Macをスリープさせない方法【スリープ機能を解除する方法】

ちょっと席を外したらスリープになってしまう。

スリープになってしまいイントールが中止されていた。

スリープは便利な機能ですが、このようにスリープさせたくない場面もありますよね。

この記事では、「Macのスリープさせない方法」や「スリープ時間を指定する方法」について解説します。

Macをスリープさせない方法

  1. 「システム環境設定」から「バッテリー」を開く
  2. スリープまでの時間を選ぶ(スリープさせたくない場合は「しない」を選ぶ)

ステップ①:「システム環境設定」から「バッテリー」を開く

Macの「システム環境設定」から「バッテリー」を開きます。(OSのバージョンによっては、「省エネルギー」と記載されている場合もあります)

Macスリープさせない設定

ステップ②:スリープまでの時間を選ぶ(スリープさせたくない場合は「しない」を選ぶ)

次に、スリープまでの時間を選びます。

スリープの設定は、「バッテリー」と「電源アダプタ接続」の2種類あります。

  • バッテリー:電源に接続していない状態
  • 電源アダプタ接続:電源に接続して充電している状態

「バッテリー」のスリープ設定

バッテリーの設定ページを開いたら、タブから「バッテリー」を選びます。すると、「ディスプレイをオフにする」というスライドバーが表示されます。

スリープ時間は、1分〜3時間まで設定できます。スリープさせたくないのであれば、一番右側までスライドさせます。

Macスリープさせない設定

「この設定にすると、コンピュータの消費電力が増加する可能性があります。」という注意が表示されるので、「OK」をクリックします。

当たり前のことですが、スリープさせない設定にすると、電力の減りが早くなるので注意してください。

Macスリープさせない設定

「電源アダプタ接続」のスリープ設定

次に、電源中にスリープさせない設定をしていきます。

まずは、バッテリーの設定ページを開き、「電源アダプタ」というタブを選びます。「ディスプレイをオフにする」というスライドバーが表示されるので、指定の時間に設定します。

スリープさせたくない場合は、一番右側までスライドします。

Macスリープさせない設定

すると、「この設定にすると、コンピュータの消費電力が増加する可能性があります。」という注意が表示されるので、「OK」をクリックします。

これで完了です!

Macスリープさせない設定

補足:スリープする時間を指定することも可能

バッテリーの設定ページにある「スケジュール」タブを選ぶと、

  • 起動またはスリープ解除の時間指定
  • スリープなどの時間指定

これらを設定することができます。

起動またはスリープ解除の時間指定

画像のように設定すると、毎日9時に起動することになります。

(「毎日」という箇所を「平日」「週末」「曜日ごと」に変更することも可能)

Macスリープする時間設定

スリープなどの時間指定

「起動またはスリープ解除」の時間指定だけでなく、スリープする時間の指定もできます。画像のように設定すると、毎日9時に起動して、0時になるとスリープ状態に入ることになります。

Macスリープする時間設定

そもそもスリープとは?

Macのスリープは、「省電力状態にしてバッテリーの消費を抑える機能のこと」です。一定時間が経つと自動でスリープするので、バッテリーの節約に繋がります。

専門的な話になりますが、Macがスリープ状態になると、現在の状態がメモリに保存され、パソコンの大部分が停止します。

これにより、電力消費が大幅に抑えられます。

スリープから復帰する時には、スリープ前の状態が読み込まれて、すぐに作業を開始できるようになるのです。

スリープのメリットとデメリット

スリープのメリット

  • 電力消費が抑えられる
  • 自動ロックでセキュリティ対策になる

電力消費が抑えられる

スリープの最大のメリットは、電力消費が抑えられることです。常に、ディスプレイが明るい状態だと、電力消費は大きいです。

自動ロックでセキュリティ対策になる

スリープ状態から作業を始めると、一度パスワードを入力する必要があります。少し面倒くさいですが、言い換えるとセキュリティ対策にもなります。

外でパソコンを使う人であれば、スリープ時間を5分ほどに設定し、席を外したときにすぐにスリープモードに切り替わるようにしておくと良いと思います。

スリープのデメリット

  • 少し席を外しただけでスリープになってしまう
  • インストール中にスリープになるとインストールが中止される

少し席を外しただけでスリープになってしまう

デフォルトの設定であれば、一定時間が経過すると、自動でスリープモードになります。「少し席を外しただけでスリープになるのは煩わしい」という方は、スリープさせない設定にするか、スリープまでの時間を伸ばしてみてください。

インストール中にスリープになるとインストールが中止される

ソフトウェア関連をインストールあるいはアップデートしているときに、スリープ状態になると、インストールが中止されることもあります。

非常に重いファイルをインストールするときも、少し席を外したらスリープモードになり、「インストールが止まっていた」なんてこともあると思います。

スリープさせないためのアプリ

Amphetamine

Macでスリープさせないためのアプリを使うのであれば、「Amphetamine」の一択だと思います。(過去には、「Caffeine」という定番アプリもありましたが、AppStoreでダウンロードができなくなりました)

「Amphetamine」は、非常に細かくスリープ時間を設定できるので、Macのデフォルト機能で満足できない方は、使ってみてください。