スターバックスコーヒージャパンの平均年収はいくら?【職種別や新卒年収も解説】

スターバックスコーヒージャパンの平均年収

世界的な大手コーヒーチェーン店の子会社であるスターバックスコーヒージャパンの平均年収は推定434万円です。この記事では、そんなスターバックスコーヒージャパンの年収や働く環境について解説します。

スターバックスコーヒージャパンの平均年収

平均年収
434万円
※決算報告書
月収
28.9万円
※平均年収から算出

スターバックスコーヒージャパンの平均年収は推定434万円です。国税庁の民間給与実態調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、スターバックスコーヒージャパンの平均年収は高いことがわかります。

  • スターバックスコーヒージャパン:434万円(推定)
  • 平均年収:432万円

スターバックスコーヒージャパンは2015年に上場廃止になったため、現在は正確な平均年収は公表されていません。そのため、上記の数値は2020年2月時点での口コミサイトで集計された平均年収です。(回答人数が61人のため、参考値としてご確認ください)

スターバックスコーヒージャパンってどんな企業?

スターバックスコーヒージャパンは、日本全国で1,500店舗以上展開している大手コーヒーチェーン店。

米国のスターバックスコーヒーと独占ライセンス契約を結ぶ会社として、1995年に設立されました。1996年に銀座に1号店を設立して以降、急速に規模が拡大し、現在の出店数は、コーヒーチェーン店の中で日本1位です。

2001年に株式を上場していましたが、2014年に米国本社から買収されました。ライセンス契約を結ぶ別会社ではなく、米国本社の完全子会社になったため、上場が廃止されました。

スターバックスコーヒージャパンの職種別の平均年収

口コミサイトやindeedに掲載されているスターバックスコーヒージャパンの職種ごとの求人をもとに、職種別の平均年収を算出しました。

職種 平均年収
販促企画 764万円
プロジェクトマネージャー 728万円
プロダクトマネージャー 693万円
人事 759万円
スターバックスコーヒージャパンの年収幅は?1000万円を超える?

スターバックスコーヒージャパンの口コミサイトでは、回答者の年収範囲が200万円〜1,245万円でした。店舗スタッフと本社勤務の間で年収に乖離があると考えられます。本社勤務で役職につければ、年収1,000万円を超える可能性もあります。

スターバックスコーヒージャパンの新卒の初任給

スターバックスコーヒージャパンの2020年度の新卒初任給は、月給209,000円でした。(学歴に関わらず初任給は一律です)

新卒で入社すると、まずは店舗に配属になり、ストアマネージャー(店長)を目指します。おおよそ3年でストアマネージャーに昇格し、その後は本社の専門職や、営業部門のマネージャーなど、様々なキャリアを選択できます。

スターバックスコーヒージャパンの福利厚生

スターバックスコーヒージャパンのロゴ

スターバックスコーヒージャパンには、「コーヒー好き」や「スターバックス好き」にとって魅力的な福利厚生が整っています。

■スターバックスコーヒーの福利厚生一覧

・パートナードリンク

出勤・退勤時、休憩時に、好きなスターバックスのドリンクを飲むことが可能。カスタマイズもできます。

・パートナー割引

全国すべての店舗で、ドリンクや商品を30%割引で購入できます。

・パートナービーンズ

週に一度、好きなコーヒー豆を100gもらえます。

・CUPファンド

天災に見舞われた際に、被災した社員を救済・支援する災害時の相互支援財団があります。

・通信教育

自己啓発のサポートプログラムとして、通信教育の受講補助が完備。社員だけでなく、アルバイトでも時間帯責任者の方は利用でいます。

スターバックスはアルバイトから正社員になれる?

