レーザーテックの平均年収はいくら?【役員・新卒の年収も解説】

レザーテックの平均年収

半導体関連で世界トップシェアを誇る、レーザーテックの平均年収は1,137万円です。このページでは、そんなレーザーテックの年収を「年度別」「役員」で詳しく解説します。

レーザーテックの平均年収

平均年収
1,137万円
※有価証券報告書
月収
75.8万円
※平均年収から算出

レーザーテックの平均年収は1,137万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、レーザーテックの平均年収は約2倍ということがわかります。圧倒的な高年収企業です。

  • レーザーテック:1,137万円
  • 平均年収:432万円

レーザーテックの平均年収の推移

レーザーテックの最新の有価証券報告書を見ると、ここ数年は常に平均年収が1,000万円を超えていることがわかります。

従業員数が大きく増え、事業規模が拡大している中でも平均年収が下がっていない驚異的な企業です。高年収の即戦力クラスを積極的に採用していることがわかります。そのため、今後も大きく成長していくことが予想されます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,137万円 42.7 11.2 254
2017年 1,112万円 43.2 11.7 232
2016年 1,048万円 44.0 12.4 208
2015年 1,028万円 43.8 12.2 196
2014年 1,038万円 43.4 11.9 190
2013年 916万円 43.1 11.4 193

出典:有価証券報告書

レーザーテックとは

レーザーテックとは、半導体関連装置、エネルギー・環境関連装置、レーザー顕微鏡、FPD関連装置の開発・製造・販売を行なっている企業です。

1960年にX線テレビの開発を行う「東京ITV研究所」として創業されたのが始まりです。1962年に「日本自動制御」として会社が設立され、X線テレビのみならず幅広く技術を展開するようになりました。2012年に東証一部に上場して以降、ますます成長している企業です。

レーザーテックの役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度にレーザーテックが支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(5名):4億6,840万円(一人当たり約9,400万円)
  • 社内監査役の役員報酬総額(2名):2,550万円(一人当たり約1,275万円)
  • 社外役員の役員報酬総額(3名):4,080万円(一人当たり約1,360万円)
  • 社外監査役の役員報酬総額(2名):1,440万円(一人当たり約720万円)

レーザーテックの新卒の年収

レーザーテックの新卒の初任給は、学歴によって異なります。

  • 博士了:275,000円
  • 修士了:252,000円
  • 大学卒:227,000円

上記の初任給に諸手当、残業代、賞与などを加えると、新卒の年収は350〜450万円程度だと考えられます。

日本の新卒の平均的な年収が300万円程度なので、レーザーテックの新卒の年収は高いです。

レーザーテックは技術系の企業であるため、すべての職種が技術開発職(電気・電子回路の設計、精密機構の設計、光学設計、システム設計、ソフトウェア開発、フィールドサービス、技術営業など)になります。毎年10名程度しか採用していないため、入社は狭き門です。

レーザーテック福利厚生・教育制度

レーザーテックは福利厚生や教育制度が非常に手厚いです。

■福利厚生

各種社会保険完備、従業員持株会、退職金制度、カフェテリアプラン制度、家賃補助制度、育児・介護休業制度など

■教育制度

新入社員研修、選抜研修、階層別研修、ビジネススキル研修、自己啓発費用補助制度(語学、通信教育)、専門要素技術研修など

レーザーテックに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
圏外
※doda

レーザーテックの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では圏外ですが、世界シェアトップの製品を製造している会社であり、平均年収が常に1,000万円を超えているため、常に一定の人気があります。

レーザーテックに転職したい方は入念な対策を行う必要があります。

レーザーテックに転職するために知っておくべきこと

レーザーテックに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 光学系エンジニアの採用
  2. 企業財務ソリューション部門での採用
  3. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.光学系エンジニアの採用

レーザーテックは、光学系エンジニアを通年で採用しています。半導体分野で世界シェアトップのレーザーテックの半導体関連の最先端装置を開発する業務になるため、非常にレベルの高い業務が求められます。

応募するためには、光学設計の経験が必須です。一方、経験年数は問われないため、若手でもチャレンジすることができます。特に、「新しいスキルを身に付けたい」という成長意欲を持つ人を求めているため、ポテンシャルを重視した採用も行なっています。

2.事務系職種の採用

レーザーテックは事務系職種の採用も行なっています。具体的には、営業職とバックオフィス職の採用があります。

営業職の場合、マーケティング~拡販戦略立案~営業~デモ~納品まで幅広く担当します。技術開発部門と協働して、クライアントの研究開発部門などに影響を行うため、技術系の知識が必要になります。そのため、必須要件は法人営業経験に加えて、理系学部のバックグラウンドが求められています。

バックオフィス職の場合、時期によって色々な職種が募集されます。2020年3月現在は人事職が募集されており、事業会社で人事経験があれば応募することができます。

3.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

レーザーテックは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。レーザーテックのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

レーザーテックの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、レーザーテックの求人紹介はもちろん、レーザーテックから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

レーザーテックの平均年収は1,137万円ということがわかりました。

レーザーテックは通年採用を実施しています。難易度が高いため、転職エージェントなどで入念な対策を行う必要があります。

■まとめ

・レーザーテックの平均年収

1,137万円

・レーザーテックの役員の平均年収

社内取締役の役員報酬総額(5名):4億6,840万円(一人当たり約9,400万円)

社内監査役の役員報酬総額(2名):2,550万円(一人当たり約1,275万円)

社外役員の役員報酬総額(3名):4,080万円(一人当たり約1,360万円)

社外監査役の役員報酬総額(2名):1,440万円(一人当たり約720万円)

・レーザーテックの新卒の年収

博士了:275,000円

修士了:252,000円

大学卒:227,000円

・レーザーテックに転職するために知っておくべきこと

①光学系エンジニアの採用

②企業財務ソリューション部門での採用

③非公開求人を保有する転職エージェントを利用する