
59 富士フイルム
60 日本テレビ放送網
61 タカラトミー
62 日本銀行
63 クックパッド
64 アステラス製薬
65 ファナック
66 ファーストリテイリング
67 博報堂
68 タニタ
69 SUBARU
70 カゴメ
71 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)
72 大成建設
73 NTTデータ
74 丸紅
75 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
76 富士通
77 日本たばこ産業(JT)
78 有限責任監査法人トーマツ
79 アクセンチュア
80 三菱電機
81 TBSテレビ
82 野村證券
83 アサヒビール
84 三井住友銀行
85 旭化成
86 積水ハウス
87 キリンホールディングス
88 KDDI
89 京セラ
90 メルカリ
91 マッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパン
92 日本中央競馬会(JRA)
93 日本赤十字
94 大塚製薬
95 東芝
96 住友商事
97 テレビ朝日
98 オムロン
99 イオン
100 吉本興業

出典:doda

まとめ

キーエンスの平均年収は2,110万円ということがわかりました。平均年収が2,000万円を超えている企業は、日本で2社しかありません。激務ではありますが、休日日数も多く、メリハリの効いた働き方ができる企業です。業績も非常に安定しているため、今後とも大きな成長が見込まれます。

■まとめ

・キーエンスの平均年収

2,110万円

・キーエンスの年齢別平均年収

50代:2,500万円〜(推定)

40代:2,300万円〜3,000万円(推定)

30代:1,800万円〜2,300万円(推定)

20代:1,500万円〜1,800万円(推定)

・キーエンスの役職別の平均年収

部長クラス:3,000万円〜(推定)

課長クラス:2,500万円〜(推定)

主任クラス:2,000万円〜(推定)

メンバークラス:1,500万円〜(推定)

・キーエンスに転職するために知っておくべきこと

①技術系職種が多い

②転職エージェントを利用する