営業マンの正しい身だしなみとは?【ビジネスパーソンなら知っておきたい】

営業部署に配属されたものの、正しい身だしなみがわからないと感じている方は意外と多いです。特に、新卒1年目や初めて営業をされる方にとっては、悩ましいですよね。

実際、見た目(身だしなみ)が与える印象は非常に大きい。しかし、正しい身だしなみについて、教わる機会は多くありません。今回は、デキる営業マンを目指して、正しい身だしなみをサクッと解説します。

そもそも身だしなみって重要?

みなさんメラビアンの法則を知っていますか?

身だしなみの重要性を語る上で、重要な法則です。簡単に言うと「人は、視覚情報(見た目)と聴覚情報(口調)で約9割の印象が決まるという法則」です。

具体的には、話し手が聞き手に与える印象は「視覚情報」「聴覚情報」「言語情報」の3つから形成され、それぞれの情報の影響力は以下の割合であると言われています。

視覚情報(見た目):55%

聴覚情報(口調):38%

言語情報(話す内容):7%

つまり、人の見た目が与える印象は非常に大きいのです。「人は見た目が9割」と言われるほどなので、身だしなみをしっかりと整えれば、それだけで聞き手から良い印象を受けることができるのです。

デキる営業マンの身だしなみチェックリスト9個

少しでも相手に良い印象を与えるために、ここでは9つに分けて正しい身だしなみを解説します。

①髪型

・前髪が目にかかっていないか(おでこを出した方がより印象が良い)

・耳とこめかみは出す(こめかみを隠すと、暗く印象をもたれやすい)

・もみあげと襟足は短くする(襟足はシャツにかからない程度まで切る)

②顔

・ヒゲは剃る(ヒゲは絶対NG)

・眉毛を整える(眉毛を整えることで目元の印象が一気に変わる)

③スーツ

・「正しい袖の長さ」を意識(スーツの下に着るシャツの袖が、スーツの袖から1cm~2cm出るものを選ぶ)

・スーツの一番下のボタンだけは止めない(ボタンが3つの場合は、上の2つを止め、ボタンが2つの場合は上のボタンのみを止める)

・ポケットの中には何も入れない(ポケットが膨れることでシルエットが悪くうつる)

・ポケットのふたは屋内では内側、外出先では外側が基本

・スーツの色は黒系か紺系が基本

・スーツは柄がないものが好ましい

④シャツ

・シャツの色は白色が基本(スーツに合う色を選ぶ)

・シャツのサイズはスーツの袖から1cm~2cm見えるくらいがベスト

⑤ネクタイ

・ネクタイの長さは先端がベルトに丁度かかるくらい

・ネクタイの一番太い部分の横幅は、ラペル(スーツの襟を折り返した部分)の幅に合わせる

・ネクタイの色に決まりはない

ネクタイの色は、主に赤系、青・紺系、黄系の3種類あります。それぞれの違いを簡単にご紹介します。

・赤系:パワフルで情熱的な印象を与えるので、ここぞという大事な商談の場面で使うと効果的です。

・青/紺系:知的でスマートな印象と信頼感を与えるので、日本のビジネスシーンでもっとも使われている色です。

・黄系:明るさや元気さといった、ポジティブな印象を与えることができるので、コミュニケーションを円滑に進める効果があるとも言われています。

⑥ベルト

・ベルトの色と靴の色は合わせる

・ベルトの穴は5箇所空いていることが多いが、5個のうちの丁度真ん中で締められる長さがベスト

⑦靴

・色は黒色か茶色が基本(スーツの色に合わせるのが無難)

・スーツに合わせられる正しい靴は、紐の付いた革靴(最近では紐が付いていない靴もOK)

⑧腕時計

・デジタルではなく、アナログがベター

・入社後1年程度は5万円以下のものが無難

※腕時計の相場は、20代で2〜5万円、30代で7〜15万円、40代で10万円〜30万円程度

⑨バッグ

・床に置いた時に「自立」するものを選ぶ(名刺を渡す際にも、バッグが床に倒れる心配がない)

・ショルダーバックやリュックは避ける

最近のビジネスバッグのなかには、ショルダーリュックに変身するものもあります。取引先に行くときには、ショルダーやリュックの状態では失礼に値するので、取引先に訪問する際は手持ちの状態にしましょう。

おわりに

知っている人と知らない人で大きな差がでる、営業マンとしての正しい身だしなみ。できるビジネスマンは総じて、正しい身だしなみを知っています。

せっかく商談の中身をしっかりと準備をしてきたとしても、身だしなみができていないだけで、悪い印象を相手に与えてしまったら勿体無いですよね。

今回学んだ事は、意識をすれば誰でも実践できることなので、ぜひ正しい身だしなみを覚えて、周りの営業マンと差をつけてください!