仮想通貨ビットコイン(BTC)とは?【初心者にわかりやすく解説】

コインチェック フォビジャパン

ビットコインとは

ビットコインとは、初めて出来た仮想通貨です。仮想通貨とは、仮想の通貨ですが、円やドルなどのお金と同じように使うことができます。

ビットコインの表記

ビットコインは、「BTC」と表記されます。国内の取引所でも、海外の取引所でも「BTC」と表記されています。

ちなみに、「BTC」が一般的ですが「XBT」も使われることがあるので、覚えておきましょう。

ビットコインの通貨単位

現在のBTCの価格は、「1BTC=300万円」です。初めてビットコインを買う方は、いきなり300万円で購入するのは怖いですよね。

そのため、最初は少額から購入する方が多いと思います。

例えば、3万円分のビットコインを購入したとすると、

1BTC=300万円なので、0.01BTC(300万円×0.01=3万円)を得ることになります。

このように、1BTCという単位が基本となり、少額で購入した場合は、「0.01」のように少数点単位で購入することが可能なのです。

ビットコインの特徴

  1. 非中央集権
  2. P2Pでいつでも取引可能
  3. ブロックチェーンで改ざんが不可能

1.非中央集権

ビットコインは、円やドルとは異なり管理者がいません。(円の場合、日本銀行が管理しています)

つまり、非中央集権の通貨なのです。

管理者がいる場合、管理者が改ざんをしたりするリスクがありますよね。ですが、ビットコインでは、管理者がいないため、誰にも改ざんされない仕組みがあるのです。

2.P2Pでいつでも取引可能

P2Pとは、ピアツーピアの略で、簡単に言うとコンピュータ間で取引ができることです。銀行のように営業日に縛られることがなく、いつでもビットコインの送金や取引が可能です。

3.ブロックチェーンで改ざんが不可能

ブロックチェーンとは、簡単に言うと、ビットコインの取引履歴がチェーンのように繋がっていくイメージです。

ブロックチェーン技術により、改ざんは不可能とされています。

ビットコインの将来性

仮想通貨には、ビットコイン以外にも無数に存在します。ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言います。

ビットコインは、最初にできた仮想通貨であり、非中央集権やブロックチェーンなどの特徴により、デジタルゴールドとも呼ばれています。

金(ゴールド)は、歴史を経て値上がりを続けたことから、ビットコインも同じような値上がりの仕方をしていくと予測している人が多いです。

リスクもありますが、世界中でビットコインの注目が高まり、ビットコインを実際に日常で使えることも増えてきました。

現在は、「1BTC=300万円」ほどですが、今後何十年もすれば、「1BTC=数千万円」という未来が来ることを予想している有識者もいます。

リスクを承知し、可処分所得で投資をするのは一つの選択肢として考えても良いのではないでしょうか?