【速報】テザー(USDT)がニューヨーク司法当局と和解

2021年2月23日、テザー(USDT)がニューヨーク司法当局と和解したと発表

2021年2月23日、テザー(USDT)のTwitter公式アカウントから、「テザー(USDT)がニューヨーク司法当局と和解した」との発表がなされました。

テザーおよびBitfinexはニューヨーク司法当局と和解しました。 2.5年かけ、250万ページの情報が共有された後、テザーおよびBitfinexに不正行為がないことが認められました。

テザー(USDT)はニューヨーク司法当局から訴訟を受けていた

テザー(USDT)はニューヨーク司法当局から訴訟を受けており、訴訟の結果によっては、仮想通貨全体に悪影響を及ぼすのではないかと懸念されていました。

テザー(USDT)は仮想通貨全体で4位の時価総額を誇っており、最も利用されているステーブルコインです。そのため、当局によってテザーがなんらかの規制を受け利用に制限がかかった場合、悪影響は免れません。

テザー(USDT)の訴訟理由

テザー(USDT)が訴訟を受けていた理由は、

  • テザーを使って仮想通貨の価格操作をしている
  • テザーの裏付け資産がない

との疑念がかけられていたことによるものです。

テザー(USDT)はステーブルコインであるため、テザー(USDT)発行額と同等の裏付け資産を持つ必要がありますが、その裏付け資産を保有していないのではないかという疑惑をかけられていました。

また、テザー(USDT)の発行にあわせてビットコイン(BTC)の価格が高騰してきたことから、価格操作をしているのではないかという疑念もありました。

テザー(USDT)の声明文

テザー(USDT)はツイートにあわせて声明文を出しており、その内容は以下のようなものです。

The Attorney General’s Office concluded, in essence, that we could have done better in publicly disclosing these events. Contrary to online speculation, after two and half years there was no finding that Tether ever issued tethers without backing, or to manipulate crypto prices.

要約すると、「テザー(USDT)が裏付け資産なしで発行されたり、仮想通貨の価格操作をしているような事実はありませんでした」とあり、疑惑が完全に晴れたことが記載されています。

先述のとおり、テザー(USDT)は仮想通貨市場に大きな影響を与えるステーブルコインであり、訴訟の動向は投資家の注目の的となっていました。