損害保険ジャパン日本興亜の平均年収はいくら?【SOMPOホールディングスの年収も解説】

損害保険ジャパン日本興亜の平均年収

4大損害保険会社の一角を占める、損害保険ジャパン日本興亜の平均年収は623万円です。このページでは、そんな損害保険ジャパン日本興亜の年収を「年度別」「役員」で詳しく解説します。

損害保険ジャパン日本興亜の平均年収

平均年収
623万円
※有価証券報告書
月収
41.5万円
※平均年収から算出

損害保険ジャパン日本興亜の平均年収は623万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、損害保険ジャパン日本興亜の平均年収は約1.5倍ということがわかります。

  • 損害保険ジャパン日本興亜:623万円
  • 平均年収:432万円

損害保険ジャパン日本興亜の平均年収の推移

損害保険ジャパン日本興亜の有価証券報告書を見ると、600万円代前半を推移していることがわかります。2万人強の従業員を抱える中で、安定して600万円以上の年収を誇っており、全従業員の年収が比較的高いことが推定できます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 623万円 42.4 13.3 26,108
2017年 627万円 42.3 13.2 26,189
2016年 638万円 42.5 13.1 26,380
2013年 660万円 42.3 12.8 27,144

出典:有価証券報告書

4大損害保険会社の平均年収ランキング

4大損害保険会社の平均年収をランキングにまとめました。その他、経常収益や転職人気ランキングなどの気になる情報もまとめています。

損害保険ジャパン日本興亜の平均年収は第4位でした。

企業名 平均年収 経常収益 経常利益 転職人気ランキング
東京海上日動火災保険 816万円 4兆5,419億3,100万円 3,598億3,200万円 48位
三井住友海上火災保険 737万円 2兆5,926億700万円 1,839億5,200万円 圏外
あいおいニッセイ同和損害保険 626万円 1兆5,031億4,100万円 585億2,200万円 圏外
損害保険ジャパン日本興亜 623万円 3兆2,146億5,100万円 1,903億1,300万円 209位

出典:有価証券報告書

損害保険ジャパン日本興亜の平均年収は、4大損害保険会社の中では1番低いです。あいおいニッセイ同和損保とはほぼ変わりませんが、三井住友海上火災保険と比べると100万円、東京海上日動火災保険と比べると200万円の差が生まれています。

経常収益で考えると、東京海上日動火災保険に次ぐ第2位です。3兆円を超えており、企業規模は非常に大きいため、今後とも安定して成長していくことが予想されます。

【親会社】SOMPOホールディングスの平均年収

SOMPOホールディングスのロゴ

SOMPOホールディングスの平均年収は1,152万円です。

SOMPOホールディングスとは、連結子会社96社・関連会社14社で構成されているSOMPOグループを統括している持株会社。3大メガ損保の一角を占める企業です。

2010年に損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が経営統合することで前身企業である「NKSホールディングス」が設立されました。その後、2016年に現社名に変更されました。

国内損害保険事業、海外保険事業、国内生命保険事業、介護・ヘルスケア事業、アセットマネジメント事業、リスクマネジメント事業、確定拠出年金事業など、幅広く事業を展開しています。

SOMPOホールディングスの平均年収の推移

SOMPOホールディングスの有価証券報告書を見ると、1,100万円代を推移していることがわかります。ホールディングス企業であるため、ほとんどすべての従業員は管理職になります。したがって、必然的に平均年収は高くなる傾向にあります。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,152万円 43.4 17.5 579
2017年 1,173万円 43.3 17.4 557
2016年 1,131万円 43.1 17.1 514
2015年 1,169万円 43.4 18.3 488
2014年 1,129万円 42.1 17.7 440
2013年 1,172万円 41.8 17.9 346

出典:有価証券報告書

SOMPOホールディングスの役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度にSOMPOホールディングスが支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(8名):5億4,100万円(一人当たり約4,500万円)
  • 社内監査役の役員報酬総額(3名):6,200万円(一人当たり約2,300万円)
  • 社外取締役の役員報酬総額(4名):5,600万円(一人当たり約1,400万円)
  • 社外監査役の役員報酬総額(3名):4,200万円(一人当たり約1,400万円)

