日本電産(ニデック)の平均年収はいくら?【競合他社より低い?】

日本電産の平均年収

日本の大手電子部品メーカー、日本電産の平均年収は660万円です。この記事では、そんな日本電産の年収を「年齢別」「競合他社比較」で詳しく解説します。

日本電産(ニデック)の平均年収

平均年収
660万円
※有価証券報告書
月収
44万円
※平均年収から算出

日本電産の平均年収は660万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、日本電産の平均年収は約1.5倍だということがわかります。

  • 日本電産の平均年収:660万円
  • 平均年収:432万円

日本電産の平均年収の推移

日本電産の有価証券報告書を見ると、平均年収は600万円代を推移していることがわかります。2013年度から採用を強化しており、従業員数が右肩上がりになっており、平均年収も増加傾向にあります。今後とも事業が拡大し、平均年収も増加していくと予想されます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 660万円 39.0 9.4 2,794
2017年 663万円 39.5 9.4 2,576
2016年 643万円 39.6 9.5 2,392
2015年 655万円 39.0 10.4 1,985
2014年 636万円 38.6 10.6 1,828
2013年 600万円 38.1 10.3 1,768

出典:有価証券報告書

日本電産の職種別の平均年収

日本電産の役職別平均年収を独自に調査し、表にまとめました。(口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

日本電産は年功序列で給与が上がっていきますが、特に役職につくと大幅に年収が上がります。

役職 平均年収
部長クラス 1,000万円〜(推定)
課長クラス 900万円〜(推定)
係長クラス 700万円〜(推定)
メンバークラス 500万円〜600万円(推定)

日本電産の役員報酬

有価証券報告書によると、2018年度に日本電産が社内取締役7名に支払った役員報酬の総額は3億9,600万円でした。一人当たりに換算すると、約5,600万円になります。

日本電産の年齢別の平均年収

日本電産の年齢別の平均年収をまとめました。(口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計)

日本電産はいまだ年功序列が残っている企業。そのため、年齢を重ねれば年収も上がります。年収1,000万円に届くのは、昇進の速度や家族の有無(家族手当)にもよりますが、50歳以上だと推定されます。

年齢 平均年収
50代 900万円以上(推定)
40代 750万円〜900万円(推定)
30代 600万円〜750万円(推定)
20代 400万円〜600万円(推定)

電子部品メーカーの平均年収ランキング【日本電産の年収は低い?】

日本電産の年収は低いのでしょうか?比較のために、大手電子部品メーカー7社の平均年収をまとめました。その他、売上高や一人当たりの社内役員報酬、転職人気ランキングなどのデータもまとめています。

企業名 平均年収 連結売上高 一人あたりの社内役員報酬 転職人気ランキング
キーエンス 2,110万円 5,870億9,500万円 約3,712万円 7位
日東電工 823万円 8,064億9,500万円 約9,466万円 圏外
オムロン 821万円 8,594億8,200万円 約1億4,000万円 98位
TDK 794万円 1兆3,818億600万円 約6,280万円 圏外
村田製作所 743万円 1兆5,750億2,600万円 約6,666万円 57位
京セラ 723万円 4兆8,639億8,700万円 約2,661万円 89位
日本電産 660万円 1兆5,183億2,000万円 約5,657万円 134位

出典:有価証券報告書

日本電産の平均年収は、大手電子部品メーカーの中では第7位でした。日本電産の平均年収は、大手電子部品メーカーと比較すると低いです。

一方、売上高は非常に高く、電子部品メーカーの中で3位です。年々事業規模を拡大していくため、今後は2位の村田製作所を追い抜く可能性も高いです。

日本電産に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
134位
※doda

日本電産の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では100位圏外ですが、世界シェア1位の製品を持つ成長企業であるため、人気も高いです。日本電産を志望している方は、事前準備が重要になります。

日本電産に転職するために知っておくべきこと

日本電産に転職するために知っておくべきことは、5つあります。

  1. マイページでキャリア登録が可能
  2. 女性管理職を積極採用
  3. 車載エンジニアの積極採用
  4. 通年採用を実施
  5. 転職エージェントを利用する

1.マイページでキャリア登録が可能

日本電産は、『採用ページ』で自身のキャリアを登録することができます。日本電産の採用ページで自身のキャリアを登録しておくと、日本電産の採用担当者があなたのキャリアを閲覧します。そして、「この人と会いたい」と採用担当者が思えば、面接へのオファーメッセージが届きます。

一般公開されている求人の中に興味のあるものや、自身の経験とマッチするものがなかった場合でも、キャリアを登録しておけば、非公開求人の打診を行ってくれる可能性もあると推定できます。したがって、日本電産に興味を持っている方は、必ず日本電産の採用ページでキャリアを登録しましょう。

2.女性管理職を積極採用

日本電産は、2020年女性管理職比率8%という目標を掲げており、そのために女性管理職を積極的に採用しています。

女性管理職向けのオープンポジションが募集されているため、キャリアアップしたい方、少しでも興味のある方は積極的に応募してみることをおすすめします。

3.車載エンジニアの積極採用

日本電産は、主力事業である車載事業のエンジニアの採用を非常に強化しています。

日本電産は、世界シェア1位(30%)の製品「電動パワステ用モータ」のシェアをさらに拡大する施策に取り組んでいます。また、日本電産は、2030年に売上10兆円という目標を掲げています。

これらを達成するべく、車載エンジニアの採用を強化しているため、経験が合致している方はぜひ求人をご確認ください。

4.通年採用を実施

日本電産は通年採用を実施しています。時期によって求人掲載数は変わりますが、常時十数件以上が掲載されています。基本的に、どの職種も即戦力(若手〜中堅)・ハイクラスを対象としており、専門的な経験やスキルを求められます。

女性管理職求人や車載エンジニアの他には、主に技術系エンジニアや、IT系エンジニア、品質保証などが募集されています。

5.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

日本電産の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、日本電産の求人紹介はもちろん、日本電産から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、日本電産は転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。日本電産のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

日本電産の平均年収は660万円ということがわかりました。

電子部品メーカーの中では平均年収は低いですが、それでも日本国民の平均年収と比較すると1.5倍です。また、急速に事業を拡大していくため、今後は平均年収も大きく伸びることが予想されます。

日本電産は通年採用を実施しているため、日本電産に興味のある方には大きなチャンスがあります。人気企業であるため、転職エージェントなどでしっかりと対策を行うことをおすすめします。

■まとめ

・日本電産の平均年収

660万円

・日本電産の職種別の平均年収

部長クラス:1,000万円〜(推定)

課長クラス:900万円〜(推定)

係長クラス:700万円〜(推定)

メンバークラス:500万円〜600万円(推定)

・日本電産の役員の報酬

社内取締役の役員報酬総額(7名):3億9,600万円(一人当たり約5,600万円)

・日本電産の年齢別の平均年収
50代:900万円以上(推定)

40代:750万円〜900万円(推定)

30代:600万円〜750万円(推定)

20代:400万円〜600万円(推定)

・日本電産に転職するために知っておくべきこと

①マイページでキャリア登録が可能

②女性管理職を積極採用

③車載エンジニアの積極採用

④通年採用を実施

⑤転職エージェントを利用する