仮想通貨の流動性の意味とは?【わかりやすく解説】

流動性とは

流動性(liquidity)とは、安定して換金できるかの度合いのことです。

流動性が低い場合、取引が成立しづらく、一部の注文で価格が大きく変動してしまう可能性があります。

流動性の重要性

例えば、仮想通貨のトレードを行うとき、安いときに買って高いときに売りたいですよね。しかし、流動性の低い市場の場合、「高い値段で売りたい」と思っても、買い手がいないまたは買い手が少なくて売れないという状況もありえます。

日本においては、ビットコインやイーサリアムの流動性は高く、安定的に日本円に換えることができます。一方、その他のアルトコインに関しては、そもそも扱っている取引所が少なく、世界的に見ても流動性が低いと言えます。

そのため、大きな額を換金しようとすれば、マーケットインパクトを引き起こす可能性もあるのです。