スターバックスでは、アルバイトの正社員登用を行なっています。スターバックスのアルバイトから正社員登用までのキャリアは下記の通りです。

  • バリスタ
  • バリスタトレーナー
  • シフトスーパーバイザー
  • 正社員登用

バリスタ

バリスタとは、スターバックス店舗のスタッフのことです。日々の接客や、ドリンクの提供などを行います。スターバックスにはマニュアルがないため、店舗の売上向上や業務の効率化などを自分たちで考えながら行います。

バリスタトレーナー

バリスタトレーナーとは、日々の業務の他に新人のトレーニングを行うスタッフのことです。

スターバックスでは、コーヒーに関するセミナーやパーティー、地域コミュニティと連携したイベントを各店舗で行います。バリスタトレーナーは、企画から実施まで、より積極的に行うことで評価されます。

シフトスーパーバイザー

シフトスーパーバイザーとは、時間帯責任者のことです。接客や新人トレーニングだけでなく、商品発注やシフトコントロール、現金管理などの業務を行います。店長と共に店舗運営マネジメントに携わるkとができます。

シフトスーパーバイザーになると、マネジメントの基礎を学べる育成プログラムや、通信教育費用援助などのサポート制度を受けることができます。

正社員登用

シフトスーパーバイザーまで昇格し、上司の推薦を受けると正社員登用試験に挑戦できます。
推薦を得るためには、カスタマーサービスの向上、業務・業績管理やチームメンバーの育成に自身の能力を発揮できると判断されることが必要です。

日々の業務だけでなく、より能動的に売上へのコミットや、イベントの企画などを行うことが必要になります。

スターバックスコーヒージャパンに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
52位
※doda

スターバックスコーヒージャパンの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では52位でした。世界有数の大手企業であり、ブランド力もあるため、競争率は高いです。したがって、スターバックスコーヒージャパンを志望している方は、事前準備が重要になります。

スターバックスコーヒージャパンに転職するために知っておくべきこと

スターバックスコーヒージャパンに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 通年採用を実施
  2. スターバックスが求める人物像
  3. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.通年採用を実施

スターバックスコーヒージャパンは、通年採用を実施しています。

職種やスキルレベルも幅広く、総合職から専門職、マネージャクラスから第二新卒まで採用しています。

専門職の場合は即戦力採用であるため、一定以上の経験が求められます。一方、総合職や第二新卒採用では、専門的な経験よりもポテンシャルや人間性が重視されるため、経験の少ない若手でも大きなチャンスがあります。

■職種一覧

総合職(ストアマネージャー候補/ディストリクトマネージャー候補)、店舗正社員(第二新卒)、経営戦略、店舗開発、商品企画、マーケティングコミュニケーション、IT、サプライチェーン、経理財務、人事・管理統括

2. スターバックスが求める人物像

スターバックスは、求める人物像をこのように表現しています。

「Our Mission and Valuesを体現し、自分とスターバックスの成長に未来志向でチャレンジできる方」

スターバックスは、カスタマーだけでなく地域コミュニティを重視しています。また、店舗にマニュアルはないため、店舗ごとで自発的に成長していかなければいけません。

個人の成長だけでなく、カスタマー、地域コミュニティ、社員を含めて、よりよりサービスを提供したいという意思が重視される可能性が高いです。

 3.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

スターバックスコーヒージャパンは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。スターバックスコーヒージャパンのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

スターバックスコーヒージャパンの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、スターバックスコーヒージャパンの求人紹介はもちろん、スターバックスコーヒージャパンから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

スターバックスコーヒージャパンの平均年収は推定434万円でした。

スターバックスコーヒージャパンは数多くの職種で通年採用を行っており、スターバックスコーヒージャパンへの転職へのチャンスは多く開かれています。転職エージェントで入念な対策を行うことをおすすめします。

■まとめ

・スターバックスコーヒージャパンの平均年収

434万円(推定)

・スターバックスコーヒージャパンの職種ごとの平均年収

販促企画:764万円

プロジェクトマネージャー:728万円

プロダクトマネージャー:693万円

人事:759万円

・スターバックスコーヒージャパンに転職するために知っておくべきこと

①通年採用を実施

②スターバックスが求める人物像

③非公開求人を保有する転職エージェントを利用する