GCAの平均年収はいくら?【役員の年収・競合比較】

GCAの平均年収

大手M&A仲介会社の一つ、GCAの平均年収は2,063万円です。このページでは、そんなGCAの年収を「年度別」「役員」「競合比較」で詳しく解説します。

GCAの平均年収

平均年収
2,063万円
※有価証券報告書
月収
137.5万円
※平均年収から算出

GCAの平均年収は2,063万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、GCAの平均年収は4.7倍ということがわかります。圧倒的な高年収企業です。

  • GCA:2,063万円
  • 平均年収:432万円

GCAの平均年収の推移

GCAの最新の有価証券報告書を見ると、年度によって平均年収が上下していることがわかります。

その理由は、GCAの給与の大半が業績に連動した賞与だからです。業績が高ければ、その分社員に賞与として還元されます。

平均年収が2,000万円を超えるという年度も多く、今後とも日本トップの平均年収を維持していくことが予想されます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 2,063万円 37.9才 5.4年 141
2017年 1,559万円 37.3才 5.1年 138
2016年 2,139万円 37.2才 6.0年 126
2015年 2,153万円 37.1才 5.1年 110
2014年 1,486万円 37.8才 4.8年 103
2013年 1,331万円 36.6才 4.3年 127

出典:有価証券報告書

GCAの業務内容

GCAのロゴ

GCAは、2004年に設立されたM&Aアドバイザリー会社です。日本だけでなく、米国と欧州でも活動しており、全世界で22の拠点を持つグローバル企業でもあります。

GCAはM&Aアドバイザリーだけでなく、戦略・PMIコンサルティング、アセットマネジメントなども担います。戦略立案から経営ビジョン、ビジネスモデル、組織モデル、人事モデルの再検討など、M&A後の企業戦略をスピーディーにまとめあげます。

クライアントの経営全般に関わる長期的な業務が多く、売り手と買い手の双方から手数料を得ることを目的とした仲介業務やマッチング、ビジネスブローカー行為は行わないことが特徴です。

GCAの役員の平均年収

有価証券報告書によると、2018年度にGCAが支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(3名):6,100万円(一人当たり約2,033万円)
  • 社外取締役の役員報酬総額(5名):4,400万円(一人当たり約880万円)

また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。GCAの場合は下記の通りです。(連結報酬の総額であるため、GCA単体の役員報酬を超えています)

  • 野々宮律子氏:1億5,000万円
  • サッシャ・ファイファー:8億100万円
  • アレクサンダー・エム・グルンワルド:3億4,500万円
  • フィル・アダムス:3億4,900万円
  • トッド・ジェイ・カーター:6億6,900万円
  • ジョン・エフ・ランプロス:1億5,200万円

競合他社との平均年収比較

M&A仲介会社の平均年収ランキングを有価証券報告書をもとに作成しました。M&A業界の平均年収は、日本国内でもトップクラス高い業界です。今回は上場している主要6社をピックアップしました。

結論から申し上げると、GCAは第2位でした。

企業名 平均年収 経常利益 従業員数 転職人気ランキング
M&Aキャピタルパートナーズ 3,109万円 約58億円 98人 100位圏外
GCA 2,063万円 約15億円 141人 100位圏外
日本M&Aセンター 1,413万円 約125億円 415人 192位
ストライク 1,343万円 約18億円 119人 100位圏外
山田コンサルティンググループ 636万円 約23億円 699人 100位圏外
フォーバル 541万円 約33億円 635人 100位圏外

出典:有価証券報告書

平均年収がトップクラスに高いM&A業界でも、企業によって大きく年収に差があります。

違いは、従業員数です。M&AキャピタルパートナーズやGCAをはじめとした平均年収の高い企業は、少人数で高い利益を上げている企業です。そのため、従業員への還元率も高く、平均年収も上がっています。

その中でもGCAは、M&Aキャピタルパートナーズに比べて1.5倍の従業員数を抱えながら、平均年収が2,000万円を超えている驚異的な企業であることがわかります。

GCAに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
圏外
※doda

GCAの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では圏外でしたが、平均年収が2,000万円を超えている企業であることから、一部から常に熱狂的な人気があります。

