年収650万円は勝ち組なのか?【国税庁のデータから読み解く】

「年収650万円は勝ち組?負け組?」

年収650万円付近の方は気になるかと思います。勝ち組かどうかは、地域格差もあるので一概には言えませんが、年収分布から推定すると年収650万円は勝ち組です。

では、男女別で見ると、どうでしょうか?

この記事では、国税庁の『民間給与実態統計調査』の年収分布をもとに、年収650万円が勝ち組かを男女別に解説していきます。

元リクルートの転職エージェントが年収を上げる方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

年収650万円は勝ち組?

年収650万円の割合

こちらは、国税庁が公表している『民間給与実態統計調査(平成30年度)』の男女合わせた全体の年収分布のデータです。

100万円区切りのデータとなっているため、年収650万円だけの割合は明確ではありませんが、年収600〜700万円の割合はたった4.4%です。

年収600万円を「以上」と「以下」で分けると下記の通りです。

年収600万円以上の割合:20.7%

年収600万円以下の割合:79.3%

つまり、年収650万円は上位20.7%ということになります。これだけ見ると、年収650万円は十分勝ち組に入ると言えます。

では、男女別で見るとどうでしょうか?

年収650万円の男性の割合

男性の年収650万円の割合

年収600万円以上の男性の割合: 30.5%

年収600万円以下の男性の割合: 69.5%

男性の場合、年収600万円以上は上位30.5%に入ります。年収650万円は、勝ち組と言って良いでしょう。

男性の傾向としては、年収300〜500万円(合計35.1%)がボリュームゾーンになり、約3人に1人が年収300〜500万円となります。

年収650万円の女性の割合

女性の年収650万円の割合

年収600万円以上の女性の割合:6.6%

年収600万円以下の女性の割合:93.4%

女性の場合、年収600万円以上は上位6.6%に入ります。年収650万円は、文句無しで勝ち組と言って良いでしょう。

男性と比べると、明らかに年収100〜400万円(合計77%)の割合が多いのがわかります。

平均年収は信じるな!?

よく「平均年収は○○万円」という話題が盛り上がりますが、平均年収はあまり当てになりません。平均年収は、一部の高所得者によって釣り上げられているケースが多く、実際値よりも高い数値で出ることがほとんど。

例えば、年収400万円が4人、年収5,000万円が1人の5人グループがあったとします。このグループの平均年収はいくらでしょうか?

答えは、平均年収1,320万円です。

このように、平均年収は実際値よりも大きく乖離しやすいので、あまり参考にしないほうが良い場合があります。

年収650万円の手取り額

給料明細

年収650万円の手取り額を「家族持ち」と「独身」に分けて解説します。手取り額は、人によって異なりますが参考になると思いますよ。

家族持ちで年300万円の場合

額面年収
650万円
※控除前
手取り年収
約520万円
※控除後

家族持ちで年収650万円の場合、手取り額は約520万円になります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

年収:約520万円
月収:約34.6万円
ボーナス:約105万円

額面年収:650万円

配偶者:あり

子ども:1人

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

独身で年収300万円の場合

額面年収
650万円
※控除前
手取り年収
約500万円
※控除後

独身で年収650万円の場合、手取り額は約500万円になります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

年収:約500万円
月収:約33.3万円
ボーナス:約100万円

額面年収:650万円

配偶者:なし

子ども:なし

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

手取り額から差し引かれる項目とは?

年収650万円と言っても、650万円をそのまま貰えるわけではありません。年収には、「額面」と「手取り」の考え方があり、額面年収650万円からもろもろ差し引かれて手取り年収が支給されます。

差し引かれる項目は、「税金」と「社会保険料」です。基本的に下記の5つが差し引かれるので、覚えておきましょう。

  1. 所得税
  2. 住民税
  3. 健康保険
  4. 厚生年金
  5. 雇用保険

※40歳以上になると、介護保険も追加されます

年収650万円の生活レベル

生活レベル

次に、年収650万円の生活レベルを「家族持ち」と「独身」に分けて解説します。生活レベルに関しては、『国民生活基礎調査』や『賃金構造基本統計調査』を参考にしています。

家族持ちで年収650万円の場合

妻と子ども1人の3人家族の例をご紹介します。年収650万円あれば、比較的余裕のある暮らしができます。家賃をいかに低く設定するかで、貯金額は大きく変わってきます。

月収: 34.6万円

ボーナス:105万円

ボーナスを含めた月収:43.35万円

出費  金額
家賃 ¥130,000
水道光熱費 ¥21,000
食費 ¥64,000
通信費 ¥18,000
交通費 ¥5,500
医療費 ¥5,000
養育費 ¥28,000
日用品 ¥9,000
交際費 ¥41,000
趣味・娯楽 ¥20,000
衣料品 ¥30,000
貯金 ¥62,000
合計 ¥433,500

独身で年収650万円の場合

次に、年収650万円で独身サラリーマンの例をご紹介します。

独身であれば、年収650万円あれば、余裕のある生活ができますね。独身の場合、「食費」や「交際費」「衣料品」にお金をかけすぎてしまうことが多いので注意が必要です。

月収:33.3万円

ボーナス:100万円

ボーナスを含めた月収:41.6万円

出費  金額
家賃 ¥123,000
水道光熱費 ¥15,000
食費 ¥70,000
通信費 ¥12,000
交通費 ¥7,000
医療費 ¥5,000
日用品 ¥8,000
交際費 ¥41,000
趣味・娯楽 ¥19,000
衣料品 ¥34,000
貯金 ¥82,000
合計 ¥416,000

年収650万円からさらに年収を上げる方法

グラフ

年収を上げる方法には、「昇進」「副業」「転職」の3つがあります。短期的に確実に年収を上げるなら「転職」がおすすめです。

転職エージェントの経験から言うと、年収650万円クラスの方は、年収が下がるのが怖くて転職に踏み出せない場合が多いです。

しかし実際には、経験・スキルのある年収650万円のハイクラス層であれば、年収アップの可能性は高いのです。

一度、ハイクラス層向けの転職エージェントの面談を受けてみてください。あなたの年収をどこまで上げることができるのか、アドバイスをくれるはずです。

ハイクラス層向けの転職エージェントは、高年収求人が豊富に掲載されており、キャリアアドバイザーから無料で転職サポートを受けられます。

すぐに転職をする気がない方も、一度求人をチェックしてみてください。あなたに合った求人が必ず見つかるはずです。

年収650万円のハイクラス層におすすめの転職エージェント

おすすめの転職サイトと転職エージェント

年収650万円はハイクラス層に分類されます。

ハイクラス層の方は、一般的な転職サイトや転職エージェントではなく、ハイクラス特化型の転職エージェントを利用するべきです。

ハイクラス特化型の転職エージェントは、高年収求人だけが掲載されており、キャリアアドバイザーもプロフェッショナルばかりです。

転職エージェントの経験から、ハイクラス層向けの転職エージェントを3つピックアップしたので、ぜひ一度面談を受けてみてはいかがでしょうか?

今よりも高年収の求人が必ず見つかるはずです。

1位:JACリクルートメント

→ハイクラス転職実績No.1の転職エージェント

2位:キャリアカーバー

→リクルートが運営するハイクラス転職サービス

3位:リクルートエージェント

→転職支援実績No.1の転職エージェント