また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。SOMPOホールディングスの場合は下記の通りです。

  • 櫻田謙悟氏2億4,800万円
  • 西澤敬二氏:1億5,000万円

損害保険ジャパン日本興亜に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
209位
※doda

損害保険ジャパン日本興亜の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では209位ですが、4大損害保険会社の一角を占めているため、非常に安定的な企業であることから、金融業界の中で人気があります。そのため、損害保険ジャパン日本興亜に転職したい方は、入念な対策を練る必要があります。

損害保険ジャパン日本興亜に転職するために知っておくべきこと

損害保険ジャパン日本興亜に転職するために知っておくべきことは、4つあります。

  1. 総合職採用
  2. リテール採用
  3. 地域採用
  4. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.総合職の採用(不定期)

損害保険ジャパン日本興亜は、総合職採用を不定期に実施しています。

採用が開始された際の応募要件は、大卒と自動車免許の所持のみであるため、多くの人にチャンスがあります。総合職採用の場合は、営業・保険金サービスから新商品の企画開発、資産運用、国際関連事業など様々な職種にキャリアが広がっています。

全国転勤もあり、ジョブローテーションを繰り替えすことで管理職にキャリアが広がっていきます。人気職であり、応募要件も緩いため、競争率が高く、下記に紹介する転職エージェントなどで入念な対策を練ることおすすめします。

2.技術調査系職種の採用(不定期)

損害保険ジャパン日本興亜は、技術調査系職種採用を不定期に実施しています。技術調査系職種とは、自動車事故が起こった際に、各種保険事故における調査や交渉、事案対応業務を行う職種です。

高卒の場合、自動車免許と自動車整備士資格を保有していることが応募条件です。大卒の場合は、自動車免許を保有していれば応募可能です。こちらも給与が高い人気職種である上に、応募要件が緩いため、転職エージェントなどで対策を練ることが必要です。

3.専門系職種の採用

損害保険ジャパン日本興亜は、専門系職種採用を不定期に実施しています。専門系職種とは、保険金サービス部門で、自動車保険や火災保険を中心とした事故対応、損害調査、交渉、保険金の支払いまで一貫して行う職種です。

医師や弁護士などとの連携が必要になるため、法律、医療、税務などの高度な専門的知識を身につける必要があります。事務手続きだけでなく、事故で不安な気持ちを抱えるクライアントに寄り添うことで、安心を提供することを目指している職種です。

専門的な職種ではありますが、応募要件は大卒と自動車免許の保持のみです。一方、その分競争率が高くなるため、法律や税務などの知識がすでにある方が選考に通過しやすいと思われます。

4.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

損害保険ジャパン日本興亜は、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。損害保険ジャパン日本興亜のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

損害保険ジャパン日本興亜の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、損害保険ジャパン日本興亜の求人紹介はもちろん、損害保険ジャパン日本興亜から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

損害保険ジャパン日本興亜の平均年収は623万円ということがわかりました。

損害保険ジャパン日本興亜は通年採用を実施しています。難易度が高いため、転職エージェントなどで入念な対策を行う必要があります。

■まとめ

・損害保険ジャパン日本興亜の平均年収

623万円

・SOMPOホールディングスの平均年収

1,152万円

・SOMPOホールディングスの役員の平均年収

社内取締役の役員報酬総額(8名):5億4,100万円(一人当たり約4,500万円)

社内監査役の役員報酬総額(3名):6,200万円(一人当たり約2,300万円)

社外取締役の役員報酬総額(4名):5,600万円(一人当たり約1,400万円)

社外監査役の役員報酬総額(3名):4,200万円(一人当たり約1,400万円)

櫻田謙悟氏:2億4,800万円

西澤敬二氏:1億5,000万円

・SOMPOホールディングスに転職するために知っておくべきこと

①総合職採用

②リテール採用

③地域採用

④非公開求人を保有する転職エージェントを利用する