加えて、少数精鋭企業であり選考基準も非常に高いことから、GCAを志望している方は事前準備が重要になります。

GCAに転職するために知っておくべきこと

GCAに転職するために知っておくべきことは、4つあります。

  1. 即戦力採用のみ実施(M&Aファイナンシャルアドバイザー)
  2. 即戦力採用のみ実施(戦略コンサルタント)
  3. 「GCAの経営理念に対する十分な理解と完全な賛同」
  4. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.即戦力採用のみ実施(M&Aファイナンシャルアドバイザー)

GCAでは、M&Aファイナンシャルアドバイザーを通年採用しています。

即戦力採用であるため、基本的には、下記に当てはまる業務の実務経験を3年以上積んでいることが応募条件になります。M&A業務が必須ではないものの、難易度が高い専門職の経験が求められています。

比較的難易度が低いのが、「金融機関における法人営業」経験です。未経験からGCAを目指したい方は、一旦金融機関で法人営業経験を積むことが、採用への最短の近道になります。

  • M&Aファイナンシャルアドバイザリー
  • エクイティ・ファイナンス/インベストメント
  • デット・ファイナンス/インベストメント
  • M&A会計・財務/税務デューデリジェンス
  • 会計監査
  • 企業税務アドバイス
  • 経営・戦略コンサルティング
  • 企業/事業再生実務
  • 経営企画実務
  • (国内外)金融機関における法人営業

2.即戦力採用のみ実施(戦略コンサルタント)

GCAでは、M&Aファイナンシャルアドバイザーの他に、戦略コンサルタントも通年採用しています。

即戦力採用であるため、基本的には、下記に当てはまる業務の実務経験を3年以上積んでいることが応募条件になります。基本的には、企業戦略に関する実務経験が必須になります。

  • 経営・戦略コンサルティング業務
  • 経営企画実務、事業戦略立案
  • 企業/事業再生実務
  • ベンチャー企業などでのCxO
  • ビジネスデューデリジェンス
  • M&Aファイナンシャルアドバイザリー業務

3.「GCAの経営理念に対する十分な理解と完全な賛同」

GCAの募集要項には、応募資格として「GCAの経営理念に対する十分な理解と完全な賛同」という文言が記載されています。そのため、応募するにあたり、GCAへの経営理念を深く理解しておく必要があります。

GCAの経営理念とは、「For Client’s Best Interest」です。クライアント第一主義を取っており、常にクライアントのために行動できる人材が求められています。

特徴は、営業ノルマが無いこと。短期的な利益を求めることや、マネーゲームとしてのM&Aを行うことを否定しており、人事考査においても「クライアントからの評価」が重視されます。

クライアントからの信頼を獲得するために、クライアント第一主義で行動するという理念に賛同する方は、チャレンジすることをおすすめします。

4.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

GCAは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。GCAのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

GCAの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、GCAの求人紹介はもちろん、GCAから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

GCAの平均年収は2,063万円ということがわかりました。

GCAは、上場企業の中で平均年収が2,000万円を超えている数少ない企業です。少数精鋭で成果主義の企業であるため、活躍すればその分給与が大きく上がります。

GCAは選考基準が高いため、転職を目指す方は転職エージェントなどで入念な対策を行うことをおすすめします。

■まとめ

・GCAの平均年収

2,063万円

・GCAの役員の平均年収
社内取締役の役員報酬総額(3名):6,100万円(一人当たり約8,801万円)

社外取締役の役員報酬総額(5名):4,400万円(一人当たり約275万円)

野々宮律子氏:1億5,000万円

サッシャ・ファイファー:8億100万円

アレクサンダー・エム・グルンワルド:3億4,500万円

フィル・アダムス:3億4,900万円

トッド・ジェイ・カーター:6億6,900万円

ジョン・エフ・ランプロス:1億5,200万円

・GCAに転職するために知っておくべきこと

①即戦力採用のみ実施(M&Aファイナンシャルアドバイザー)

②即戦力採用のみ実施(戦略コンサルタント)

③「GCAの経営理念に対する十分な理解と完全な賛同」

④非公開求人を保有する転職エージェントを利用する