ハードフォークとは?【初心者にわかりやすい用語集】

ハードフォークとは?

ハードフォークとは、仮想通貨のブロックチェーンが分岐することです。仮想通貨は、送金などの取引が行われると、その取引が帳簿に記録されていきます。この記録された帳簿をまとめたものがブロックチェーンです。

ハードフォークによって、ブロックチェーンが分岐すると、分岐時点から、それぞれのブロックチェーンに新しく取引が記録されていきます。

既存のブロックから新しい別のブロックを強制的に枝分かれさせ(フォーク)、ブロックチェーンの仕様を変更することになります。ハードフォークすると、完全に新仕様になるため、旧仕様との互換性はなくなります。

ハードフォークするとどうなる?

ハードフォークをすると、新しい仮想通貨が誕生します

例えば、仮想通貨で一番有名なビットコイン(BTC)も、過去に何度もハードフォークを行ってきました。ビットコインのハードフォークによって、

  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • ビットコインダイヤモンド(BCD)

などの新たな仮想通貨が誕生しました。

ハードフォークの具体例

ブロックチェーンの仕様を変更したハードフォークの事例として、イーサリアムの例があります。

「The DAO(ザ・ダオ)」というイーサリアムのネットワークを使ったクラウドファンディングプロジェクトが約150億円の資金を集めましたが、集めた資金のうち約3分の1が流出する事件が起こりました。

これに対して、開発チームはイーサリアムをハードフォークすることにより、問題の解決を図りました。

ユーザーの多くは新仕様のブロックを選択しましたが、中にはもとのブロックを選択したユーザーもいたため、混乱がありました。この混乱によって誕生したのが「イーサリアム・クラシック(ETC)」です。

ハードフォークによる価格への影響

理論上はハードフォークしても価格は変わりません。

例えば、現在のビットコイン価格が100万円のときに、ビットコインとビットコインキャッシュにハードフォークするとします。

このとき、ビットコインキャッシュの価格が30万円だとしたら、

  • ビットコイン:70万円
  • ビットコインキャッシュ:30万円

理論上はこのようになります。

分裂しても、トータルの価格は分裂前と変わらないのが通常です。しかし、実態として、仮想通貨全体が好況なときにハードフォークが行われると、

  • ビットコイン:100万円
  • ビットコインキャッシュ:30万円

というように分裂前の価格よりも大きくなることがあります。