キヤノンの平均年収はいくら?【競合他社比較やグループ企業についても解説】

キヤノンの平均年収

日本を代表する電子機器メーカー、キヤノンの平均年収は778万円です。この記事では、そんなキヤノンの年収を「年齢別」「職種別」「グループ会社ランキング」「競合他社比較」で詳しく解説します。

キヤノンの平均年収

平均年収
778万円
※有価証券報告書
月収
51.8万円
※平均年収から算出

キヤノンの平均年収は778万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、キヤノンの平均年収は約1.8倍だということがわかります。

  • キヤノンの平均年収:778万円
  • 平均年収:432万円

キヤノンの平均年収の推移

キヤノンの有価証券報告書を見ると、平均年収は700万円代後半を推移していることがわかります。また、年度によって10万円以上の増減の変動があることも特徴の一つです。これは、業績連動のボーナスによる影響だと考えられます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 778万円 43.8 19.2 25,891
2017年 782万円 43.5 18.9 26,075
2016年 763万円 43.1 18.3 26,246
2015年 787万円 42.5 17.7 26,360
2014年 769万円 42.0 17.2 26,409
2013年 755万円 41.4 16.7 26,114

出典:有価証券報告書

キヤノンの役職別の平均年収

キヤノンの役職別平均年収を表にまとめました。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

キヤノンは、年功序列ではなく役割等級制を導入しています。年齢が上がれば昇給・昇格するのではなく、成果や試験に応じて自身の等級(グレード)を上げていくことで昇給・昇格できます(※人事制度の概要

等級(グレード)が上がれば基本給が大幅に上がるため、残業代や賞与も大きくなります。

役職 平均年収
部長クラス 1,500万円〜(推定)
課長クラス 1,200万円〜(推定)
係長クラス 900万円〜(推定)
メンバークラス 500万円〜800万円(推定)

キヤノンの役員報酬

有価証券報告書によると、2018年度にキヤノンが社内取締役5名に支払った役員報酬の総額は9億8,600万円でした。

また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。キヤノンの場合は下記の通りです。(役職は2018年度当時のものです)

  • 御手洗富士夫氏(代表取締役会長兼CEO):3億7,200万円
  • 真栄田雅也氏(代表取締役社長兼COO):1億7,400万円
  • 田中稔三氏(代表取締役副社長兼CFOなど):1億6,500万円
  • 本間利夫氏(代表取締役副社長):1億3,900万円
  • 松本繁幸氏(代表取締役副社長兼CTOなど):1億3,500万円

平均年収の競合他社比較【キヤノンの平均年収は低い?】

2019年に公表された有価証券報告書をもとに、エレクトロニクス分野の企業のランキングを作成しました。キヤノンの平均年収は第8位です。

エレクトロニクス業界は比較的平均年収が高い企業が多いため、競合他社と比べると年収は低く見えてしまいます。とはいえ、平均年収700万円代後半は十分高年収です。キヤノンが優良企業であることには変わりないでしょう。

No. 社名 平均年収
1 ソニー 1,051万円
2 富士フィルムホールディングス 997万円
3 東芝 915万円
4 日立製作所 894万円
5 リコー 818万円
6 三菱電機 817万円
7 NEC 799万円
8 Canon 779万円
9 パナソニック 774万円
10 SHARP 753万円

1.キヤノンマーケティングジャパン

キヤノンマーケティングジャパンの平均年収は830万円です。

キヤノンマーケティングジャパンは、キヤノン製品の販売、サービス、マーケティングを中心に担う企業です。その他、独自に「ITソリューション」、「産業機器」、「ヘルスケア」などの事業も展開しています。東証一部上場企業です。

2.キヤノン

キヤノンの平均年収は778万円です。

キヤノンは、日本を代表する大手電気機器メーカーです。歴史は古く、設立は1937年。オフィス、イメージングシステム、メディカルシステム、産業機器などの分野が事業領域です。

現在、キヤノン本体は、キヤノン製品の開発を主に行なっています。生産や販売などの機能は子会社が担っています。

3.キヤノンメディカルシステムズ

キヤノンメディカルシステムズの平均年収は約650万円です。

キヤノンメディカルシステムズは、医療機器メーカーです。医用機器、超音波画像診断装置、放射線治療措置などの開発、製造、販売を行なっています。元々は東芝の子会社でしたが、2016年にキヤノンの子会社になりました。

4.キヤノンITソリューションズ

キヤノンITソリューションズの平均年収は約600万円です。

キヤノンITソリューションズは、システムインテグレーターです。SIサービス事業やITインフラサービス、エンジニアリング事業を展開しています。

5.キヤノン電子

キヤノン電子の平均年収は579万円です。

キヤノン電子は、コンポーネント・電子情報機器などの製造・販売を担う企業です。その他、親会社であるキヤノンの製品を生産・納入も行なっています。東証二部上場企業です。

キヤノンに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
31位
※doda

キヤノンの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、キヤノンを志望している方は、事前準備が重要になります。

キヤノンに転職するために知っておくべきこと

キヤノンに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 年に数回開催されるマッチングフェア
  2. 技術者を積極的に採用
  3. 転職エージェントを利用する

1.年に数回開催されるマッチングフェア

キヤノンは、年に数回「マッチングフェア」という採用イベントを開催しています。マッチングフェアでは、企業説明・職種説明のセミナーから個別面接まで行われます。個別面接を通過すると、その後の本選考(一次面接・適性検査→最終面接)に進むことができます。(面接回数は変動可能性あり)

必ず面接してもらえるため、興味のある方はキヤノンの採用イベントをチェックしておきましょう。実施される際には、採用ページで告知されます。

2.技術者を積極的に採用

キヤノンは通年採用を行なっており、その大半が技術者の採用です。専門的な経験やスキルが求められます。

事務系職種の採用は、採用ページではほとんど行われません。そのため、キヤノンの事務系職種に興味のある方は、転職エージェントなどの非公開求人を探してみる必要があります。

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

キヤノンの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、キヤノンの求人紹介はもちろん、キヤノンから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、キヤノンは転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。キヤノンのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

キヤノンの平均年収は778万円ということがわかりました。

エレクトニクス業界で比較すると平均年収は低いですが、日本国民の平均年収から考えると高年収企業です。グローバルな市場で活躍する日本を代表する電子機器メーカーであり、転職人気も高いため、キヤノンに転職したい方は、転職エージェントなどで入念な対策を行うことをおすすめします。

■まとめ

・キヤノンの平均年収

778万円

・平均年収ランキング(2017年度)

372位

・キヤノンの役職別平均年収

部長クラス:1,500万円〜(推定)

課長クラス:1,200万円〜(推定)

係長クラス:900万円〜(推定)

メンバークラス:500万円〜800万円(推定)

・キヤノンの役員の年収

役員報酬総額:9億8,600万円

御手洗富士夫氏(代表取締役会長兼CEO):3億7,200万円

真栄田雅也氏(代表取締役社長兼COO):1億7,400万円

田中稔三氏(代表取締役副社長兼CFOなど):1億6,500万円

本間利夫氏(代表取締役副社長):1億3,900万円

松本繁幸氏(代表取締役副社長兼CTOなど):1億3,500万円

・キヤノンの子会社の平均年収

キヤノンマーケティングジャパン:830万円

キヤノン:778万円

キヤノンメディカルシステムズ:650万円(推定)

キヤノンITソリューションズ:600万円(推定)

キヤノン電子:579万円

・キヤノンに転職するために知っておくべきこと

①年に数回開催されるマッチングフェア

②技術者を積極的に採用

③転職エージェントを利用する